2020年01月13日

旭川冬まつり2020 大雪像作成進行中

旭川の冬の大きなイベントといえば冬まつり。今年は2月6日〜11日開催予定でその準備のため既にメイン会場では大雪像作りが進行中だ。今年はクロスバイク用に冬タイヤを新調したこともあってポタリングがてら様子を見てきた。

KIMG1558.JPG

ちょっと気になるのは今年の積雪状況。例年であれば車道も雪に覆われてその脇には排雪しきれない身長よりも高い雪山がちらほらあるはずなのだが...今年はこのように雪が全然少なく、かつ車道の聳え立つ雪山もほとんどない。異例なぐらいの積雪量である。

KIMG1559.JPG

市街地もこのように車道のアスファルトが見えている。ただし気温は氷点下なのでアイスバーンになっていたり場所によってはシャーベットだったりと運転には注意が必要。

KIMG1561.JPG

歩道は雪がある。この日は圧雪状態でかなり走りやすかった。

KIMG1562.JPG

そんなこんなでメイン会場の常磐公園と旭橋河川敷についた。公園から河川敷にかけての入り口は夏場は階段だが雪で毎年スロープ化している。ここはほぼ完成していた。

KIMG1563.JPG

土手を登ってメイン会場へ。大雪像は作成進行中で持ってきた雪の外形を整え中といったところ。

KIMG1564.JPG

土手に設置した手すりのような壁はほぼ完成していた。

KIMG1566.JPG

旭橋の下には雪像用の部品のような雪のブロックがいっぱいあった。

KIMG1567.JPG

今年は異例の雪の少なさで恐らく近隣の市町村から雪を運んでいると思うのだが、これを見た感じでは開催は問題なさそう。札幌の雪まつりよりも小規模ではあるものの、貴重な冬のイベントである。
【このカテゴリーの最新記事】

2020年01月09日

北海道は冬でもサイクリングイベントが目白押し

ここ近年、北海道では冬のサイクリングイベントが増えつつある。冬の北海道といえば「積雪により自転車に乗れない」というのが常識だった気がするが特にファットバイクといった雪に特化した新ジャンルの自転車の登場が大きいのかもしれない。管理人の知る2020年の冬イベント情報をご紹介する。

@キトウシ銀冬サイクリングツアー

東川町で行われるイベント。主催は株式会社東川振興公社。6月第2週日曜日に定例開催となっている「キトウシサイクリング」の冬バージョンのようなもので、キトウシ高原ホテルを出発して忠別ダムを回って再びホテルに戻る45km。2018年が第1回開催で今年は3回目となる。情報によれば途中のエイド食にゴール後の寄せ鍋付き御膳に温泉が付いて参加費3000円というリーズナブルなイベント。1月19日開催。



A冬チャリ旭川

81060712_120953849388246_4455339772809838592_o.jpg

旭川駅近くの「あさひかわ北彩都ガーデン」にて行われるレースイベント。昨年初開催で今年が第2回目。ガーデン内に設けられた特設コースを1時間周回して順位を競う耐久レース。個人戦の他4名1チームのチーム戦の2種目がある。車や歩行者が居ない完全クローズドなコースになっているので気兼ねなく走れるのもポイント。1月25日開催。レンタルバイクもあり。

B中川町冬サイクリング

81598857_3021942821158844_7798614437107073024_o.jpg

中川町サイクリングクラブ主催のサイクリングイベント。おそらく昨年初開催し今年も開催となる。スパイクタイヤのMTBをレンタル可能で町内をゆっくりと27kmサイクリングして昼食を食べて解散。参加費は2000円。管理人はこのイベントに参加予定。

C由仁スノーライド

image.png

由仁町で行われるイベント。主催は一般社団法人由仁町観光協会。残念ながら管理人が確認したときは4種類のコースすべてが満員御礼で締切となっていた。参加費は2500円で昼食代は別となるが魅力的なランチと由仁町の雪景色を味わえる。

とこのように周辺+由仁町でイベントが開催予定で、10年前では全然考えられなかったほど盛り上がりを見せつつある。この他にもスキー場で走れるイベントがあるなど少しづつ冬サイクリングが定着しつつある。

2020年01月08日

ジャイアント・GLIDE R3にマラソンウィンタープラス700×40Cを装着&試走

先日届いたシュワルベ製スパイクタイヤのウィンターマラソンプラスの40Cを後輪に実際に装着してみた。タイヤのサイズをメジャーで測ってみたところ同じ40Cのミシュラン・スターグリップよりも一回り小さめで多分干渉はしないと思っていたが...

KIMG1555.JPG

見事装着に成功した。

KIMG1556.JPG

一番懸念していたフロントディレイラーの出っ張りの部分はこのようにセーフ。残りのクリアランスは交換前のスターグリップ35Cとほぼ変わらない。

KIMG1516.JPG

比較用にこちらはスターグリップ35Cの写真。35Cと40Cとで明確なタイヤのサイズの違いがあるはずなのだがこのように2者でクリアランスはほぼ同じ結果となった。すなわちスターグリップは台形形状と平面的なトレッド面により一般的なタイヤよりも一回り大きめに作られていることが実証できた。

で、このあと試走も含めて市内の歩道をメインに走ってみた。条件は圧雪で除雪が行き届き新雪はほぼなしの抜群のコンディション。タイヤの乗り心地は空気圧を最低値の2kgぐらいにしたこともあってスターグリップ35C(※スターグリップでも2kgにしていた)と同じ。一番違いがあったのはスパイクタイヤの真骨頂ともいえるアイスバーンや氷の路面。歩道から横断歩道、歩道から信号のない交差点などタイヤで磨かれて鏡面のような氷雪の上で後輪をフルブレーキングしてみたがスパイクピンが路面を噛んでガガガガーと静止。横滑りせず安定したブレーキングを確認できた。スターグリップではちょっと滑りながら時に横滑りする場合もあったので非常に安心できた。フロントタイヤはスタッドレスタイヤのスターグリップのままだが40Cで接地面積が大きくそこそこ氷上でもグリップするので後輪メインのブレーキでフロントは調整用に使うと行った運用で以後は使ってみようと思う。

KIMG1557.JPG

試走のついでに今年できた「ワークマンプラス」に寄った。普通のワークマンは既に1店舗オープンしていたがアウトドア用品に特価したプラスの方は旭川では初進出。ライバル的にはモンベルの激安版になりうるのだろうか?アウトドアに特化したお店ということで一部サイクリング用品もあるようで、今回は防風手袋と後付スパイクを購入。冬季のサイクリングは手先と足先の冷えが半端なく、現状は足は冬靴(底が厚くて防水かつ滑りづらい)に靴下2枚履き。手はダイソーの裏起毛手袋に大きめの手袋の重ね履きで使っているが手先がゴツゴツしていてブレーキやシフトレバーの操作が難ありで、かつハンドルバーも滑るという状況だった。この自転車・バイク用の防水・防風手袋なら滑りづらくかつブレーキ操作も安心して操作可能なはず。中川町サイクリングで活躍してくれることを期待したい。

スパイクタイヤ(後輪のみであるが)はこんなにもアイスバーンで強いとは予想していなかった。Youtubeの動画で「普通に走れる」とレビューされていて実際に走ってみるとまさにそのとおりでびっくりだった(※ただしウィンターマラソン系のタイヤは圧雪&アイスバーン以外のシャーベットなどの雪には弱い点に注意)。ただお値段がどうしても普通のタイヤよりも3倍近く高くなってしまうので少しでも安く抑えたい人は海外通販(WiggleやBikein)を利用すると時間はかかるものの半額以下で購入可能である。

2020年01月07日

クロスバイク用スパイクタイヤ シュワルベ・マラソンウィンタープラスの700×40Cを購入

今冬シーズン初めにミシュランの自転車用スタッドレスタイヤのスターグリップを購入していくらか走ってみたのだが、やはりアイスバーンにおいては多少なりの不安が残ることがわかった。グリップしないわけではないが2輪という自転車の特性上アイスバーン上でのブレーキングが難しい部分があり改善の余地ありと感じていた。

KIMG1512.JPG

ちなみにクロスバイク用のスターグリップは35Cと40Cの2種類があって、管理人はクリアランスの関係上フロントを40C、リアは35Cという2種類のサイズで使用している。以前にも書いたが35Cと40Cとではタイヤの幅に明確な差があり、スターグリップという特殊なブロックパターンで雪道でのグリップ力を稼ぐタイヤの特性上、35Cよりも40Cの方が接地面積が大きいためアイスバーンではグリップ力が強いことがわかった。すなわちリアの35Cの方が滑りやすいのである。

KIMG1553.JPG

そこでブレーキング時にアイスバーンでも強力な制動力を得れるスパイクタイヤを導入することにした。といっても既に購入したスターグリップが勿体ないのでとりあえずまぁまぁアイスバーンでも効くフロントのスターグリップ40Cは残して効きの悪いリアをスパイクタイヤ化することに。購入したのはクロスバイク用スパイクタイヤとしてはとてもメジャーな「シュワルベ ウィンターマラソンプラス」の40Cサイズ。定価は1本9000円ぐらいでクロスバイクのタイヤとしてはかなり高価なのだがイギリスの通販サイト(Wiggle)でウィンターマラソンが再入荷。値段も3500円ぐらいになっていたので1本だけ購入してみた。送料を入れると4000円ぐらいの値段だった。国内で買うよりもかなり安い。

KIMG1551.JPG

スターグリップは台形の形状が特徴的だったがこちらは一般的な楕円状。表面のトレッドもブロックパターンが浅いので深い雪に行くとタイヤの溝が埋まってグリップ力が低下しそうだが圧雪や多少の積雪であれば大丈夫かと。それよりも表面に散りばめられた200個のタングステン鋼製スパイクピンが氷に食いつきそうでこれならアイスバーンでもブレーキングに不安が無いものと予想する。

KIMG1552.JPG
※タイヤには回転方向が付いている。

高さもホイールから42mmとスターグリップの40C(こちらは46mmぐらいあった)よりも低め。そのためクリアランス的には大丈夫だと思うが一部懸念されるフロントディレイラー部分で干渉する場合は交換用のディレイラーを買ったのでそれに交換して装着することにする。今月末には中川町でスノーライドイベント(雪道サイクリング)があるのでそれまでに調整して是非とも参加してみたい。

2019年12月18日

【低価格〜中価格】ロードバイク(クロスバイク)用ミシュランタイヤの比較

管理人の自転車に使っているタイヤはほぼミシュランだ。大概の人は理由に乗り心地をあげる人が多いが管理人の場合はケンダ、マキシスやブリジストンなどを経てタイヤのロゴイメージが一番タイヤらしいという見た目から入ったところにある。ただ、今では路面とのグリップ感や乗り心地が主な理由だ。

自転車用のタイヤは特にロードバイク用の上級グレードとなるとかなり高価で気軽に買いづらい面がある。一方で低価格帯のものは「トレーニングタイヤ」とも呼ばれ性能面では敵わないがとにかくその値段が魅力的である。ここで管理人が愛用してきた低価格〜中程度のミシュラン製ロードバイク用タイヤの比較をしてみようと思う。

@ダイナミックスポーツ

starglip2.png

ミシュランのスポーツ向けロードバイク用タイヤとしては一番下に位置するグレードの製品。ワイヤビードで重量は23Cで300g程度。ケブラービードだと225gと結構軽い。値段はワイヤビードが国内だと2000円前後、海外では1000円前後。ケブラービードは少し高めで国内は2400円前後(海外は未確認)。トレーニングタイヤなので基本的にレース向けではないのだが普段使いには十分な重量とグリップ感が魅力。

starglip2.png

また、トレッドパターンは完全スリック(実際にはセンターがスリック、サイドが少しザラザラ)で、低価格タイヤにしてはかなりの本気仕様となっている。耐パンク用のシールドなどは無いのだが丈夫にできているのでそこそこパンクにも強い印象。(ただし、鋭利なガラス片とかゴミを踏むと確実にタイヤ表面を傷つけるので要注意)。タイヤ表面はモチモチ感がある。入門用ロードバイクのほか、クロスバイクの交換用タイヤとしてもオススメ。耐久性は管理人の経験だと4000kmぐらいまで使ったことがあるがラスト付近ではパンクが多発したため、体重が重たい人は2000km後半、それ以外でも3000kmぐらいで交換したほうが無難と思われる。

Aリチオン2、リチオン3

KIMG1541.JPG

ダイナミックスポーツのひとつ上に位置するトレーニングタイヤ。トレーニングタイヤとはいえケブラービード採用し比較的軽量(23Cで220g)でかつトレッド面もセンターとサイドで違うパターンを採用。それでいて価格はお手頃(国内だと2200円前後、海外は1500~1800円前後)というコストパフォマンスの高いタイヤだ。

KIMG1542.JPG

リチオン3では上位グレードのPOWERシリーズのコンパウンドを採用したことでよりグリップ力が向上している。管理人も現在愛用しているタイヤでダイナミックスポーツよりもちょっと高いが加速性やコーナリング性能がダイナミックスポーツよりもワンランク上で、ロードバイク用としてはコストパフォマンスがかなり高いためお気に入りだ。レースに出るのでないのならこれで十分と思っている。

Bクリリオン2 エンデュランス

リチオン3(リチオン2)の上に位置するミドルグレードのタイヤ。管理人は未体験なのだが次に履いてみようと思う現在注目中のタイヤだ。かつてはクリリオンとして販売されていたがしばらく生産終了し、数年前に復活した。
エンデュランスという名前からも想像がつくようにロングライド向けのタイヤとなっており、トレーニングからレースまで幅広く対応する。それまで存在したプロ4エンデュランスの後継モデルで、プロ4エンデュランスの Biコンパウンドを採用してグリップはプロ4エンデュランスと同等に。かつ耐久性をアップさせている。一節にはパンク耐性や耐久性が高くてレースでも使えるグリップ性能とか。重量は23Cで225g。お値段は国内だと5000円〜6000円、海外通販だと3000円前後。

これ以外にダイナミックスポーツの仲間でダイナミッククラシックというシティ寄りのタイヤもある。価格はダイナミックスポーツと同程度で、トレッド面がフルスリックではなく溝が入ったタイプ。またカラーもクラシカルなアメ色になっているので、ランドナーやレトロロードバイク、あるいはクロスバイクにマッチしような雰囲気。なお、クロスバイク用でパンク性能と乗り心地重視ならミシュラン・プロテックもオススメ。1mmの耐パンクベルトが入っていて走りは上記のタイヤと比べると重たいが通勤用と思えば十分な性能を持っている。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
2020年01月(4)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
2012年04月(11)
2012年03月(15)
2012年02月(24)
2012年01月(18)
2011年12月(7)
2011年11月(1)
2011年10月(3)
2011年09月(2)
タグクラウド