検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2017年02月04日

【続】東京オリンピックでサラリーマンを卒業するには

おはようございます、アントレです!

今日もお天気最高!最近いい天気が続きますね。パワコンもフル回転でお願いします〜!

さて、以前記事(ここをクリック)にした、このブログの趣旨である、卒業について書きたいと思います。

前回の記事では奥さんの懐柔が重要です。と書いたのですが、その内容で続きを書くのは、至極具体的な話になってしまいますので(笑)、というか、そもそも文字では表現し辛いので、それはセミナーでお話ししたいと思いますw

で、今回は、テクニック的な話です。

2020年の東京オリンピック。開催は夏ですので、あと3年半くらいで始まってしまいます。

そのタイミングでサラリーマンを卒業するといった目標を置いたとすると、さて、何をすべきなのでしょうか?

最短距離は、ずばり太陽光発電w

ただ、買い方によっては最大3基程度でスタックしてしまい、それ以上拡大できない事態に陥ります。

で、重要な買い方ですが、大きく以下の手順かな。と考えています。

@法人(合同会社)を作る(青色申告、消費税課税事業者の申請をする)

A法人名義で太陽光を3基購入する(某信販会社を活用して3基同時購入)

B消費税還付を受ける(ここでAの土地代の負担が減ります)

C2年後に免税事業者になる(売電にかかる消費税の納入が免除されます)



上記の手法であれば、個人の信用も汚れませんし、消費税還付と絡め、コストをかけずに太陽光3基をゲットできる。という話になり、一番スマートかつ卒業に向けた最短距離かな。と考えております。

ただ、3基だけで卒業できるの?って話ですが、上記のBの手順あたりで2つ目の法人を立ち上げます。そして、その後、@の手順から3基分回すのです。で、最後は個人で購入して3年程度で合計9基のお買い上げ、と言った話になります。サラリーマンの方でローンは住宅ローンのみ、年収500〜1000万の方でしたら十分勝算があると思います。

この記事(ここをクリック)にも書きましたが、太陽光はフルローンであっても10基程度購入できれば当初15年は月額CF50万、15年〜20年は月額CF200万となり、20年以降も売電は続きますので、家族構成にもよりますが、リタイアしてもほぼ問題ないキャッシュが入り続けることになります。ん?もーちょっとCF欲しいんだけど。という欲張りな方は、もう一つ法人を追加して、合計12基購入しちゃえばいいだけの話wです。上記の手法であれば理論上、何基でも購入できるはずです。この記事(ここをクリック)で書いた、法人を活用した複利の投資戦略ってやつですね。

東京オリンピック後あたりはもしかしたら国による20年間の買取保証がなくなってしまう、もしくは旨みが激減してしまうといった可能性は低くはないと思いますので、

では、いつやるの?今でしょ!!(笑)

っとなるのかなと(ちょっと古くてすみません(笑))。

ここ1,2年がラストチャンス。不動産投資でも同じようなことをやろうと思えばやれますが、不動産の2022年問題アパマンバブル、少子高齢化に突入する中で、そんなにおいしい物件がポンポン出てくるはずはありませんし、3年で卒業など絶対不可能です。太陽光はぶっちゃけどんな案件を買っても利回り10%以上であればほぼ、外れはありません。

オリンピックアスリートは一生に一度の東京オリンピックでメダルを取るために、今まさにこの瞬間、血のにじむようなトレーニングをしていることと思います。サラリーマンの方であっても、今から努力とチャレンジを積み上げることによって、東京オリンピックのタイミングで十分卒業(=金メダルゲット〜!)できると思いますよ〜!

幸いにもアントレには上記スキームが実現可能な業者さんと税理士さんという人脈があります。
ご興味ある方はセミナーしましょう〜!ブログのコメントかtokyonomadclub@gmail.comまでご連絡お願いします〜!


引き続きガンガン行きましょう!!


投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

太陽光発電事業を始めたい方はこちらまで!

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5901727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック