2021年10月29日

冬山登山

中1の遠足で近隣の山に登ったのだが、今日は冬山登山になってしまった。

ここ数日は温度が高く、冷え込みが少なかったのだが、今朝は山では強風になった。
気温は氷点下ではないが、風速は20m以上。
私は、「どうするつもりかな…」と思ったが、学年主任の英断により実施することになった。聞けば、危険があったら、引き返そうの思っての決断らしい…。

この時期、半袖で登れる時もあるので、服装が難しいのだ。

バスで山に近づくにつれ、山は雲の中に入った。
そこに強風が吹く。
雪はほとんどないが、強風で岩についた霧氷が飛んで来る。
「何か痛いな…」、と思ったら氷だった。
降雪はなかったのが不幸中の幸い。

それでも、油断すると体を風に持って行かれる…。

マスクは風でゴムが伸びる。
普通なら三十分ほどで登れる山も、途中で全員で休息。
安全と、体力を確認し、再び登頂を目指す。

「ここまでくれば7割は登ったようなもの…。」
と、主任が生徒たちを励ます。

過酷な環境下で、生徒たちは緊張している。
だが、その緊張が必死さになり、普段よりまして力が増す。

山頂についたときも、強風は続き長居はできなかった。
雄大な景色はのぞめず、霧の中。

山を下り始めて中腹に来た頃、空が晴れた。

下界の雄大な姿が見えた。

「こんな景色だったんだ…。」
と感動した生徒たちは、さらに興奮状態。
アドレナリンマックスの彼等は、歌を歌い出す生徒もいた。

すごい経験だった。

苦しみの中に生まれた、新しい喜びの体験になった。

バスの中は、一瞬で静かになった。
皆、安心しきった顔で寝ていた。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11075127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ