検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2019年11月03日

ソーラーシェアリングの進捗!

おはようございます、アントレです〜!

昨日のラグビーは熱かったですね〜
六本木のスポーツバーで観戦したんですが、大盛り上がりでございました。

さて、当方的にもこれから盛り上げていきたいと思っているソーラーシェアリングの件です。

以前より何度も書いてきてますが、コノ群馬県前橋市のFIT24円、270Kw、6000uの案件なんですが、農地転用(除外申請)ができず、ということで、諦めるか、ソーラーシェアリングするかの2択でございます。

現在、ソーラーシェアリングのコンサルタントの方とイロイロ方向性について煮詰めている状況でして、当初は、その方の農業法人を活用して営農を進めるようなプランを描いていたんですあ、やはり、それはそれでイロイロハードルが高いらしい、というコトが分かってまいりました。

というのは、いわゆる農転して太陽光事業を行う一般的な案件の場合、土地の登記の流れは、

土地の売買契約→農地転用OK→土地決済→土地の登記移転

という形になり、万一農転が不可となっても事業者側にはほとんどリスクが無いコトになりますが、ソーラーシェアリングの場合、

土地の売買契約→土地の決済→土地の登記移転→農転(一時転用)OK

という順序になり、先に農業法人による土地の登記移転が必須となってしまいます。そりゃそうですよね。どちらかというと農業の主体者が主役ですので、その方がしっかり農業をやるからには、事前に土地を取得しておく必要が出てしまう、というコトで、万一、農転の一時転用がNG食らったり事業がとん挫した場合、無駄な農地を所有しないといけないことになり、農業法人や太陽光事業者としては非常にリスクが高い形になろうかと思います。

うーむ、参った参った。

コンサルタントの方とイロイロ話した結果、その打開策としては、今の地主さんに農転(一時転用)OKのところまで主体的に進めてもらって、2,3年後に土地の登記移転をする、という形が理想形とのことでした。つまり、

土地の賃貸契約→農転(一時転用)OK→土地の売買契約→土地の決済→土地の登記移転

という順序にすることで、地主さん、農業法人、太陽光事業者それぞれが大きなリスクを負うことなく進められる、というコトですね。

いやー、このあたりのお話は実際にモノを進めてみないとわかりませんねぇ。当方的にはとても勉強になった次第でございます。

で、別にお勉強のアクティビティではございませんので、上記の件、さっそく不動産仲介業者経由で地主さんに相談してもらったところ、以下の回答が来ました。

「お世話になっております。現況写真を添付致します。所有者とお会いして概ね了承いただきました。2,3年後をめどに所有権移転して頂きたいとのことです(高齢の為)。宜しくお願い致します。」

おぉぉ、道が開けてきましたぁ〜!!!

因みに現況写真です。
DSC07957.JPG

ということで、次のアクションは、

設備代の再見積もり(パネル、架台の変更)
コンサルタント費用の見積もり(一時転用費用、20年分の営農費用)


の2点ですかね。

この2点を元に、事業として利回りが成り立つのか、じっくり検証してみたいと思います。

因みに、農業の部分ですが、コンサルタントの方より、柿、柚子、ミカンあたりでどうでしょう、といった話があり、とりあえず、ミカンで進めることとしております。

収穫した暁にはセミナー等で皆さんにお配りしたいと思いますので、よろしくお願いします〜!!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
方向性は見えたものの、マダマダ予断を許さないソーラーシェアリングでございますが、コンサルタントの力を借りながら、粛々と進めていきたいと思ってます。その過程でイロイロノウハウも溜まってきましたので折を見てイロイロ展開していきたいと思います〜!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9375854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック