2021年03月07日

自らを愛する

私は、その男の写真を三葉、見たことがある。

太宰治の小説『人間失格』は、この書き出しで始まる。

私も若かりし頃、太宰文学に傾倒した。
二十歳の記念に一人旅に出掛け、青森周辺で太宰の小説の舞台を訪ね歩いたりしたのだ。

青春期の闇の思いが、太宰文学と同通することになったのだろう。
今でこそ、「小説の内容は、人生の糧になるものではない」と思っているが、太宰文学の軽快なリズムで人を引きつける文体は、さすがだと思う。

そういう私であるから、もしかしたら心の深い部分では、未だに太宰文学を信奉する思いが残っているのかも知れない。

だから、その道は間違っていると分かっているのだが、時おり、デカタンスに惹かれてしまう。

最近、しばしば、「いつまでこの職場で勤められるだろうか…」、という思いが湧いてくる。

ない。
怠惰になったということもある。
面倒なことから逃げたい、という思いもある。

だから、管理職からは信頼されず、重要なポジションにはつけられない。
恐らくは捲土重来を期待してのことだろう。

しかし、年齢と共に体力が落ち、気力も萎え、再び立ち上がることができるのだろうか、とも思う。

だから、新年度の学年主任にも、「私はお役に立てることはありませんから…」などとうそぶいてしまう…。

自分の人生に自信が持てないという悪癖は、どこかで「人間失格」につながっているのだろう。

心のそこから、「自らを愛する」ことができなければ、この負のスパイラルからは抜け出すことは難しいだろう。

いち早くこの呪縛から脱却しなくては…、と思いつつ、齢五十六を越えた。
ファン
検索
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ