検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2019年11月19日

再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会(第4回)B

どもども、最後です〜!

B再エネ特措法で検討すべきその他の論点

コレは、FIT認定を取ったものの、中々稼働しない案件について再エネ特措法上でどう扱っていくのか、というテーマでして、エア発電家としては非常に気になるお話となりますね!

まずは未稼働問題についておさらいしてみましょう。

再エネ小委員会9.png
2012〜2015年度のFIT認定において、約1,784万kW(35%)もの未稼働案件がある、というコトですね。一方で、2016/8/1以降接続契約については3年ルールが適用されているので、問題となっているのはソコよりも過去の案件となります。

コレらの案件が滞留すると、

@ネットワークをエア確保されるので後続の参加者が困る
A設備代の単価が下がりきって工事をするので、ズルい

というのが当方の理解でございます(笑)

ただ、経産省も指を咥えて見ていたワケではなく、
再エネ小委員会10.png
ただ、ただですねぇ。当方も適宜ウォッチしてきたんですが、既存認定事業者に変に気を使ってきたんでしょうか、その施策がまあまあ中途半端だったんですよね。で、未だにエア発電家を決め込んでもオッケー的な認定事業者が存在しちゃうというザルザルな状況も一部ございます。

で、出たきた案が以下です。
再エネ小委員会11.png
つまり、何を言っているかというと、一定期間経過した案件は一律で認定を失効する、というコトを言っているようです。今までの施策は中途半端でしたからね。でも、

え?最初からそーしておけば良かったじゃん。

っと思ってしまったのは当方だけでしょうか。コレも突貫工事で法整備されたFIT特措法の象徴的なバタバタ劇ですね。法律って、本当はものすごく念入りに設計して、パイロット運用とかして、世の中にリリースする必要がありますよね。って当たり前か(笑)!

次、低圧の分割案件の件です。

再エネ小委員会12.png
率直な感想を言います。アレ?こんなコトまだやっている奴らがいるんだぁ、です。
分割案件については本ブログでも散々周知徹底してきておりまして、多くの事業者さんが認定の断念や単価落ちの苦汁を飲んできた経緯がございます。こんなコトやってる奴らがまだいるから真面目にやってる発電家がとばっちりを受けちゃうんですよね。現に「特に登記簿上の地権者の同一性について、申請日から1年以内に限らずに、厳格に審査することとしてはどうか」とか書いてあります。

ほらぁ、1年ルールすらなくなっちゃうじゃないですか。

アノですね。太陽光は他の投資や事業に比して、様々な面で優位性の高い投資、事業となります。そりゃそうですよね、国が20年間も事業者の利益を法律で保証している投資や事業何て、他にあるんでしょうか?コレに群雄割拠、様々な投資家、事業家が群がるのはわかるんですが、分割をやられている皆さん、大人ですよね?ルールは守りましょうよ。ルールは。

本当に怒り心頭なお話でございます。

ということで、長くなりましたが、再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会(第4回)編をコレにて終わります。

昨日も書きましたが、今回の小委員会はイロイロ決定事項(もとい、決定しそうな事項)がてんこ盛りでございました。低圧のFITの門は閉じてしまいますが、既存案件の運営者の我々としては、今後20年間、イロイロ決まっていくであろう、法令やルールにしっかり則って、再エネ発電家として事業を進めていきたいところですよね。皆さんもよろしくお願いします〜!!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
アレ?なんだか天気が晴れてきましたね!今日も一日頑張りましょう〜!!
この記事へのコメント
たいぞうぅさん、コメントありがとうございます〜!ですね。当初はガンガン稼働してもらって稼働率をアヘッドで進捗させたかったのかもですね。一定期間寝かせてIRRをUPさせる輩が出るとは想定外だったんでしょうね。恐らく。
Posted by antre at 2019年11月20日 11:30
再エネ〇〇年後に○○%なります!って半端に偉い人が超偉い人に報告しちゃってるから、切るに切れずに「全て稼働してくれー」って祈ってたりしてw
Posted by たいぞぅ at 2019年11月19日 16:20
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9434268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック