検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年11月09日

パワコン落ちの調査結果〜

おはようございます、アントレです〜

今日はあいにくの雨模様w パネル洗浄効果に期待しましょうw

さて、先日UPした鉾田のパワコン落ちの件(以下参照)ですが、業者さんに駆けつけてもらいましたw

鉾田発電所のパワコンが・・・

結果としては、単なるブレーカー落ちだったんですが、施工業者に現地駆けつけしてもらい、結果報告書を頂きましたw

ご参考までに結果報告書をUPしたいと思いますw
鉾田.png
まずは、基本情報と現地写真です。

鉾田2.png
次に調査内容の経緯詳細です。

鉾田3.png
そして最後に対象となったパワコンの電圧、出力チェックです。

ということで、施工業者さんに首尾よく対応していただきました。ありがとうございます。
因みにパワコンがいつから止まっていたのか聞いてみたのですが、監視装置が無いので特定が難しいとの事(涙)
停止原因も漏電や瞬間的な過電流が考えられるということですが、コレという決め手無し。。。

うーん、やはり保険請求は難しそうですねw

コノ、原因不明のブレーカー落ち、というのは非常に厄介ですねw
本発電所においては、丸2年稼働して初めての事象と言う事なんですが、やはり、検針票で確認だとタイムラグが出ちゃいますので、早め動いても10万近くの損失が出ちゃうイメージですw

防衛策としてはやはり監視装置でしょうか。ブレーカー落ちのエラーメールが飛んだ瞬間にすぐ対処すれば1万くらいの損失で済みそうな気がします。業者お勧めの監視装置を紹介して貰ったので、検討したいと思います〜!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

※編集後記※
昨日記事にした来年度IRR4%ですが、資料をよく読むと土地代が過小評価されてたり、キロワット単価が相変わらずPCSベースだったりして、かなり歪んだデータを元に設計されてるようですね。うーん、ちょっと恣意性を感じちゃうのはアントレだけでしょうかw やはり野立て太陽光、広がり過ぎという感じなんでしょうかねぇ。ソモソモの話をすると主力電源なのに再エネ比率の将来目標が20%程度って少なすぎですよね。ココはやはり、原発には即刻退場いただいて、再エネ比率50%くらいにしませんか?安倍さんw

この記事へのコメント
まっくんちさん、コメントありがとうございます〜!いやー、お詳しいですねw漏電検知機能の無効化というのがあるんですね。頻発するようでしたら対応してみたいと思います。それと、そうですね、監視機能はやはり導入したほうがよいと思い始めてます。検討します〜!
Posted by antre at 2018年11月12日 15:28
はじめまして、

 最も疑わしいのは、漏電でしょう。
ブレーカ漏電設定は、何mAでしょうか。問題がなければ、パワコン個別のブレーカに漏電設定があれば設定値を大きくするあるいは漏電検知機能を無効化する。
なお、漏電検知は主幹ブレーカだけに設定することで回避する。

漏電の原因としては、パワコンのAC出力系統でに雨水進入等により漏電かなぁと推察します。

大雨時に各パワコンのAC出力ラインの漏電電流を計測すれば、原因が判明するかもしれません。

AC出力ラインの電線管やフレキシブル配管接続部から雨水が侵入するなどしてケーブルが水没すると漏電につながる恐れが高くなります。

また、過電流による停止はまず考えにくいですね。パワコンの出力性能から考えて、ブレーカ断になる前にパワコンの保護機能が動作するのではないでしょうか。

どちらにしても、遠隔監視あるいは履歴がわかるような発電モニタの設置をお勧めします。
Posted by まっくんち at 2018年11月09日 20:24
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8281192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック