2019年07月27日

地元の草刈り

地元の草刈りに初めて参加した。

隠れ家の町内会の一員になったという証として、こういうイベントには、たとえ仕事があろうと参加すべきであると考えたからである。

何ヶ月も前から、回覧板で日程が知らされたが、
『7月27日(土)午前6時から。集合場所はいつも通り』
と書かれており、「いつも通りじゃ、分からん…」と、お隣の方にお訪ねしたのが、もう何週間も前。

少し刈払機の練習をして、今日を迎えた訳だが、愛犬の散歩中、まだ4時台にもかかわらず、もう始めている方がいたので、「私も、早くから始めよう」、と5時半から道路脇の草刈りをスタートした。
せめてもの、誠意の表れでもあり、不慣れな私の草刈りは他の方より時間がかかるだろうから、少し早めにスタートした方がよかろう、という思いでもある。

幸い、雨はほとんど降っていない。台風接近のために大雨だったら困るな、と思っていたが、全然大丈夫だった。

ふと気づけば、地域の方総出で、草刈りをしている。
「いやぁ、私の草刈りは下手だな…。」
と、思いながら、同じ場所を二度三度と重ね刈り。

山から折れて落ちかけの木を切ろうと、山に登り、蔦や木を切る。
「足下に気を付けてな…。」
何度も励まされながら、何本かを切った。

途中燃料を補給したが、7時前には作業は終了。

その後、地区の世話役の方がやってきて、今日の昼から懇親会があると、誘いに来た。

このあとまだ学校へ行って授業もあるし、午後は部活だ。
今朝は、朝のうちだけお休みをいただいたのだ。

懇親会は一年に一回の、家族揃っての集まりだそうで、
「みんなが誘ったらどうか、というので声を掛けに来た」、と言う。
正直な方である。

まだ一学期が終わっていない私には、大変嬉しいお誘いだったが、今日の所はお断りさせていただいた。実に残念である。

来年は、欠勤しても地区の懇親会には参加しよう。

少しずつ地域に受け入れていただいているようで、本当にありがたい。

この先も、地域のコミュニティを大切にしなくてはなるまい。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9009549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ