検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年10月03日

経産省に行ってきた!B

おはようございます、アントレです〜!
今日はあいにくの曇天ですが、張り切っていきましょう〜!

さて、経産省シリーズの第3弾ですw
今回からは、メインの内容でして、資料の内容や会議の模様をアントレ視点で解説してみたいと思います。

まずは資料からw

国内外の再生可能エネルギーの現状と 今年度の調達価格等算定委員会の論点案

60ページあります。気になった部分をいくつかw

資料.png
一番下の所に仕込まれてます→「右矢印1 2020年度末までにFIT法の抜本見直し」
このブログでも以前言及しましたが、単価もそうですし、低圧のジャンルもそうですし、サラリーマンを中心とした低圧太陽光バブルも持っても、2020年度末まで、ということになりそうですねw その後は事業者によるメガや家庭用が中心になっていく、とアントレは見ていますw

北海道の停電の話が出て来ましたw
資料2.png

ポイントはこの資料ですね。再エネの接続復帰経緯がまとまってますw
資料3.png
資料をよーく見ると、低圧太陽光と蓄電池付き風力から復帰しています。続いて蓄電池付き特別高圧太陽光が復帰し、最終的に蓄電池無しの風力や高圧太陽光が復帰していったという経緯だったようです。ほほう。どうやら低圧太陽光は大勢への影響が小さいので優先的に復帰した様ですね。それと、北海道は蓄電池の導入が盛んと聞いてます(太陽光のメガクラスは蓄電池付きでないと接続できない)ので、蓄電池もかなりパワーを発揮した様です。なるほどぉ。

次に、再エネの出力と需要の推移ですw
資料4.png
コレも良ーく見ないと分らないのですが、上にある紫の線が電力需要の曲線です。で、下の方の山みたいなやつが再エネの発電量で、上下に伸びている赤の矢印に注目なのですが、要は、需要のピーク時に再エネの発電ピークは終わってしまっている。という部分が問題ですね。ということです。確かにコレは分かりやすい図ですね。再エネチームはこの部分を蓄電池ソリューションでカバーしていく、というのが理想のようです。簡単な話ではないですがw

次、家庭用太陽光の稼働についてです。
資料5.png
コレを見ちゃうと、やはり家庭用の太陽光はもっともっと推進しないとまずいなぁ。災害の多い日本にとってはマストアイテムではないでしょうか。マンションなどにも必須にしたいところですよね。右下の声も面白いですね。特に、蓄電機能付きPVユーザーの「停電であることに気づかなかった。」は、実は凄いコメントです。北海道中テンヤワンヤだったのに、停電であることに気が付かなかったとは、物凄いお話ですねw

そして最後に蓄電池のお話ですw
資料6.png
蓄電池付きのビルや発電所が大活躍した、ということですね。やっぱりそうかぁ。この蓄電池ですが、既存の発電所に対して、蓄電池の導入に限り、後から増設を認める、とか、新規に蓄電池を購入する場合、一括償却可能とか、30%の補助金が出るとか、そー言った政策を作りませんか?安倍さん、セコーさんw

ということで、長くなってしまったので一旦切りますw

このシリーズ。一体いつまでやるんでしょうか、という、漫然とした不安が沸いてきましたが(笑)、もうしばらくお付き合いのほど、ヨロシクお願いします〜

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8160792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック