検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2020年02月01日

2020年度のFIT単価はどーなる?

こんばんは、アントレです〜!

1月も終わってしまい、今年もあと残すところ11か月となってしまいましたね。
イヤー、月日って早いですね。引き続きガンガン行きましょう〜!

ということで、最近、当方的には無事UTA3のローンチに成功出来て一区切りな状況なのですが、やっぱり気になるのは某国から発射された例のウィルスと2020年度のFIT単価の行方となりますw

で、2020年度のFIT単価は一体どーなるんでしょう?ということで、先日ツイッターでアンケートを取ってみました。ご協力いただいた皆さん、この場を借りて御礼申し上げますm(__)m

ということで、結果でございます。
FITアンケート.png
総投票数87票で結果は13円以下の予想が1位、15円以上が2位というコトなんですが、その差は割と僅差だったのではないでしょうか。ツイッター発電家の皆さんも意見が割れている、という感じになっているのカモですね。

因みにですが、2020年度のFIT単価を考察するにあたり、どういうセグメンテーションがあるのか整理してみました。

FY2020.png
上記表の通り、2020年度は、高圧は250kW以上が入札(FIP)となることでほぼ確定しております。
で、残る高圧のFITセグメントは50kW以上250kW未満、という形になるんですが、コノ部分については経産省的にはシステム費用もかなり安くなっている、と判断している模様です。ですので、上記表のFITAは14円未満になる可能性が高いと踏んでおります。一方、FIT@についてはシステム費用が何故か高めに設定されていて、地域活用要件(ACコンセントとか)の追加コストも加えてくれるらしく、コノ部分については14円より上がりそう、と、当方的には踏んでおります。

まあ、最終的な結果は経産省のみぞ知る、という感じなんですが、オフレコですが当方にもイロイロ情報が入ってきておりまして、FIT@はリアルに14円より上がってしまいそうな予感がしております。まあ、じきに結果が出てくると思いますので、皆さん楽しみましょう〜!

それともう1点。2019年度の既認定の低圧FIT14円が、地域活用要件を満たせば、FIT@単価、つまり、15円以上(の可能性が高いw)の単価に変更できる、という部分も、ソノ地域活用要件とは一体何なのか、非常に大きなポイントとなります。

現時点における地域活用要件の定義は、、、

@自立運転機能+ACコンセント+自家消費
A自立運転機能+ACコンセント+ソーラーシェアリング

という理解ですので、既認定のFIT14円案件であっても@かAを満たせば単価UPになるのか、もしくは、単に自立運転機能とACコンセントだけでもOKなの?という部分が当方的には超絶に気になっている次第でございます。

まあ、イロイロ空想しても仕方ありませんのでw、来週火曜日に予定されている第55回調達価格等算定委員会でシロクロつくのではないでしょうか。

イヤ、楽しみですね〜!

というコトで、発電家の皆さんも要チェックですよ〜〜!!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
UAT3のご案内を受けて、「UAT2はどーするんですか?並走できますか?」といったご質問を少々受けるんですが、UAT2はUAT3として新たに生まれ変わるイメージですので、UAT2は事実上クローズとなります。口座に入っている軍資金は一旦出金の上、UAT3のプラットフォームに投入のほど、よろしくお願いしますm(__)m
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9601956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック