検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年11月03日

再エネ普及へ電力会社が壁にw

おはようございます、アントレです〜!

今日もお天気最高〜!!気温も低いので太陽光発電所にとってはまさに秋の収穫期、ですねw

さて、今日の日経新聞より、気になる記事をUPします。
DSC_2357.jpg

再エネ普及へ電力会社が壁に
気が付けば後進国
低い買取目標、高コストを嫌う

まあ、タイトルを読めばどんな内容か容易に想像できちゃう記事ですねw
本ブログでも指摘してきておりますが、今ですら、旧態依然が爆発している電力会社(ここをクリック)ですから、一昔前などは、ウルトラスーパーイケてない状況であったことは手に取るように分かります。

記事によると、日本では2012年施行のFITの前にRPS(再エネ電力を電力会社が強制的に買い取る法制度)が2003年からあったそうですが、電力会社の猛反発に合い、結果として電力販売量の1.35%程度しか買い取られなかったそうですw

更に歴史を紐解くと、日本では世界に先駆けて1994年に住宅用太陽光の補助金制度がスタートし、太陽光発電の普及が進み、シャープや三洋、京セラなどが世界シェアの上位を占めていたとのことでしたw

つまり日本は世界の太陽光業界のトップランナーだったんですよねぇ

実は日本のこうした動きを受けて、欧州各国は再エネシフトに政策転換したり、FITを導入したりして、日本を手本に進めてきた背景があるとの事w

な、なるほどぉ

それが今ではすっかり逆転されてしまい、日本企業のパネルシェアは大きく減退。欧州を手本に日本が進めている、という状況になってますねw

コノ、電力会社という生き物は一体何なんでしょうかね。

決算資料を調べていた気が付いたんですが、ほとんどの電力会社は、原子力と火力、水力の発電事業部はあるんですが、何故か再エネ事業部や太陽光発電事業部が無いんですよw

一体何故なんでしょうか??

エネルギー基本計画に、明確に主力電源として謳われた、再生可能エネルギーについて、その事業部すら設立していない大手電力会社。自動車会社で言うと、ガソリンエンジン一本勝負で、頑なにEV部門すら作らず、化石燃料にこだわり続けるという感じでしょうかね。そんなことしたら秒速で淘汰されちゃいますが、トヨタも日産もマツダも三菱も、協調してみーんなEVを作ろうとしなければそーなっちゃうんでしょうかね。でも、あっという間に外資に駆逐されちゃいますよ。普通はw

建設的な株主提案も強烈な勢いで全否決w

コンナノ、いわゆる上場企業として、ありえるんでしょうか?

もはや常人では理解できない状況です。

ただまあ、答えは明確で、簡単に言うと電力会社=原子力ムラのムラビト集団、ということですねw

ムラビトにとって再エネは敵ですから。事業部を作るなどという発想はイチミリも無いはずですw

それと、記事には書いてませんが、電力会社を盾にして、裏でウゴメイテいるムラビトたちが、時の政権与党に交じってたりします。マスコミ各社にはこの辺りも是非解明して報道してもらいたいものですねw

ということで、我々が出来るささやかな抵抗としては、まずは家庭の電気を新電力に切替える(ここをクリック)くらいなんですが、この先は、この隠蔽・改竄・忖度・癒着が常態化している長期政権をどうしていくかを真剣に考えて行かねばなりませんね。

例えばソフトバンクがドコモと戦ってきたように、民間から新電力会社が出てきて、席巻してくれたりすると面白いんですが、送電網を抑えられてるから、中々厳しいですねぇw

JRの民営化は割と上手くいった気がするんですが、何とかなりませんかね、電力業界w

皆さん、立ち上がりましょう〜!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

※編集後記※
先日、タイナビで有名な某太陽光業者さんとの呑み会に行ってきました。
案件不足がハンパない状況のようですw
個人向け販売も限界が見え始めて来ている気がしますw

やはり時代はB2Bですねw
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8261630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック