2021年12月08日

授業評価

二学期の授業評価の結果が発表された。
昨今は、若手の先生たちが高評価になっている。
とてもいい傾向だ。

若い手の先生たちが、生徒から信頼され、高い評価になるのは、とても素晴らしいことだと思う。
こうなれば、学校はますます発展してゆくしかない。

一方で、いよいよ私たち年配の引退の時期が近づいているのだろう。

世の中はこうして代替わりをしていくのだ。

「〇〇先生の授業が楽しい」、というスタイルは、学校としては必要不可欠なことだ。
学びの楽しさを教え、学力をつけさせ、かつ、人間性を高めるべく人格教育も行う。

これが学校の大きな仕事だ。

生徒たちによる教員への評価も、昨今は珍しくなくなった。
教師が「お山の大将」であることが許されなくなったのだろう。
また、「尊敬される存在」であることも、とても薄らいでしまったのだろう。

一部の親たちから見れば、子どもは人質。
不安があっても、ストレートにはぶつけにくい。
一方で、理不尽な要求も、当たり前のように言える世相でもある。

生徒たちだって、好き勝手に教員を批判できる。

だが、本質はそこではない。
常に学び続け、最善を求め続ける教員のその努力を、生徒たちは感じることができる。
そこに、畏敬の念が生まれ、学ぶ側としての立場を改めて自覚し、教員に従う。
このサイクルが、師弟関係を築き、教育効果を高めるのだ。

だから単に「人気取り」の教員は、いつしかそのメッキがはがれ、信頼を失っていく。
信頼を失った教員は、生徒への指導はできなくなる。

やはり大切なことは、「努力に努力を重ねる」教員の真摯な姿勢だろう。

その意味では、こうした授業評価は、ある程度の精度で指標になる。
頑張れ! 若手の先生たち!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11153050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ