検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年10月13日

未稼働案件、減額〜!

おはようございます、アントレです!

今日の日経新聞は太陽光祭りですね〜
まずはトップ記事からw

DSC_1779.jpg
太陽光買い取り減額
未稼働の発電施設が対象

つ、ついに来ましたw

個人的には予想通りっちゃ予想通りなんですが、総論から攻める経産省にしては異様なスピード感ですね。きっと何かに迫られてるんでしょうか。もしくは日経に敢えてリークして、世論の動向を確かめようとしてるんでしょうか。まあ、どっちでもいいんですが、何がともあれ、本ブログでも何度も指摘してまいりましたが、太陽光は、その認定量が現時点で2030年の目標を超えてしまってますからねw 賦課金も大爆発して国民不満も大爆発。客観的に考えても致し方ない施策かな、と感じておりますw

で、未稼働案件の内、どのような案件が対象なのでしょうか?対象になると、どーなっちゃうんでしょうか?

詳細が書いてありましたのでUPします。

@対象は2012年度から3年間に認定を受けた案件
→40円、36円、32円が対象!!!

A上記未稼働案件が2019年4月以降に電力会社に接続されると2年前の単価が適用
→40円、36円、32円は来年4月までに死ぬ気で接続要ですね。1日でもオーバーすると21円になってまいますw
→更に1年オーバーすると18円に!!! 40円の大富豪が18円の平民に。。。まさに革命ですね(笑)

ということで、当方が仕込み中の案件は最大で27円ですので、今回の規制の対象は1つもありませんでした。
アブナイアブナイw とはいえ、余裕ブッこいているといつまた規制範囲が広がるかわかりませんので、ウカウカしてられませんねw

また、これから太陽光投資に参戦される方は、この規制によって、低圧太陽光のFITの門が一気に閉まるということは若干回避された感があるので、ちょびっとだけ一安心。といったところでしょうかw (ただ、どーなるかは分かりませんよ〜)

それと、40円で転がりまくった土地が、来年は21円で一気に大放出〜w なーんてシナリオもあるかもですね。来年は16円?ですので、それよりも5円高いという部分は依然競争力はありそうな土地となりますw

ということで、このニュースは業界へのインパクト絶大ですw

特に、高単価権利を転がしてきた事業者や業者たちは普通に破産や破綻しちゃうんじゃないでしょうかw 訴訟で国と戦いに出るんでしょうかw 未稼働は外国資本が大半ということでしたので、どーなっちゃうんでしょうか。

ただ、来年の4月までが勝負です。まさにロシアンルーレット、黒ひげ危機一髪状態ですねw
joshin_4904810398110-55-15364.jpg

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
やなさん、いつもコメントありがとうございます!ご指摘の通り40,36,32案件は事実上、強制21って感じですね〜w 来年度の単価が、カテゴライズがどうなるかわかりませんが、18円でしっかり進めていくことがもしかしたら最後の砦になるかもですね〜
Posted by antre at 2018年10月14日 21:59
タイムリーな情報提供をいただきありがとうございます。

来年の3月末期限だと、青地の農地はアウト。
白地もスケジュール的にギリギリ、これから慌てて進めるにしても
農業委員会や業者がモタモタしていると作り上げても、高単価では
なくなる可能性が出てきました。
実質、今進めていないとアウトかもしれません。
それに21円案件で超忙しい業者に依頼しても対応してくれるか?
変更申請(パネル、容量、名義変更)などをやった途端、アウト。

今やる気のある人は救う?それ以外は・・・。
正しい姿になってきていて嬉しいが、憎いことをやりますね。
18円案件は確実にプレミアムになりますね。
Posted by やなさん at 2018年10月14日 06:16
こたろーさん、コメントありがとうございます〜!今回の規制だけ見ると、これから始める方にとってはある意味朗報です。既得権益者が平民化するので、新規参入者とある意味同じ土俵になりますので。ただ、投資環境が良くなっても、アーリーリタイアできるかどうかは、個人事情が絡み、パラメータが多過ぎで予測不可能です。とにかく前向きに頑張る。コレしかないと思いますよ〜w
Posted by antre at 2018年10月13日 21:39
ワイルダさん、コメントありがとうございます〜!
そうですね、ジリ貧業者や事業者がやりだす可能性はありますねw
正しい情報を元に適切に動きゃなきゃですね〜
Posted by antre at 2018年10月13日 21:36
これから太陽光を始めてアーリーリタイアするのは遅いでしょうか?
Posted by こたろー at 2018年10月13日 13:29
詐欺が横行するでしょうね。

40-32円案件のバーゲンセールといって、金を集めてドロン。

時間がない、時間がないと焦らせれば、名義変更がなくても金持ちは金を出す。
ダブルブッキング、他人の申請、なんでも使えますね。

ローン、クレジット客には通じませんから、富裕層向きですが。

Posted by ワイルダ at 2018年10月13日 12:00
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8196657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック