2019年10月28日

鍵の交換

借りているグランドの管理棟の鍵が壊れたので、午前中は役場に交換に出掛けた。
土曜日の練習時に、中1が、
「丹澤先生、鍵が抜けません。」
と言うので、そっと鍵を抜いたら、やや変形していた。
その日の練習後、鍵をかけようとしたら、折れてしまったらしい。
キャプテンが申し訳なさそうな顔をして、
「鍵が折れてしまいました…。」
と来た。

確か昨年も折れたことがあり、翌日の試合を控え、慌てて役場の夜間受付に電話したことがある。
さすがに毎日使っていると、劣化するし、細い鍵なので、壊れやすいようだ。

最初に支所に行き、役場に連絡を入れておいてくれたので、役場ではスムーズに交換することができた。

以前は結構責められたが、今回は何事もなく終わった。

町から借りている施設だが、毎日使っていると注意する気持ちが少なくなっていくものだ。

「今日は午前中、役場に行ってくるから…。」
と部員たちに言うと、2年生は状況を把握してか、「よろしくお願いします」、と返ってきた。

言ってみれば教師は叱られ役。
生徒のしでかしたことは、教師が謝り、
親から苦情が来れば、教師が謝る。

昔から、「学校は何をやっているんだ」、と言われ続けたが、昨今は、「先生は何をしているんだ」、という形になりつつある。

本来謝り役のはずだった校長から、担任やら担当教師に下りてきている感じだ。

今日は、部の練習を休みにした。
来週にも練習試合が控えているが、このところ負荷がかかっているから少し休ませようという配慮だ。
明日は雨の予報で、練習ができなくなるかも知れないが、それでもいい。

練習はモチベーションが高まったときにこそ効果をあげる。

夕方、愛犬を連れてお世話になっている犬舎を訪ねた。
頼んでおいた豚の骨を取りに行ったのである。

犬舎のご主人と犬談義をするのはとても楽しい。

私もいつかは、動物取り扱い責任者の資格をとって、自分の犬舎の仲間入りをしてみたい、と思う。

学校に戻ると生徒が駆け寄ってきた。

「丹澤先生、怒られましたか?」

「いや、大丈夫だったよ。」
と、私はほくそ笑む…。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9368092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ