2021年03月11日

3.11

今年もこの日が来た。
今から十年前、私は学校で生徒と共に東日本大震災を体験した。

この時期が近づくと、私は非常に感覚が敏感になる。
未だに成仏していない方々の悲しみや苦しみを感じるのだ。

だから、彼等に関心を向けなければいけないと思いつつも、その重荷に耐えられなくなるので、できるだけ無関心を装っている。
おそらく、現地に行けば、もっと強烈にその思いを感じるのだろう。

人はいつか死ぬ。誰もがその時期は分からない。
だが、その死が、あまりに突然であった場合、困惑し、死後も成仏できずにいる諸霊が多いのだ。

私は通常でも、お盆やお彼岸の頃には、同じような感覚になる。

自動車で走っていて、事故現場を通り過ぎたときにも、感じるときがある。
しかし、彼等の存在を感じることはできても、私には彼等を救うことはできない。

震災時、私の学校では物故者はいなかった。

停電の夜、寒さに震えながら、生徒たちと夜明けを待った経験は、今でも鮮明に残っている。

この日の夜は星が綺麗だった。
その時は、未曾有の被害であることなど想像だにしなかった。

あれから10年。
あのとき、中1だった生徒は、昨年の春就職した。

その時に高1に在校していた生徒が、今は教員として務めている。

被災地ではまだまだ生きている人も、亡くなった人も、その傷は癒えていない…。

人類は、この新採から何を教訓とすればいいのだろうか。

電源喪失による原発の事故は不幸だが、だからと言って、原発を止めてしまおう、という考えは、あまりに短絡的で感情的のように思う。

そして、十一年目が始まった…。
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10595890
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ