2022年03月01日

別れ

高校の卒業式が行われた。
いよいよ彼等、高校三年生ともお別れである。

毎年、卒業式が近づくと、私はなんとも言えない「淋しさ」に覆い尽くされ、悲しくなってくる。彼等との別れが苦しいのだ。

だから私は、極力高校三年生とは関わらないようにして、卒業式間際になると、私の方から先に、「さよなら」と行って、淡泊な別れの言葉を告げる。

卒業式当日に言葉をかけることなど、私にはできない。

彼等の新たな旅立ちを祝福してあげることもできない私は、何と冷たい人間なのだろう。

そんな折り、K君が、「丹澤先生、いろいろ教えてくださってありがとうございました」、と声を掛けてきた。

彼とは、三年生になってもいろいろと話をした生徒である。
受験直前はコロナ禍であったこともあり、話を控えたが、彼の将来に関わる話は、私もしたつもりだ。

彼が、受け入れるかどうか別として、言わねばならぬことは語ったつもりである。

そんな彼からの声かけだったが、私は、「さよなら」とだけ言った。

多くを語らずとも、もう自立して欲しいと思ったということもある。
彼の母親も、弟もいたということもある。

彼は、大学はすべて不合格であったと、聞いた。
恐らくは浪人することになろうが、この先も、さまざまな試練が訪れることだろう。

もう、直接助けてあげることはできない。

私ができることと言えば、彼等卒業生たちの幸福を祈り、天に、困難を乗り越える力を与え給えと祈るのみである。

今年も卒業式は写真撮影の係だった。

卒業生たちの勇姿は、記録にとどめたつもりである。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11290354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ