2022年10月28日

遠足で見た風景

遠足で献花の世界遺産を見学に行った。

かつては外国人ばかりだったが、まだ目立つほどではなかった。政府の入国制限も大幅に緩和されているので、いずれ増えてくるのだろうと思う。

その代わり、小学生が大勢見学に来ていた。
そのほとんどは六年生。修学旅行中の見学と思われた。

しかし、彼等の態度がなっていないのである。
以前は、小6でももっときっちりしていたように思う。
先生たちも、生徒の掌握にご苦労されていたように見えた。

かつて私たちの学校の生徒たち(中2)を連れていったときには、「ほら、小学生たちの方がしっかりしているよ…」などと諭したものだが、今回ばかりは違った。
私たちの学校の生徒の方が、立派に見えるのである。

もちろん本来、小学生と中学生だから立派に見えて当然なのだが、ここ数年で、小学生の方が落ちたということだろう。

考えられるのは、コロナ禍の行動制限だ。
おそらくは、いくつもの行事が中止になり、また校外に出掛ける機会も少なく、その結果、「学校外に出掛けたときの振る舞い」の訓練が出来ていないのであろう。
せめて「修学旅行くらいは…」という感じで、今回生徒たちを連れてきたようにも見えた。

コロナ禍の騒動は、子どもたちの教育にも大きな影響を与えている。

聞くところによると、生徒全員に配ったタブレットによって、授業崩壊をもたらしているという。恐らく、この先大幅な学力低下も問題になろう。

コロナが子どもたちの社会性も学力も奪い、性格的にも問題のある人間を作り出してしまっている。

この先、ワクチンによる未知の副反応により、肉体的にも障害を被るかも知れない…。

校外に出掛けるといろいろなことが見えてくる。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11670800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ