2022年11月02日

愛犬のこと

先週、下痢が続いていた愛犬Rが急に弱ってしまった。
まだ三歳でもあるので、自然治癒力を期待していたのだが、ここにきて、餌も食べなくなり、さすがに動物病院に連れて行かざるを得なくなった。

聞けば重症であり、命の危険もあるという。
若干は病院独特の「脅し」も含まれているとは思うが、さすがに弱った愛犬を見ていると、心配になってくる。

早速、愛犬Rは点滴治療になった。
私は犬が点滴をする様子を始めて見た。
「そばにいてあげてください」と言われ、小一時間ほど付き添ったが、さらに時間がかかりそうなので、私は一時帰宅し、夕方再び迎えに行くことになった。

点滴のおかげで、愛犬Rは大分元気になった。
「お腹の中に寄生虫が二種類います。治療するには体力の回復が必要なので、まずは食べられるようになり、体重が増えないといけません。」

女医でもある獣医が熱く語る。

私は、「もし愛犬Rが清でしまったらどうしよう…」などという気持ちがよぎり、話しがうわの空になってしまった。

家族の一員である愛犬Rがいなくなると、相当のペットロスになってしまうだろう。
私の愛犬たちは、生徒たちからもかわいがられているし、慣れている生徒も少なからずいる。

何日かを経て二度の点滴後、愛犬Rは、これまでと同じような元気を取り戻しつつある。餌も以前と同じように食べるようになったし、体重も少しずつながら回復しつつある。

ここまで回復すれば、治療が始まるのだろうと思う。
愛犬Rは、蛇や蛙を食べてしまうので、そのあたりから寄生虫にやられたと思われた。
イベルメクチンも飲ませていたが、なぜだか効果がなかったようだ。

あまり犬たちとは遊んでやれないが、それでも、毎日彼等と出会うことは、私の楽しみであり、癒やしでもある。

元来私は寂しがり屋のようだ…。




【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11674834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ