検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年03月28日

【祝】伊方原発2号機 廃炉!!

度々アントレです!

再び日経新聞からの抜粋ですw
IMG_20180328_103337.jpg

伊方原発2号機廃炉へ
四国電 安全対策、採算合わず

いやー、皆さん、やりましたーーー!!!!

四国電力管轄の伊方原発ですが、2号機の廃炉が決定したそうです!!!

愛媛県の皆さん、四国の皆さん、おめでとうございます!!!!

そして、伊方原発の事故によって偏西風に載って甚大なる放射能被害が出るであろう、関西地区にお住いの皆さんも、おめでとうございます!!!!

ご存知の方も多いと思いますが、四国にはただひとつだけ、愛媛県に伊方原発という、超危険な原発が存在しております。その特徴を列挙すると、

・地震リスク
伊方原発のそばには日本最大級の断層帯である「中央構造線断層帯」、南には活発で大規模な地震発生源の南海トラフが走っていて、過去にマグニチュード8クラスの巨大地震が起きています。伊方原発はこの「中央構造線」が走る断層からわずか5キロ、ほぼ真上といってもいい場所に立地。ありえません。

・津波リスク
「中央構造線」は熊本地震をきっかけに活動が活発化、熊本地震で断層の延長上にひずみがたまったことで、四国側の「中央構造線」が動く危険性が指摘されています。もし「中央構造線」を震源とする地震が起きれば、伊方原発を10メートルを超える大津波が直撃する恐れがあり、にもかかわらず、四国電力は一貫して「瀬戸内海に津波は来ない」と、効果的な津波対策を採っていないようですw

・阿蘇山の噴火リスク
以前記事にした通り(ここをクリック)この原発の地域は過去に阿蘇山噴火による甚大な被害がもたらされた地域であるにもかかわらずその一切の対策を講じておらず、広島高裁から何故か原子力規制員会からの審査OKをもらっている3号機の運転差し止めの判決を受けている状況です。

・大災害リスク
四国の端っこに存在しており、一見存在感が薄い感じの原発ですが、ひとたび事故が起こると、その放射能は偏西風に載って、関西地区を覆いつくしてしまう、超甚大なリスクを抱えております。その影響は福島の原発事故の比ではありませんw

といった感じです。
その他観点もイロイロあり、まさに泣く子も黙る、西日本の”暴走原発”といった感じで存在しておりましたw

反原発の運動員の方や、恐らく、それはそれは一定量いらっしゃるはずである、四国電力に在籍されている良識ある社員の皆さんの努力の甲斐もあって、伊方原発が所有する3基の原子炉のうち、

・1号機→廃炉決定済み
・2号機→廃炉決定(今回)
・3号機→広島高裁により運転差し止め中


という、ほぼ完全勝利に近い状況に持ち込めつつありますw

いやー、全国の反原発の同志の皆さんを勇気づけるには十分な成果なのではないでしょうか。


太陽光発電家の皆さん(特に四国に案件をお持ちの方、若しくは検討中の方)

今回の廃炉決定で、四国電力の抑制リスクはかなり下がったのではないでしょうか。上述の通り、反原発の皆さんが頑張ってます。我々発電家も今まで以上にガンガン再エネ推進して、四国を原発の無い、安全でクリーンな場所に創り上げて行こうではないですか!

子供たちの未来に向かってガンガン行きましょう〜!

応援クリックもお願いします〜!
不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7486776
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック