2021年05月25日

採密

昨年春から育てている日本ミツバチの採密を実験的に行った。
近所に住むミツバチの師匠が、「軽いから蜜入ってねぇかも知れんぞ」、というものだから、本当に入っていないのかを調べるため、重層式の巣箱の最上段を切り離してみた。

実際は、そのうちの半分より下に蜜がたまっており、少しハチミツをいただくことができた。

何もかもが初めてで、試行錯誤やら失敗の連続だったが、なんとか、あまりミツバチたちの犠牲者を出さずにできたと思う。

まずは一晩、垂れ蜜を取り、明日は巣蜜を採ったり、搾ってみようと思う。

本当は高1のT君に手伝ってもらおうと思ったのだが、最近、あまり私に寄りつかないので、高3のM君に手伝ってもらった。

「丹澤先生、防護服の中にミツバチが入ってきちゃいました…。」
と、焦るM君。
「大丈夫だ…。」
と、私はさっと蜂を払いのける。
蜜の匂いに誘われているだけで、攻撃中ではないので、凶暴ではない。

一度、蜜の状態を確認しようと、天板を開けたとき、防護服を着ていなかった私に、数匹が猛攻をかけてきたことがあったが、今回はそんなこともなかった。

アレルギー反応のこともあるので、あまり刺されない方がいい…。

「ほれ、なめてみろ」
と、採りたてのハチミツをM君になめてもらう。

いわゆる百花蜜である。
昨年からの二年越しの蜜でもある。

かなりの美味であったことは間違いあるまい。

日本ミツバチのハチミツは、100グラム1000円以上で取引される。

売れるほど取れるか分からないが、自然の恵みをしばし楽しませていただくことにしようと思う。

何と言っても、一年育てた(勝手に育った)、人生最初のミツバチなのだから…、
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10753112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ