2016年05月21日

北海道増毛でブルペ走行中の自転車をひき逃げ&自転車持ち去りの犯人が自首 

5月のゴールデンウィーク中、北海道の増毛町のトンネルを走行中の自転車がはねられ犯人はひき逃げ。さらにそのはねた自転車を持ち去り証拠隠滅を図ろうとした事故&事件が起きた。

masike_hikinige1.png

この自転車はブルベとよばれる長距離ライドイベントに東京都出身の男性が北海道まで来て参加していたもので、ちょうど増毛町の大別苅トンネルを走行中に後ろから車にはねられ、ひき逃げされたものだ。わざわざ北海道まできてかつイベント参加中とあって非常に残念な事故である(被害者は骨を折るなどの重症)。もっと残念というか卑劣なのは事故を起こした犯人は救助することなくあろうことか事故を起こした自転車をクルマに積み込み、逃走したとされている点。気が動転しとっさの行動で証拠となる自転車が無くなることで罪が重くなるのを回避しようとしたのだろうか...

masike_hikinige2.png

事故を起こした車は増毛町内の山中で事故から4日後の5月10日に発見。それからおよそ1週間後に知人に連れ添われる形で犯人は出頭。逮捕となった。

トンネルを自転車で走る行為は他の自転車乗りの多くが指摘するように非常に危険を伴う。それが北海道の郊外となればより危険性は高まる。北海道の郊外を走る車は制限速度が60kmであってもそれを厳守するひとは少数派で、だいたい70km〜80kmは出ている。人によっては100km以上出すケースもあり今回の事故も郊外でかなり飛ばしていたような気がする。ブルベという長距離サイクリング参加者だから後ろに赤の点滅ライトを付けいていたと思うが、それを気づかないほど(自転車と認識できないほど)犯人は急いでいたということか?

masike_hikinige3.png

現場の大別苅トンネルをGoogleマップよりキャプチャー。入り口手前はそこそこ路肩が広いがトンネル内はほぼ無いに等しく、かといって端の歩道は走行には危険な広さ。一番安全なのは歩道を押して歩くパターンだが、時間制限があるブルベでは難しい判断である。

今回の事故は非常に残念であるが、同時にトンネルを自転車で走行するのは改めて危険であるという点を再認識させてくれた。こういう点からも日本の車道は自転車走行に適さない作りがされている&され続けてきたという部分も指摘できるだろう。自転車専用トンネルや自転車専用の迂回路なんかがあれば良いのだが新規で工事が必要だったり地理的に無理な場合もあったりですぐには難しい問題である。

【このカテゴリーの最新記事】

2016年05月14日

「ろんぐらいだぁす」がアニメ化。2016年秋放送予定。

自転車のアニメおよびマンガといえば「弱虫ペダル」が有名だ。ロードレース(自転車競技)の世界を高校の部活を通して描いた物語は昨今では少ないスポ根系に分類されるものの、主人公がアキバオタクをいう異色の人物設定で、そこからロードレースにのめり込んでいく様を描いた作品だ。ロードレースを通して繰り広げられる登場人物達のチームプレイやそこにからむ設定、さらにはイケメンキャラクターたちが女性にもウケ、弱虫ペダルに影響されて自転車を始めるいわゆる「弱ペダ女子」なる現象を生んだ。昨今の自転車系作品の中では最も影響力を与えたといっても過言ではない。

longrideas.png

そんな社会現象を巻き起こした「弱虫ペダル」だが、2016年の秋にはこれとは全く違ったマンガがアニメ化される。作品名は「ろんぐらいだぁす」というもので、名前から連想できるようにロングライドを題材とした作品だ。

公式ページでは原作の1話を無料でお試し読みできる。これを見る限りではある日街で見かけた折りたたみ自転車に一目惚れした運動音痴な主人公が、折りたたみ自転車を衝動買い。その後友人とサイクリングの約束するまでが描かれていた。弱虫ペダルとは全く異なり、ロードレースではなくロングライドが題材ということでまた違った自転車の魅力をアニメを通して表現されることだろう。ただ、中身的には時たまエロ描写があったりで主に男性向けなのかも。

2016年05月07日

神奈川県のサイクリングイベントをGIS化してみた(2015年度分)

少し前に北海道の自転車イベントをGISに落として可視化してみたが、今回は神奈川で似たようなことをやってみた。イベントの情報元は「スポーツエントリー」の2015年度分を表示し、開催地(市町村)をイベント1回につき1件としてカウント。開催地がわからない時は出発地や事務局を開催地とした。これ以外にネットで調べたイベント加味し、多い町ほど濃い色(グラデーション)で塗りつぶしを行なった。

kangawa_event_2015.jpg

※画像はクリックで拡大


こうしてみると一番多い神奈川県の市町村は「藤沢市」で102件、次が大磯町(24件)と鎌倉市(21件)。あとは10件以下となり開成町が7件。逗子市が5件。川崎市が4件に横浜市と中井町が2件、横浜市が1件...(以下省略)となる。

-------------------------------
綾瀬市 1
伊豆市 1
横須賀市 1
横浜市 2
開成町 5
鎌倉市 21
茅ヶ崎市 1
座間市 1
小田原市 2
逗子市 5
川崎市 4
大磯町 26
中井町 2
藤沢市 102
平塚市 2
葉山町 1
-------------------------------

藤沢市がやたらと多く気になって調べてみるとどうやら「リンゲージサイクリング」という会社があり、ここが毎週のように自転車のイベントやスクール、サイクリングツアー等を企画しているためだった。次いで鎌倉市と大磯町が多いのもこのリンゲージサイクリングの開催地となっているため。他に大磯町では大磯ロングビーチにてクリテリウムが年に数回行われており、これもイベント件数を押し上げる要因となった。変わって5件の開成町では「サイクルスポーツフェスタ」やシクロクロスの大会などが開かれ、2016年には「サイクルDAYかながわ」が神奈川県で初開催されるなど自転車のイベントで盛り上がりつつある。他、競輪場を有する市町村では競輪場の市民向け開放イベントが年に1回行われており、平塚市は平塚競輪場で「湘南バイシクル・フェス」、小田原市は小田原競輪場で「小田原サイクルフェスティバル」が行われていた。

GISで可視化すると藤沢市が飛び抜けてイベントが多いのがわかった。藤沢市は先に述べたイベント会社があるほかにも境川サイクリングロードや湘南海岸サイクリングロード、辻堂海浜公園内の交通公園など初心者や子供でも自転車を楽しめるコースや施設がある。

2016年05月05日

ホープ再生自転車販売店 札幌の障がい者就労支援

札幌のとある中古自転車屋が注目を浴びているという情報をみつけた。名前は「ホープ再生自転車販売店」。放置自転車や不要自転車を回収し、てサビ落としやブレーキ調整など行なって販売する店は一般的だがスタッフは精神や身体、知的に障害のある人が行う。いわゆる障害者支援の店舗となっている。

ho-pu_recycle.png


参照元:読売新聞

記事によれば他人の目を気にすること無く仕事に没頭できる点が障がい者に好評で、ボロボロでゴミのような自転車が再生し、売れるようになる点もやりがいにつながっているようだ。

放置自転車や不要自転車はホームセンター等で1万前後の安い中国製自転車が販売されるようになって以来増え続け、「修理するよりも買った方が安い」という環境からどんどん増える要因を作った。放置される自転車の中にはまだまだ乗れるものもあり、これを回収しいくらかの修理や調整、部品交換で乗れるようにすることはゴミを増やさないという点からも有用だ。また、「中古でも良い」という需要は少なからずありこれを就労支援の事業として行なっている点は素晴らしい。

12764495_989235541163985_8203665030698286441_o.jpg


札幌の場合平地が多く人口も190万人規模と自転車利用者がかなり多いことが推測でき、事業的にも成立しそうな感じがする。

12719174_1007659509321588_1017795672282352251_o.jpg

※運営元の「生活相談サポートセンター」Facebookページより。シティサイクル、折りたたみ式のほか

12898305_1007659505988255_1909774194836078932_o.jpg

スポーツタイプの中古もあり、入門モデルの掘り出し物があるかもしれない。



場所は札幌市西区山の手4条1丁目1−28。札幌市西区役所や琴似小学校の近くで、向いにはマックスバリューやツルハドラッグ、ダイソー等が店を構えるショッピングセンター「フレスポ琴似」がある。営業時間は10時〜18時までで、日曜と祝日はお休み。札幌市で中古自転車の購入を考えている人は覗いて見ても良いかも。

2016年04月28日

北海道の自転車危険行為 改正道交法から10ヶ月で摘発は57件 

去年6月の改正道交法施行からかなり立ったが、北海道新聞(道新)の記事によると今年3月までの10ヶ月の間に摘発件数は57件だったようだ。以下に記事を転載。

参照元:北海道新聞
---------------------------------------------------------------------------------------------

自転車「危険行為」摘発57件 北海道内、若者へ周知急務

昨年6月施行の改正道交法で新設された自転車運転の「危険行為」に関する道内の摘発件数は、今年3月末までの10カ月間で、57件に上ることが道警のまとめでわかった。最多は歩行者妨害で15件、次いで遮断機が下りた踏切への立ち入りで12件など。道警は悪質な危険行為については取り締まりを強化する方針だが、自転車利用者からは「何が『危険行為』か分からない」などの声も漏れ、制度が周知されていない実態も浮かんでいる。

 4月中旬の夕方、デパートが立ち並ぶ札幌市中央区の交差点。何台もの自転車が、買い物客の間を縫うように走っていた。イヤホンで音楽を聴きながら歩道を走り、信号待ちで止まった札幌市の女子大学生(20)は「自転車の細かいルールは知らない。イヤホンをして乗っていても危ないと感じたことはない」と話す。

 改正道交法では安全運転義務違反のほか、信号無視や酒酔い運転、歩道での歩行者妨害など14項目を危険行為と規定し禁止。道内の摘発57件のうち、歩行者妨害が15件、遮断機が下りた踏切への立ち入りが12件、ハンドル操作の誤りなどで事故を起こした安全運転義務違反が12件、信号無視5件、酒酔い運転4件と続く。

 14歳以上で3年以内に2回以上、危険行為で摘発されると、3時間の安全講習を受けなければならない。3カ月以内に講習を受けなければ、5万円以下の罰金となる。道内では、これまで2回摘発された人はいないという。

 交通政策の専門家らでつくる「自転車の安全利用促進委員会」(東京)は「免許取得で交通知識を学ぶ大人に比べ、中高生などはルールを学ぶ機会が少ない。教育現場などと連携して交通安全指導を徹底すべきだ」と指摘する。
---------------------------------------------------------------------------------------------

記事によれば道内での摘発57件の内訳は

歩行者妨害:15件
遮断機が下りた踏切への立ち入り:12件
安全運転義務違反:12件
信号無視:5件
酒酔い運転:4件

となっている。「歩行者妨害」というのが違反としてわかりやすい信号無視や一時停止不停止よりも摘発件数が多いのはちょっとびっくりした。記事ではこれ以上違反の詳細については書かれていないのでわからないが、危険14行為のうち「歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)」または「路側帯通行時の歩行者の通行妨害」のどちらかだと思われる。目に見えて違反な信号無視は守る人が多かったが、歩道上の違反に関しては知っている人が少ないということだろうか。記事中のインタービューでも「ルールをよく知らない」という答えが帰ってきており改正道交法が施行され取り締まり強化がなされている一方で未だによく知らないという人が居るのも浮き彫りとなっている。

違反行為に関してはバンバン取り締まって欲しいがルールそのものを依然として知らない場合も多いので、取り締まりと同じぐらい自転車教室などの周知もおこなって欲しいものである。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
ブログ
プロフィール
リンク集
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド