2022年09月27日

国葬を思う

本日、9月27日、日本武道館にて安倍元総理の国葬が営まれた。7月8日に銃撃により暗殺され、早々に岸田総理が国葬を行うことを決めたが、世論は日に日に国葬に対しての厳しさを増し、国論を二分する事態にまでなった。古くから、国論が二分される時は、国家存続の危機であるという。他国によって侵略されるときは、たいていはこうした状況下であるという。逆の見方をすれば、こうした状況に「持って行かれた」というのが現状だろう。

その大きな原因が、マスコミ報道である。当初、銃撃されてえ急逝した安倍元総理を惜しむ声を報道したが、次第に犯人を英雄視するようになり、そしてさらにはその犯行の元になったとして、旧統一教会ばかりを取り上げ、挙げ句の果てには、政治家たちと旧統一教会の関係を、あたかも魔女狩りの如く報道し続けた。こうしてメディアは、多くの国民を、亡くなった方を悼む」という日本の伝統をも覆すほどに、安倍憎しの方向へ誘導したのだ。もちろんここには、中国の工作員らの影響も大きいだろう。沖縄県知事の再選も、この報道のお陰と言ってもよく、またしても沖縄は、中国べったりの「日本とアメリカから独立する」と叫ぶ知事が当選してしまったのだ。一足早く、世論を二分する状態に持ち揉まれた沖縄の侵略が、また一歩近づいてしまった感がある。

今日の国葬にて、フランスのマスメディアは、「国民の60%が反対する国葬が行われた」と伝えたが、私はこの世論調査の結果も、きわめて怪しく、意図的に作られた数字のように思う。世論調査など、自社都合でいくらでも変えることができるし、聞き方によっては、いくらでも結果を誘導することができる。また、報道姿勢によって、世論誘導することなど朝飯前で、今回の場合も、国葬反対派については大きく報道し安倍氏のこれまでの業績を讃えた追悼集会などは、たとえその規模が大きかったとしても、ほとんど報道することなく、ただただ阿修羅の如く、髪を振り乱して絶叫する彼等を報道し続けた。これは単に視聴率かせぎとはいえないくらいの、偏向報道であり、いよいよ日本でもアメリカに引き続いて、左翼メディアによる極度の偏向報道があたりまえになったと感じている。

概して国葬反対派は高齢者が多い。そこに中国の工作員に近い野党の議員が加わって、日本人とはいえないような輩がデモを行っていた。これも、戦後の左翼教育の一つの集大成なのだろう。

左翼思想では英雄を認めたがらない。人はすべて平等であって、能力に差があってはいけないようなのだ。だから、優れた評価をされる人物の存在は許されず、そうした人物は徹底的に叩くという傾向がある。実際、歴史上の英雄であっても、存在しなかったことにしようとする。その観点から考えると、今回、安倍元総理が国葬で弔われることは、彼を英雄視することになり、これは許されざることになるのだろう。彼等は、国葬の費用についても言及しているが、実際費用が高額であるかのように誘導しているのはマスコミ報道であり、警備費が増えるのも、彼等反対派が勢いづいているかのように報道しているからである。国葬にかかる費用など、外国人留学生への補助と比べたら、ほんの僅かであるし、コロナ禍で国からのばらまきになれてしまった国民の心を逆なでするに、十分な偏向報道誘導がなされていると言えるだろう。

私は献花に訪れる若者や学生の姿を見て、若干胸をなで下ろす気持ちになった。まだまだ日本は生き残れるかも知れないという、淡い希望である。先日も産経新聞に高校生の国葬を巡る反対派への批判記事が載ったが、これを読んで、若者たちの方が、正しく、冷静に物ごとを見ているな、と思う。

法的根拠が希薄であるとか、国会軽視あるなどと、とってつけたような理由しか彼等は思いつかないのだ。国会内にも、日本の国益に反する主張を続け、左翼マスコミと連動して、国難を引き寄せいていると思われる議員がいる。私は彼等が本当に日本人であるのかすらも疑問に思う。

確かに日本は島国であり、近隣諸国との関係を維持しつつ、独立を保ってきた国家であることは間違いない。しかし昨今、独立国家としての気概が薄らいでいるように思える。すべてが諸外国のいいなりであり、特に中国の要求をすべて受け入れているかのようにも見えてしまう。これは、保守系の議員でも同じだ。一部、日本を中国の一部の省にするような勢力には、断固として負けてはいけないし、その策略にはまってはいけないのだ。その意味でも、マスコミ報道は、国益を無視したものになっていると思われる。

繰り返しになるが、「死んだ人を悪く言うものではない」という日本古来の伝統が、今回大きく踏みにじられた。私は。国葬反対と声を上げ、自らの主張のみを通そうと巣いる彼等の気持ちをあまり理解できない。もし彼等が、他の誰からも影響を受けず、自らのポリシーで反対を叫んでいるとしても、「だって嫌なんだもの」と、幼子がだだをこねている様に思えてならないのだ。一方で、でも見る、日本人ならば絶対に間違わない漢字を間違えて掲げている彼等の姿を見ると、やはり、他の勢力が関しているものと確信する。

政治家という者は、その生涯に功罪があろう。もちろん、安倍元総理の場合も、長く在位したことによる、奢りや慢心もあったであろう。ハイエナの如く、利権を求めてすり寄ってくる悪い輩もたくさんいたであろう。だが、間違いなく日本の一時期、総理大臣として国のために尽力した人物、安倍晋三であったことは間違いあるまい。その四を悼む気持ちを忘れず、つくづく静かにあの世に旅立たせてあげたかったと思う。残念である。
ファン
検索
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ