検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2020年12月15日

太陽光に補助金が!

こんにちは、アントレです〜!

先日ご案内したジャプラス向け団信型保険ですが、早速契約まで頂いた方がいらっしゃいます。
太陽光向けローン2口分となります。ありがとうございます。引き続き頑張ります。

さて、今日の日経に気になる記事がありましたのでUPします。

F49CF968-462C-4A40-A413-6AEFBF0EB917.jpeg
太陽光発電導入
費用値下げ促す
環境省、来年度に補助金

ほほぅ。今まで太陽光向けの補助金はいくつかあったんですが、基本的には家庭用や自家消費向けのお話がメインでして、事業用は蚊帳の外、という感じでございました。

今回の補助金も詳細が見えてこないのでまだわからないんですが、記事によると、

「駐車場の屋根上のようなスペースを有効活用し、導入費用が国の基準を下回る新設事例を対象」

と書いてあります。

コレは一体どうとらえたらいいんでしょうかね。

屋根上オンリー?野立ても入るの?

なんとなーく、事業用が対象になる感じがしますね。

ヒジョーに気になる今日この頃でございますw

で、補助金の額が具体的に書いてました。

@計画策定費用 →1千万を上限に3/4まで
A設備費用   →1/3まで

また、条件として、

「経産省が示す太陽光発電設備の最新の基準価格を下回ること」

となっており、例えばキロワットあたり21万円前後になろうかと思います。

この、キロワットあたり、というのが曲者でして、経産省は太陽光設備のキロワット単価をパワコンの数値で捉えているようです(諸外国はパネルの数値)。となると、PCS50kW未満の低圧ですと、設備代が1000万程度にならないとイケませんね。業者によってはちょっときついかなぁ。

それと、計画策定費用って一体何なんだろう。。。農転や負担金の費用なのかしら????

というコトで、野立て太陽光が対象になるのか、ならないのか、計画策定費用って一体なんぞや?っと、大いに気になるところですが、設備代の1/3もの補助金が出るとなると、利回りへのインパクト絶大ですので、引き続き要チェックですね〜!

ガンガン行きましょう〜!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
UATはココ
大好評のUAT3はココ
融資コンサルタントはココ
太陽光融資希望の方はココ
日本ノマド倶楽部はココ

※編集後記※
本件、詳細次第ですが、なおさら以下の、

ゲリラ戦の戦い方!


につき、Non-Fitゲリラはある程度様子を見て進めていく必要があろうかと思います。
参考までに今後の主なスケジュールを列挙しておきます。

■2021年4月 グリーン投資減税復活(蓄電池が対象に!)
■2021年4月 太陽光設備代の1/3が補助金適用になる可能性アリ
■2021年8月 第一種農地が農転可能に
■2022年1月 RE100企業等による再エネ買取活発化


サスガ主力電源!引き続きガンガンお願いします〜!
この記事へのコメント
osaruさん、コメントありがとうございます〜!そうなる気もしましたが、「経産省が示す太陽光発電設備の最新の基準価格を下回ること」という条件がありますので、大丈夫だと思いますよ!経産省も考えてますねぇ
Posted by アントレ at 2020年12月17日 17:15
NakaGさん、コメントありがとうございます〜!なるほどですね〜!特にNon-Fitだと事前計画にイロイロコスト掛かりそうですからね!楽しみな時代になってきましたね!
Posted by アントレ at 2020年12月17日 17:12
補助金出ても、結局FITと同様、業者が売れる利回りに価格を合わせて販売。
もうかるのは業者だけになりそうな気が。
Posted by osaru at 2020年12月16日 08:01
「計画策定費用」は、補助金で言うところの「ソフト事業」ってヤツかと
導入計画策定や、フィージビリティスタディ的な

導入のハード事業より補助率高いことが多いので

時代追いついてきましたね。
Posted by NakaG at 2020年12月16日 01:08
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10409851
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック