検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年11月08日

調達価格等算定委員会に行ってきた!

おはようございます、アントレです〜!

今日もお天気最高〜!やはり、早起きは三文の徳とはよく言ったものですねw

さて、今日は無事早起きすることに成功し、第40回目となる調達価格算定委委員会に行ってきました〜
DSC_2419.jpg

まさに、獲れたての、いわゆる”朝どれ”なネタをUPしたいと思いますw

DSC_2420.jpg

まず、資料はコチラ

アジェンダは以下でしたw

(1)未稼働案件について
(2)太陽光
  @価格目標
  A事業用太陽光発電の入札対象範囲
  B事業用と家庭用のコスト動向



(1)未稼働案件について
まず初っ端は懸案となっていたコノ件ですw
既に新聞報道や太陽光発電家のオフィシャルサイト、なっとく等で情報が飛び交っていた本件ですが、サクッと可決されてしまいましたw

加えて、運転開始期限というモノも設定され、その期間は1年となる模様です。つまり、期限が設定されていない高単価くん達、具体的には40、36、32円あたり(後に29、27円あたりも)は、早めに着工しないと単価が下がるだけでなく、運転開始期限を超えた分だけFIT期間が減少するという追加ルールが設定される模様です。

グイグイ来ましたね〜w

(2)太陽光 @価格目標
事務局案として、2030年にFIT8.5円を目標としていたところを、ググググっと8年前倒しで、2022年に8.5円となる提案がなされました。具体的な来年度の単価言及は無かったのですが、方向性はコチラもサクッと可決となってますw

ただ、来年度単価を占う情報が全くなかったかというと、、、
第40回.png
どうやら上記資料に答えが隠されていて、下の図の価格低減率2.4円を考慮すると来年度単価は、、、

15.6円

と、容易に推察出来ちゃいますねw

委員たちはこぞって賛成という感じでしたが、「FIT単価は世界標準を目指すのは良いが、接続費も世界標準を目指すべきではないか。電力会社も努力すべし」的なご意見も出ました。まさにおっしゃる通り、という感じですねw ムラビトにも汗をかいてもらわないと不公平ですねw

(2)太陽光 A事業用太陽光発電の入札対象範囲
ここまでは予定調和的に順調な議論だったのですが、本日一番白熱したのはこのテーマですw

入札対象を何キロワット以上にするか

簡単に状況を整理すると、欧米等の先行国はすっかり入札制度に移行済みで、上手く回っている中、日本も今までに2回の入札を行ったものの、募集容量に対して、落札容量が全く届いておらず、第2回目などは散々な結果で、落札ゼロという失態を挽回すべく、今後どうしていくか、事務局が頑張って整理してきました。というような感じです。

で、出てきた事務局案は、、、
第40回2.png
ゴチャゴチャ書いてますが、資料の下の方、250KW以上か500KW以上でどうでしょうか、という感じで、今までの2000KW以上から、ずいぶんとバーを下げてきたなぁ、という印象です。やっぱりちょっと焦ってるんですかねw

それに対して出た意見ですw

・本来は全て入札ではないか。50KW未満も対象にすべし。一方で事務コストも掛かる。段階的という判断があるとすると250や500もあり得るが100KW以上でもよいのでは。
・事務コストを考えると50KW未満を対象とするのはムリがあるのでは。
・入札逃れが得するスキームはダメ。

というような感じで、見事に発散してしまい、結論はペンディング。第3回の入札結果が12/18に出るそうで、その結果を受けてからの判断、ということになりましたw

(2)太陽光 B事業用と家庭用のコスト動向
これは我々が一生懸命入力した運用報告のデータを、頭の良い経産省の人たちがグリグリ分析した結果を確認する、という会だと思ったんですが、1点、重要なお話が仕込まれてましたw

それは、、、

IRR4%

というお話です。

詳細を見てみると、、、
第40回3.png
これは、当方は初めて知ったのですが、このIRRというモノは、どうやら事業者の資金調達コストに連動して考えられているようです。単なる実質利回り的なモノかなと思っていたのですが、ほとんどの事業者が他人資本(借入)で事業をしているようで。その借入金利とほぼ一致させましょう。と、どうやらそういうようなお話のようです。で、資料の通り、最新は2~3%ということで(ウン、ジャプラス等の金利と合ってますね)、IRRもそれくらいにしたいんだけど、現状が5%だから、いきなり下げちゃうとかわいそうだから、4%にしてあげましょう。という感じでしたw 資料にありますが、明確に、

「2019年度の事業用太陽光発電のIRRは 4%とすることとしてはどうか。」

と書いてあり、委員からの賛同も得られたので、来年度のIRRは4%でほぼ確定かと思いますw

となると、上述した来年度FIT単価15.6円も若干弱含みしちゃいそうで、来年度単価は、、、

15円かなぁ

というのが、当方の予想となりますw

ということで、朝どれ情報をお知らせしました。

イロイロ決定事項はあったんですが、持ち越しとなった入札の対象範囲が気になりますねぇ

また次回も朝どりしてみたいと思います〜

※皆さん、ご参考になりましたでしょうか?皆さんの応援が原動力です。応援クリックの程、よろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

※編集後記※
IRR4%、単価15円となった場合、低圧で毎月CF出すのって至難の業になりそうですね。。。
んじゃ、高圧にしようと思ったら入札制度が待ち構えてます。。。
うーん、皆さん、低圧18円案件は最後のお宝になるかもですよ〜!!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8278704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック