2022年09月11日

初試合

新人戦のシード決め試合に出場した。

このチームとして初試合である。

本来なら、夏休みから何度も練習試合を重ね、その発表の場としての試合になるのだろうが、残念ながらコロナ禍の中、活動が制限され続けた我がチームはそのようにはならなかった。たいてい他校が活動を開始した頃、コロナが流行、出鼻をくじかれるかのように、試合のできない期間が続いてしまったことも事実だ。

だが、そうした状況は、全国どこにでもあるはずだ。
要は、選手の意識、そして指導者の意識の問題だ。

いかに「やる気」を起こさせ、モチベーションを高め、それを維持するか。
これが指導者に求められるはずである。

その点、残念ながら私は、指導者として合格点はもらえないはずだ。
時勢に流され、環境を言い訳にし、時に選手に責任を押しつけた感がある。
猛省しなくてはなるまい…。

助っ人を含めた寄せ集めチームで、そのほとんどが試合経験が初めての状態ではあるが、やはり圧倒されて負けてしまえば、彼等だって悔しいだろう。

一年生ピッチャーに翻弄され、一年生ばかりのチームにコールド負けするのは、たまらないはずだ。

そうした焦りともいえる感情が、簡単なゴロをはじき、フライを捕りこぼし手しまうことにつながっている…。

すべては私の指導力のなさが原因だ。

しかしまだまだこれからのチームだ。一ヶ月後の新人戦に向けて、彼等を引っ張ってゆこうと思う。

過去の栄光にすがることなく、今の生徒(選手)と向かい合いたい。

それが今できる私の最大の仕事なのだから…。




ファン
検索
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ