広告

posted by fanblog

2018年08月31日

金精山登山

日光の金精山に登ってみた。
曇り空の下、金精峠の金精トンネル手前の駐車場にGO!!

駐車場には既に2台の先客が・・・・
身支度を整えて歩き始めたのがAM8;50

いきなりの急坂が続く、丸太で組まれた階段は一部壊れ
登りにくい場面があちこちに
暫く登ると目の前には山崩れとなったガレ場の斜面が・・
さすがに登山道は裏側に巻くような形で登っていく。
DSC_0084.JPG

間もなく金精神社に到着、この金精神社には道教という
僧侶のものといわれている「男根」が御神体として
祀られているらしい
残念ながら開いていないため拝むことはできなかった。
御神体の由来については諸説あるようです。

金精神社と左奥に見えるのが金精山、ここまでの時間
約70分、傾斜は半端ない
DSC_0090.JPGDSC_0092.JPG



これより金精山に向かって登山開始
ちょっとの間は尾根歩きだが、やがて再びの急坂
急斜面につけられた岩ごつごつの登山道
ちょっと間違えばはるか下まで転がってしまう程の
急坂に四苦八苦
やっとの思いで登頂に成功!!
金精山 2244m
DSC_0088.JPG

金精神社から歩くこと約100分
頂上からは眼下に湯ノ湖や戦場ヶ原の景色が一望
湯ノ湖を挟んだ正面には男体山の雄姿!
しかしながらその景色はだんだんと霧に包まれていく
DSC_0086.JPG

雲行きが怪しくなってきたので、早い昼食を取って
下山を開始した。
約1.5Hほど掛けて駐車場に到着!!

PM2時頃に湯ノ湖傍のホテルおおるりの日帰り入浴
露天風呂に浸かっていたその時、下山してきた山の
方から真っ暗な雲行きになり、やがて山方面に雨の
カーテンが・・・・・夕立の集中豪雨が始まった。
すごい勢いであった。

今回の山行は短い距離ではあったが、急坂の連続で
スリル感の強い山行でした。







posted by takaro at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8048969

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
takaroさんの画像
takaro
クルマ好き、旅好き、猫好きのおっさんです。 会社卒業してあれやこれやと手を出しながら、貧乏暇なしやってます。 Tochigiから旅に関するためになりそうな情報を発信していきます。
プロフィール
最新記事
アメリカ
記事一覧
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
リンク集
RSS取得
QRコード
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。