2022年05月24日

久しぶりの登山

運動会の代休を使って、久しぶりに山登りに出掛けた。
通常なら、部活動があるのだが、幸い(?)中間考査前で活動なし。終日休みを取れた、のは三月以来だ。

少し遅めに登り始めたが、今日は終日天気が良かった。天気も安定しており、終日雲すら発生したなかった。

平日ながらも山には多くの登山客がいた。
コロナ禍で登山を控えていた、中高年の登山客だ。このところ、ようやく元通りになりつつあるようだ。

二年前の夏に登った時は、マスクをつけたまま登山をしている人がいたが、今回はほとんどいない。マスクへの認識は、昨今変わり、「屋外ではつけない」というスタンスになった。かつて、マスクをつけたまま体育の授業を行い、その後死亡してしまった事例があったが、ワクチンを含め、コロナにかかわる悲劇は、未だにやむところがない。細菌兵器でもある新型コロナウイルスによる混乱は、この先も続くのだろう。

山は良かった。稜線を歩いていても、どこまでも遠くが見えている様な錯角にすら感じた。遠く雪を抱いた山は東北地方の山だ。私が登っている山にも、いくつかの残雪はあったが、山はすっかり春である。しかし、まだ植物は見えない。緑と言えば笹の葉くらいで、まだ芽吹いていないのである。山はようやく春の息吹を感じるころなのだ。少し標高を下ると、峰桜が咲いている。かわいらしく、愛おしい姿の桜だ。この先、季節とともに、さまざまな高山植物が咲いてくるのだろう。

自然は素晴らしい。
人を穏やかにしてくれる。
壮大な山の景色は、すべての悩みごとをも吹き飛ばしてしまう。

平日ということもあって、今回、子どもの姿は見られなかったが、そうした自然体験を少年期に経験しておくことは、とても大切なことだろうと思う。

雄大な山々に抱かれて、どこまでも続く深く濃紺の青空に吸い込まれつつ、私は山を歩いた。

いいリフレッシュとなった。
この先、もう少し仕事を頑張ろうという気持ちもなった。

何よりも、自然との一体感と、最大限の幸福感を得ることができたと思う。

山よ、ありがとう。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11441648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ