検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2019年12月29日

太陽光業者の今後

こんばんは、アントレです〜!

お正月は海外で過ごすことになってまして、コレから羽田に向かいます〜!

っとその前にブログも1記事書きたいんですが、最近ツイッターで呟いている件です。

太陽光業者の今後

イヤー、中々面白いテーマですよね〜。発電家にとってはw

当の業者側としては死活問題ですよね。何より、FITの門が閉じてしまったんですから。

今までは、多少FIT単価が下がろうが、設備代も下がるワケで、継続して発電所を販売していく方向感だったんですが、先の経産省の発表により、残念ながら低圧のジャンルは14円で試合終了となってしまいました。

というコトは、来年度以降は基本的には売り物がなくなるワケで、業者の仕込み済みや隠し持っている案件しか流通しない、というような状況になってしまうことは明確でございます。

そのような状況の中、太陽光業者は今後どうするべきなのでしょうか?

何もアクションを起こさなければ、即ち、シュリンクの方向に行ってしまいます。倒産ですね。

今まで散々はっぱをかけてきた営業社員、施工部、事務職員、等々、彼らの生活は一体どーなってしまうんでしょうか。コレは太陽光業者に限らず、会社が発展ないしは、現状維持でも事業継続していくという点は、個人的には経営者の最重要テーマと考えておりまして、身銭を切ってでも社員に奉仕する古き良き社長も世の中にはいるくらいというお話になります。

ただ、一方で、FITという偶然発生したミルク補給の恩恵を受けて事業発展に成功したものの、そのミルク補給がアダとなって、本来具備すべき経営戦略の立案や遂行といった重要なスキル醸成の機会を逸してしまった太陽光業者の経営層にとって、このタイミングでイキナリミルクを絶たれ、あとは自分で考えなさい、などと言われてしまうのは非常に酷なお話でございまして、当方的には多少の同情をしてしまっている今日この頃でございます。

で、かなり余計なお世話カモ知れませんが、当方的に考える、太陽光業者の今後について、勝手に考察してみましたw

FITの門が閉まった今、太陽光業者は今後どーしていくべきか、それは、、

@手持ちの物件は即刻販売停止。全て自社物件にすべし
Aセカンダリー市場のイニシアチブを握るべく、仲介サイトを立ち上げるべし
BNon-FITな野立て発電所の設立に向け、関係ステークホルダーと調整に入るべし


という、3点を提言したいと思います。

以下解説です。

まず@。コレは非常にシンプルな話です。自社仕込みの業者であれば、利回り20%はキープ可能です。短期的なキャッシュ目当てにサラリーマンなどに売ってるバヤイじゃございません。社員が大事なら、売るんではなく、やるんです。自分で。

次、A。全国に散らばっている40万以上の発電所は、そりゃ経営状況が変わったり、短期的なキャッシュ目当てで売却したいというニーズがあるに決まってます。また、FITの門が閉じた今、新規案件がなくなるというコトは中古でも買いたいというバイサイドが出てくることは必然です。つまり、セルサイド、バイサイドとも、お互い売買したいのに、今時点でその十分なインフラが確立されていないことは明らか。コレはやったもん勝ち的な状況になっているのは確実で、ノウハウのある太陽光業者がやりださなければ一体他のだれがやるんでしょうか。というお話ですね。

で、最後のB。FITというのはあくまで再エネを全国的に発展させるべく、国が考えたミルク補給となります。当然未来永劫ミルクが降ってくるワケではなく、どこかで終焉を迎えるワケなんですが、それが単純に、今、というコトでして、ようやく通常状態に戻っただけです。で、コレからの太陽光業者はFITなどには頼らず、継続して野立て発電所を作っては電力会社や新電力と交渉して、RE100の波にも乗って、時価で売っていく、という絵姿が本来あるべきであって、単純にそれを太陽光業者、事業者として遂行していく、というお話となります。

ということで、以上余計なお世話3点でございました。

当方も太陽光発電事業者の端くれとして、コノ再エネ発展に貢献してきた太陽光業者さんたちは戦友だと思ってます。その戦友たちが、FITの門の終焉とともに、バタバタと討ち死にしてく絵姿は見たくはございませんので、この記事がどこかの業者さんの何かの参考になれば幸いでございます。

繰り返しですが、低圧FITの門が閉まって、太陽光業界も終焉に向かう、、、では無くて、ようやくミルク補給から脱して、業界全体が赤ん坊から大人になっていく、という、フェーズであると理解してますので、業界一丸となって引き続き前向きに前に進んでいきましょう〜!

よろしくお願いします〜!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
こんな記事を書いちゃうと、流通物件がより少なくなってしまい、マダマダ拡大を狙っているサラリーマン発電家に怒られてしまいそうですが、大丈夫大丈夫。マダマダお花畑的な業者が一定量売ってますのでソレを逃さず狙っていきましょう。それと敢えてセカンダリーを狙うというのも手です。いずれにしても目が離せない業界ですので、引き続きアンテナ立てて進んでいきましょう〜!!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9523156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック