2021年06月26日

勉強への処方箋

学年主任から頼まれて、生徒からの質問が『勉強への処方箋』を書いてみた。
一時間半くらいで、一気に記し、2000字弱ほどになった。
一人ひとりの生徒に語りかけるように書いてみた。

この先、どのように使われるかは分からない。
これまでの教員生活の総決算のつもりで書いてみた。

だが、私の心には邪心があったようだ。

この処方箋を依頼されたのが、今朝。
それを受けてのことだったが、夕方には完成させ、学年主任に送った。

「丹澤先生、もう作っちゃったの? すごいね〜。」
密かに私はその言葉を求めていた。
見返りを求めていたのである。
醜い私の心が、褒められたいという邪な思いを抱かせたのである。

何てことはない、そのモチベーションで一気に書き上げたという訳だ。

愛には、砂塵を含めてはいけない。
与えきりで、その心は無心で、純粋でなくてはいけない。

愛という言葉が抽象的すぎるなら、「仕事」と置き換えてもよい。
「仕事」は、その純粋な思いがあってこそ、いい仕事になるのだ。

その意味で、今回の私の仕事は、成功したとは言えないと思う。

高校生の時、『倫理』の授業で、思春期の特徴として、『愛されたい。認められたい。自分のことは自分でしたい』、というものがあると教えてもらった。

まさに今の私は、この状態なのか…。
思春期の、悩み多き、安定性のない時期と同じ、ということになる。

自分の存在意義を感じられない職場には居られない、と言う。

もしかしたら私自身、懸命に、自分の存在意義を見つけようとしているのかも知れない…。

そろそろここ十数年を精算すべき時期なのだろう。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/10823586
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ