検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年08月26日

アントレ保険の進捗状況〜

こんにちは、アントレです!

今、羽田から宮古島に向かう飛行機の中で記事を書いていますw
当然ですがお天気絶好調です〜w

DSC_1527[1].jpg

大変お待たせしているアントレ保険事務所の保険ですが、すみません、多くの方から申し込みのご検討を頂いているものの、見積はもーちょっと時間が掛かるのですが、保険会社と調整する中で、色々な気付きが出て来ましたのでシェアしたいと思います。やはり、保険会社の社員の方に親身になってもらわないと、太陽光発電所の特性を正しく理解してもらわないと、何も出て来ませんね。今回はかなりDEEPに協力してもらって、保険の原価という部分に迫りながら発電家目線で、適切でお安い保険のご提供ができそうです。

まず最初に、当事務所としてお安く利便性の高い保険をご提供するにはどういうやり方があるかという点をグリグリやって来たところ、第3者契約というスキームが出て来ました。

@第3者契約スキームとは?
ご存知の方も多いと思いますが、保険には契約者と被保険者というモノがありまして、一般的には契約者=被保険者=発電家という形が多いかと思ってます。ただ、この形だと、保険会社は発電家の皆さんひとりひとりの保険料見積、入金管理や保険証書の郵送手続き等々、かなり手続きが煩雑になってしまいます。そこで、この契約者の部分にアントレの卒サポ法人が、保険コンサル会社のような立ち位置で入り、複数の発電家の皆さんを被保険者として一括管理することで、保険会社的には諸々の事務処理の効率化が出て来ますので、かなり保険をお安くできることが分かりました。また、特に低圧の太陽光発電所については、設備の特性が殆ど同じで設備コストも似たり寄ったりですので、工場物件料率の適用、全国一律料金の適用等々、まあまあ、内情を詳しく知り得る人間でないと分らないような保険設計の世界にリーチできた、ということに、どうやらなってしまったようですw 今回ご提供予定の保険はこのスキームをフル活用したいと思います(高圧案件は都度見積)。

A動産保険における電気的・機械的事故の補償の重要性
上述したスキームは信販会社や太陽光業者も同じスキームであらかじめ動産保険が設備代等に付帯している、というケースも多いかと思いますが、その動産保険はかなりの最低限の保険となっているケースが多く、ほとんどすべてのケースにおいて、電気的・機械的事故の保証がされていないようです。この電気的・機械的事故というモノはその名の通り、パワコンやケーブル、パネル、集電箱等が、電気的・機械的な事故により壊れた場合、原状回復してくれますよというモノでして、パワコンは10年間のメーカー保証があるうちはいいですが、メーカー保証対象外の故障や保証が切れた場合やメーカー自体が倒産した場合などに有効になるのと、集電箱のブレーカーが電気的に突然壊れる等というケースがありますからね。今回ご提供予定の保険はこの電気的・機械的事故の補償のみを切り出して契約できる形にすることで、ジャプラス等の保険と重複しない形にできることに成功しております。

B休業補償における電気的・機械的事故の補償の重要性
上述は動産保険のお話になるので、まあ、パワコンの保証があるうちはいいかなぁと考える方も多いかもですが、実は休業補償が重要だったりするのでは?ということが分かりました。例えば、パワコンの保証期間内にパワコンが壊れたとしましょう。故障が発覚して、業者に連絡して、業者が現地確認して、メーカーに問い合わせて、メーカーの担当者が現地確認して、原因究明して、保証の範囲か確認して、保証の範囲なら保証しますよ、となり、ただ、型式が古いから取り寄せに時間が掛かりますとか言われ、結局完全復旧までに1ヵ月以上かかってしまった、ということになる可能性が高いのは、賢明なる読者さんに置かれましては容易に想像できると思います。ここで、休業補償が大切になるのですが、休業保障にも種類があって、電気的・機械的事故を対象としていない場合は、パワコン故障や交換における遺失利益の補填は対象外となってしまいます。1ヵ月止まると約20万の損失ですからね。コレはデカいです。今回ご提供予定の保険はこの電気的・機械的事故に対応した休業補償をご提供致します。

C地震保険の制約を解消
地震保険についてはこの記事に書いた通り、思ったよりお安いことは既に判明しておりますが、保険商品の特性上、動産保険とセットで無いと加入できない、という制約があることが分かりました。既にジャプラス等で動産保険が適用済み(=解約できない)の方も多いと思いますが、その場合、当保険事務所の動産保険に入る必要があるので、ダブル保険になるのでは?という懸念があります。ただ、ココにAの話を入れることで、ジャプラスで加入済みの方でも重複を排除した形で当方の地震保険に入れる、というスキームを組めることになりました。


ということで、現時点ではこんな感じで押したり引いたり本社と調整を進めている状況でございます。

いやー、ノーガキはいいからさぁ。さっさと保険料出してよぉ。投資家はソコが一番気になるんだからぁ。知ってるくせにw

っという声がバンバン聞こえてきましたので(笑)、見積り、急ぎますwww

今しばらくお待ちください〜

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8031581
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック