検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2017年01月25日

貸家着工 8年ぶり高水準!!!

おはようございます、アントレです!

今日も快晴!気持ちがいいですね!

さて、今回の記事は今日の日経新聞からの抜粋です。

「貸家着工 8年ぶり高水準!!!」
DSC_0102.JPG
「おー、業界が盛り上がっているということは、投資としてうま味があるということかぁ。参戦するべきでは?」とか、「やったぁ、こないだアパートを買っちゃったんだけど、これから盛り上がりそうだぁ!」っと思われる方がいるかもしれませんが、全くの逆です(笑)

記事を要約すると、

・相続税の節税目的のアパート建設が全国的に広がっている
・首都圏も伸びているが、地方圏の伸びが高い
・銀行のアパートローンの新規貸出も前年比17%アップ(by日銀)
・「需要を伴わない貸家建設がいつまでも続くとは考えづらい。既にピークを越えている」(byニッセイ)

ってな感じです。少し過激な言い方をすると、

少子高齢化社会を迎える日本にあって、新規の貸家が増加している状況はありえない。理由は富裕層の節税目的がメインで、需要を伴わない供給過剰状態、つまりバブルが始まっており、将来破たんするのは確実w

ってな感じですかね(笑)

これにこんな問題(不動産の2022年問題)もおっかぶさってくるので、とにかく今のタイミングで

新築・中古アパート、マンションは絶対に手を出してはならない

です。僕の肉親や友人がやろうとしたら、全力で止めに入ります(笑)

ただ、都心なら安全かというと、そうではなくて、結局同じような構図があるわけで、お勧めはしません!むしろ都心だから安心と言った感じで、今後バブルがシフトしていく可能性が高いと読んでいます。

これは、普通に考えればわかることで、今の日本の出生率では、今後30年で人口が8000万人になるといわれています。1.3億人が8000万ですよ!そんな国にアパートを建ててどーするんですか?どーなるんですか?って話ですね。

加えてアベノミクスで格差が激しくなってくるので、都心の高級マンションの値は上がり、木造やRCのアパート、マンションには低所得者が集中し、激安賃料にしないと客付けできない、といった構図になるはずです。

ということは、不動産投資で唯一アリなのは、金持ちが好きそうな立地の土地や高級区分マンションへの投資であって、ましてや都市部や地方の普通の物件、特にアパート、一棟マンションなどを対象とするのはナシとしか言いようがありませんw

ただ、完全に無しかというと、そうではなくて、節税目的で建てられた新築マンションを、バブルがはじけた数年後に半額以下で購入する。は、アリです。激安で賃貸に出しても利回り10%取れれば投資として全然アリと言った話になります。

ということで、アパート、マンション投資は、今このタイミングでは絶対にナシ、所有している方は今の内に売り抜けるべし、といった感じでしょうかね。

以上、アントレ独自の視点ですので、今後どうなるかは皆さんの自己判断でお願いします〜!


投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

太陽光発電事業を始めたい方はこちらまで!



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5860155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック