マンション購入記【番外編】:基本料を無料の固定電話を設置する方法

■引っ越し後の固定電話をどうするか
引っ越しにあたり、現在固定電話として使用しているIPフォンの処遇が問題となりました。そもそも固定電話が必要かという話がありますが、家族全員がスマホを持っているわけではないとか、わずかながらFAXを使用する可能性があるとか、役所等への申請時に固定電話の記述をどうするかといった課題があり、引き続き保持することにしました。
しかしながら、現在NTT-MEのピアルフォンIIというインターネットルーターにVoIP機能がセットになった組み合わせで使用しており、現在の契約を維持することができません。
また、引っ越し先のマンションでIP電話が使用できることは確認が取れたのですが、
・レンタルVoIPアダプタ代
・IP電話基本使用料
が追加で1,000円/月程度発生します。ピアルフォンIIはVoIPアダプタは不要だっただけに、固定電話に追加で費用が発生することは納得できないものがあります。
そこで、Webで検索していたところ同じことを考えている人がいるんですね。
スマホで使用しているIP電話を固定電話として使用する方法が存在していることがわかりました。

■ブラステル 050 Free + HT801 で基本料金を無料にする
スマホで使用する050電話を固定電話として使用する方法として、
・楽天電話のSmartTalk
・ブラステルの050 Free
の2つがあることがわかりました。いずれも月額使用料が不要なので、格安SIMと組み合わせて敢えて音声契約しないで使用したことがあります。
SmartTalkは契約済みだったのでそのまま使おうかと思ったのですが、実はブラステルのほうが通話料が安価であることが発覚しました。よって、今回はブラステルで設定を行います。
<参考>
ブラステル 固定電話宛 8.4円/3分、携帯宛 14.58円/分
SmartTalk 固定電話宛 8.4円/30秒、携帯宛 8.4円/30秒
※いずれも月額基本料は無料

次に、スマホ向けのこのサービスを固定電話に接続するためにはVoIPアダプタが必要となります。ネットで検索すると、Grandstream HT801というVoIPアダプタが実績があることがわかりましたのでこれを調達します。Amazonで6,800円でした。楽天やヤフーでも買えます。
舶来品ですが、国内に電話をかける方法も特に変わりません。(+81を付けるとかそういった面倒さはない)
HT801_05.jpg

■ブラステル 050Freeの登録から利用開始までのざっくりとした手順
1.ブラステルカードを入手する コンビニに置いてあるらしいが、オンラインカード(Webで契約する方法)があるので基本的には不要。オンラインカードの場合でも後で記名されたプラスチックのカードを送ってもらうことも可能。私の場合、物理カードがあっても保管が面倒なので発行は不要としました。
オンラインカードの場合、最低チャージ額が2,000円。コンビニに置かれているカードがある場合は500円からチャージ可能。
2.050Freeをスマホにインストール
3.050Freeを起動し、オンラインカード発行時に取得したアクセスコード(8桁+4桁)でログインする。最後の4桁がPINナンバーとなる。
4.ブラステルカードに記載されているアクセスコード(8桁+4桁)を使ってマイアカウントへ進む
5.050の番号を取得する
6.「050-6868-0000」でテストコールして、利用開始!
HT801_04.jpg


次にHT801を接続します。購入直後はDHCPでIPアドレスを取得する方式になっているので、おもむろにつなぐことができます。接続方法はこんな感じになります。
(インターネット)−(ルーター)−(HT801)−(固定電話)

HT801の設定手順>
詳細は、wertさんの自己満 備忘録を参照して設定しました。ブログはHT701ですが、設定項目はほぼ同じです。
http://blog.jikoman.jp/2014/03/fusion-brastel-koteidenwa.html

[BASIC SETTINGS]での項目設定してApplyボタン
Time Zone → GMT+9:00 (Japan,Korea, Yakutsk)
[ADVANCED SETTINGS] での項目を設定してApplyボタン
NTP Server → ntp.nict.jp
[FXS PORT] での項目を設定してApplyボタン
Account Active → Yesになっていることを確認
Primary SIP Server → softphone.spc.brastel.ne.jp(ブラステルのSIPアカウントに表示されていたものをコピペ)
NAT Traversal → Keep-Alive
SIP User ID → ブラステルのSIPアカウントに表示されていたユーザーID(8桁の数字)
Authenticate Password → ブラステルのSIPアカウントに表示されていたパスワード(初期設定では8桁の英数字)
SLIC Setting → JAPAN CO
Caller ID Scheme → NTT Japan
<参考>HT801の設定マニュアル(日本語版)

一応、これでOKのはずですが、私の環境だと着信はできても、発信ができないことがわかりました。STATUSの画面を確認してみても、Registeredになっていました。
電話をかけるとコール音はしているので動作していることはわかるのですが、発信先に着信しません。
HT801_01.jpg


<対策1>
・NAT Traversalの設定を以下のようにSTUNに変更する方法
(出所はAmazonのHT701のレビュー
[ADVANCED SETTINGS]
STUN server is → stun.l.google.com:19302
[FXS PORT]
NAT Traversal → STUN
Use Random SIP Port → Yes
Use Random RTP Port → Yes

この方法では解決しませんでした。受話器を上げて番号をプッシュしてもコール音がしない場合の対策としては有効らしいです。

<対策2>
ファームウェアアップデート
・本体設定の初期化
・SIPアカウントパスワードリセット
この3コンボです。対策1のSTUNの変更に手を加えず、発信ができるようになりました。
発信音が出るのにかからなかった時との違いは、固定電話から発信時に050Freeを使用しているときと同様に「ブラステルをご利用ありがとうございます。あと何分ご利用いただけます。」というメッセージが聞こえるようになりました。SIPサーバにきちんと接続できていなかったのかもしれません。(**(アスタリスク2回)押すとアナウンスを飛ばすことができる)

若干、苦労しましたがこれで固定電話を月額基本使用料なしで設置することができました。

<参考>HT801の設定マニュアル(日本語版)
https://www.clocoinc.com/cloco/wp-content/uploads/2017/08/HT_801-Ver1.0.0.pdf
【マンションの最新記事】

マンション購入記1:マンションの住み替えで一番の課題は売却

マンションの住み替えで一番の課題は売却
■そうだ引っ越ししよう
そろそろ、自宅としてマンションを購入してから10年が経過し、手狭になってきたので引っ越すことにしました。
新しい家を決めることは自分自身の意思で何とでもなるのですが、問題は売却のほうです。こればかりは自分の介入する余地は少なく、相手の意思に任せるしかないからです。
購入より売却のほうが難易度が高いですね。当然ですが、住宅ローンを使って購入しているため、売却しない限りは2重ローンになりますし、管理費や電気代他が毎月使用していないのに積みあがってきます。

・今回売却する自宅の概要:首都圏近郊、JRの駅から徒歩5分、築約16年、大規模修繕工事1回済
※写真はイメージ
Mansion_01.jpg
Mansion_04.jpg

<Tips1>
・売却前の自宅の電気・ガス・水道:内覧があるため、不動産会社からガス・水道は止めても電気は止めないようにとの助言を受けました。わずかながらの節約方法として、ブレーカーの容量を下げておくというテクニックがあります。50A→30Aに下げると500円/月くらい基本料金が安価になります。賃貸物件の場合は、不動産管理会社が空白期間の電気を契約する可能性がありますが、売却の場合は売り主責任になります。
また、電力計がこれまでのアナログメーターであればブレーカーを上げれば勝手に電気が流れてしまいましたが、現在はスマートメーターに切り替えが進んでいるため、スマートメーターの場合は電力会社によってリモートで切断されてしまいますのでインチキはできないです。もちろん、アナログメーターでも計量はされているのでインチキはできませんが、次の入居者にしれっと内覧時の電気代が請求されているということもゼロではないようです。


■販売価格をどうするか
販売価格は自分で好きに決めることが可能です。自宅なので高く設定しようが、激安だろうが本人次第だからです。
とはいえ、普通はなるべく高く売りたいですよね。そこで、一般には不動産会社に自宅を査定してもらいます。大抵、近隣の同種の物件価格を参考に査定価格が試算され、そこから売却想定額が、幅を持って3つの組み合わせで提示されます。
Mansion_03.jpg
Mansion_02.jpg

私の場合は2社から査定を取りました。※価格はイメージです

<A社:建築系不動産会社>
査定額:3,077万円
売出「上限」価格:3,180万円
売出「推奨」価格:3,080万円
「成約可能」価格:2,980万円

<B社:仲介専門不動産会社>
査定額:3,250万円
売出「上限」価格:3,350万円
売出「推奨」価格:3,250万円
「成約可能」価格:3,150万円

不動産会社としてのイメージは「推奨」価格で売り出し広告を出し、値引きが入って、落としどころとして「成約」価格になるということでした。「上限」とは、広告を出した際に買い手から問い合わせが入りそうな価格の「上限」という意味とのこと。これ以上の価格を設定することは自由ですが、売れにくいですよという警告ラインでもあるようです。
ではこの2つの査定額の読み取り方ですが、
・価格差は200万円近くあることから、最低でも2社取得することに意味はあった
・B社のほうが高く売る自信がある
・2社のうちいずれが本当の「推奨」価格かは自分で見極めが必要
といえます。自宅の査定でコンペをしているとは両社に伝えていないので、他社を出し抜く高めの価格設定は行われていないと思います。
また、A社は新築に強い建築系不動産会社でしたので、B社のほうが物件売却に強みがあったため価格が上振れた可能性もあります。ただし、B社の価格の目論見が外していた場合、A社の「上限」価格を超えてしまうため、問い合わせが入らないというリスクがあります。
では、いずれの会社と媒介契約(自宅を売ってもらう契約)を結んだかというと、B社を選定しました。理由は高く査定したからというだけではなく、
・仲介専門なので集客や顧客対応に知見がありそうなこと
・同じマンションで近い条件の物件が売り出されたがB社の上限値以上の設定であったこと
この2点からB社のほうが高く、早く売却してもらえると考えての決定です。
そして、売り出し価格は「上限」の3,350万円としました。
当初、自宅売却の価格想定としてはA社の査定に近かったのですが、ここ1,2年で不動産価格アップの波を受けていることがB社の査定から感じられました。もう1つは、類似物件の強気の価格設定です。「上限」以上の価格で設定している物件が近くで出ている以上、売り急いでいるなどの理由がないのであれば敢えて下げる必要はないと判断しました。
さて、これでどの程度引き合いをいただけるのかが楽しみです。
<第2回へ続く>

REITなんて買わない!?

今回は逆説ネタですが、「それでもREITを買わない「3つの理由」」というブログを資産デザイン研究所代表の内藤忍さんが書かれていたため、REIT好きとして反論できるか考えてみたいと思います。

わたくしは、過去にこのブログではJ-REITの買い時やおすすめの銘柄を記載したこともあるくらい、有用な商品だと思っています。実際実物の不動産にも投資を行っているという視点からもJ-REITは不動産への異なる投資方法として有益だと思っています。
そのような価値観を持っているため、内藤忍さんのような有名人に「買わない理由」と書かれてしまうと、そこに納得性があるのか自問自答してみたくなりました。
REIT20180815.jpg

■内藤忍さんのREITを保有しようと思わない3つの理由

><理由1> いつも買わなければならない
>REITは入ってきた資金は現金として待機させることなく、その時点でベターな物件に
>投資していきます。割高だから、しばらく待つということができません。

この考えは一理あります。仮に、買い付けを行わないJ-REITがあったら、さっさと上場廃止してほしいです。
なぜか。それは素人的に「割高」だと考えたとしてもそれは単に過去の推移から高いというだけで、今後その価格以下になることがない物件かもしれません。また、REITは利回り商品であるため、賃料と物件価格の下落のバランスがとれていればやはり買い付は意味があります。
仮に、サラリーマン大家の立場として、「今期は経費を積みたいな」と考えた場合には相場が割高だからというだけで見送ったら、事実上、投資しなかった分だけ機械ロスをしていることになります。要は、相場に応じてどのような物件を買い付けるかになると思います。

><理由2> 実はそれほど高利回りではない
>REITは投資家の資金だけで不動産投資しているのではなく、REIT自体が金融機関から
>借入しています。2倍程度のレバレッジがかかっており、1000万円購入すると、
>ほぼ同額借入して、2000万円の投資をするようなイメージです。
>それにしては3%台のリターンは、現物不動産と比較して決して高いとはいえません。

理由1よりもレベルは下がりますが、一理あります。ただし、「3%台のリターン」に該当するのは相当な優良物件を抱えたJ-REITのみです。インヴィンシブル投資法人(8963)なんかは約7%(2018/8/15)の利回りがあります。次に、J-REITは管理費などの手数料を引いた後の利回りなので、それほど「高利回りではない」代わりに、費用負担が明確であること、上場商品であるため収支の透明性や、流動性が高いことが挙げられます。私募投信なんて、契約行為が面倒ですし、収支も本当のところはグレーゾーンです。これらをすべて含んだうえでの利回りが提示されているとの認識です。

><理由3> 税メリットが小さい
>確かに、REITには、NISAやイデコの活用による税制優遇があります。しかし、
>相続税に関しては、REITは時価の100%が課税対象ですか、実物不動産なら、
>課税対象額を圧縮できます。

これは完全に意味不明です。自分自身でもブログで「REITと実物不動産は別物」と記載しているくらいですから、現物投資であれば課税の圧縮の話をしても無意味です。たぶん、わざとあいまいに書いていませんが、現物不動産投資の最大のメリットは減価償却費の計上のことですね。サラリーマン大家であれば給与または他の収益物件と経費を相殺させることができます。
ですが、商品が別物ですので、ここに記載されている通り、
・REITはNISAやiDECOなどの税制優遇処置がある
・REITの分配金及び譲渡益は約20%税率でありそれ以上にはアップしない(分離課税)
となりますので、不動産投資の1つの形として認めるべきだと考えます。

>お金を借りる力のある人、あるいはシニアでまとまった現金・預金を持っている人
>には、REITよりも都心中古ワンルームへの投資が断然優れています。
>お金を借りれれば、頭金10万円で投資できますし、キャッシュのある人は現金購入
>すれば良いのです。
>私自身、現物不動産投資を始めてから、REITは全て売却してしまいました。
>家族や大切な友人にも、都心中古ワンルームへの投資を説いています。

最後にこのように締めくくっていますが、別の商品なのに中古ワンルームマンションとJ-REITを比較する意味はありません。それぞれにメリットがあります。
そのあとで自分の書籍を紹介しているところを見ると、「単に本を売りたいがための釣り広告」として読むのが正しいのかと思いました。

J-REITが投資商品として検討する価値があるか考える良い機会をいただけたとありがたく読みました。

インヴィンシブル投資法人(8963)の増資による下落で7%利回り

■分配金利回り7%Overが普通に売っている
インヴィンシブル投資法人が7/17に2期ぶりの公募増資が行われた。これにより発行後の投資口数は20%増の5,748,181口となる予定。
併せて発表したないよいうによると、新たに国内のホテル4物件と、SPCを通じて海外のホテルを取得する。
8/3現在の投資口価格は48,000円で、単純計算の分配金利回りは7.01%(第31期の分配金1,683円x2 / 48,000円)となり全REAT中トップレベルの利回りとなる。仮に、公募増資直後のため、取得税などの費用のカウントが1期ずれたとして考えて、巡行配当金を第29期の1,564円をベースとしたとしても6.51%である。これでもまだ配当金利回り全REATトップ5以内であることは確実といえる。

増資によってREATの規模が大きくなり、収益性が安定することはよいことである。しかも、今回は配当金もアップできる物件を追加獲得している。それにもかかわらず投資口価格が下落するということはどういう要因か。
どうも、BlogやYahoo掲示板を見ると、新たに取得した海外のホテルが何者かわからないということが不信感を招いているらしい。対象となるホテルは租税回避地で有名な、ケイマン諸島グランドケイマン島にあるリゾートホテル2物件。
「俺たちの金を変なところに投資しやがって」といったようなコメントが見受けられたが、では、1件1件の投資目論見書に載っているホテルとビルについてどの程度理解できているのかと聞いてみたい。

仮に、このような投資口案件が出ていたらどのように判断するだろうか。
・募集会社はソフトバンクと投資子会社のフォートレス・インベストメント・グループ
・ケイマン諸島のホテル
・利回りは9.2%
・運用報告は半年に1回監査付きで行う
・小口販売で1口5万円。販売手数料は100円/口
さていかがでしょうか。
10万円くらいなら買ってもよいとか思いませんか。これでどこの誰が売っているかわからないという話であれば近寄りたくないですが、上場商品で、売買が自由にできる流動性があります。
ある程度きちっと目利きをしてくれるなら、素人としては何でもよいのが本音ではないでしょうか。
R_INV_20180805.jpg

■分配金利回りの落とし穴
とりあえず買っとけば、では乱暴なので分配金利回りだけを注目した場合の落とし穴について確認しておきたい。
これは純粋に「減配による投資口価格の変動(=下落)リスク」に尽きる。
仮にインヴィンシブル投資法人の分配金が30期並みの1,450円で7%を維持するためには、
・1,450x2/0.07=41,428円
となります。8/3の価格から約▲6,500円となり、約▲13.5%です。
この下落を分配金で回収するためには2年半かかります。
個人的な記憶で、過去最悪だったのは
・いちごホテルリート投資法人(3463)
で、2016年9月に公募増資を行い、一般向けには約151,000円,第3者割当で149,068円でした。その際の下落はすさまじく、
【公募増資発表前】(6/30参考)179,000円
【公募増資発表時】(7/26参考)150,800円
【公募増資発表後】(8/5参考)162,400円
【第3者割当時】(9/2参考)132,100円・・・利回り4,19%
【公募増資後最安値】(2017/4/14参考)104,500円・・・利回り5.84%
【直近】(8/3参考)139,900円・・・利回り4.67%(注:当期の売却益を無視した場合)
公募増資時の下落した市場価格を約15.1万円としてもさらにその後約30%下落しています。分配金はその後平均して約3,000円なので、下落分の▲46,000円を取り戻すためには、
・46,000円 / 3,000円 = 15.33
となり「7年半」の塩漬けが必要となりました。ただ、2018/8/3終値の価格からすると、
・約2年の分配金
にて投資口価格に到達します。
以上の計算式からおおむね「2年半の塩漬けに耐えきれるか」を許容できるのであれば、公募増資後のREITを買ってもよい言うことになります。
今回のインヴィンシブル投資法人については、最初から分配金利回りがリスク込みに近いところまで上昇しているのでその点でもGoでよいかなと判断します。
しかし、、、、いちごホテルは最悪だったな。公募増資時に価格を吊り上げていたのではないかと疑いたくなるような内容でした。
お決まりですが、最後に投資のご判断は皆さまにお任せします!

久しぶりに購入「第37回SBI債」0.48%

久しぶりに購入しました。SBI債。
発行自体も久しぶりながら、わたくし自身が購入するのも久々です。

【商品情報】
商品名: SBIホールディングス株式会社 2020/7/20満期 円建社債(第37回SBI債)
発行体格付:BBB(R&I)
期間:約2年
利率:年0.48%(税引前)/年0.382%(税引後)
申し込み単位:額面10万円以上、10万円単位
申し込み期間(予定):7/9(月)12:00 〜 7/19(木)14:00

以前と違って1年ではなく、「2年満期」であることに留意して購入してください。
過去のSBI債が満期になって債権の手持ちが減ったこととが購入に踏み切った理由です。
これがベストとは思えないので気持ち程度の購入です。
間違っても、銀行の定期預金と同列に考えてはいけないですね。あくまでSBI社が発行している社債で、格付けも高格付けとは言えないです。
それでも、ポートフォリオとして持っておくには良いと思います。

早期売り切れもあるかなと思っていたのですが、意外に皆さん慎重ですね。
7/9 12:00に発売されましたが、24:00の段階で普通に売れ残っています。
一応、表示が「残りわずか」となりましたがまだ買えますね。




スマホで有名なシャオミ(小米010810)がついにIPO

このブログでも何回かスマホの製品レビューを行ってきたシャオミが、7/9(月)、香港取引所に上場しました。香港市場で今年最大のIPOとして注目されている小米(シャオミ)科技(Beijing Xiaomi Technology Co., Ltd)ですが、なんとIPOの価格は下限値の17HKDで決まりました。
本日の値動きは、
初値:16.6HKD
終値:16.8HKD
という振るわない結果に。
fig_agency.png
<初日のチャート:出所 中国株投資サイト 二季報Web>

要因としては、シャオミの成長に対して評価が割れていることと、米国の中国への関税引き上げ問題でハードウェア製品を取り扱う企業はネガティブ要素の中といったところでしょうか。
私はIPOのエントリはしていなかったので、本日初値で購入しました。
買おうと思っていた身としては、適切な価格で買えてよかったです。もしもうちょっと下がるようなら追加で買いたいくらいです。

同社は、中国市場において主にAndroidスマートフォンの製造・販売を行っているほか、タブレット、ノートPC、スマートテレビ、スマートフォンと連携する空気清浄機、スマート白物家電の製造・販売を手掛けています。
個人的に、同社製品の「高品質低価格」「シンプルなデザイン」に結構惹かれています。所有しているものとしては、
・スマホ(Mi Max,Mi 5s)
・スマートバンド(Mi Band2)
・スマートウォッチ(AMAZFIT Bip)
・ショルダーバッグ
・マウス
です。日本人なのに敢えてネット通販で買ってしまう妙な魅力があります。スマホ企業としてスタートしましたがライフスタイルそのものを提案する企業なので、きっと予想もしない成長があるのではないかと期待しています。
【今期注目の Mi Band3

ひふみ投信から「5まんじゅう」が届きました

■5万円達成記念の抽選イベント
12月8日にひふみ投信の基準価額が5万円を達成記念として、口座所有者に ひふみ5まんじゅうを抽選で500名の方にプレゼントする企画があり、速攻で申し込みました。
・申込〆切日:12月18日17:00
・商品発送日:12月23・24日
という条件でしたが、本日めでたく当選し受け取ることができました。
所有期間もちょうど今年で5まんじゅうと同じ「5年間」になりましたので、タイミングもよく、ちょっとした思い出になりました。
20171223_184320.jpg

20171223_184629.jpg

■ひふみ投信5万円の意味は
5万円という基準価格ですが、投資信託は運用開始時に1万円からスタートすることになっていますので、当初保持していた人がいたとしたら5倍になったことを意味します。
ちょうどリーマンショック後の2008年後半に投資信託が設定されているので現在9年目になると思います。日本株中心の投資信託として5倍というのはちょっとないのではないでしょうか。

日本株の投資信託として、当初最も有名だったさわかみ投信の基準価格は、2017/12/23現在で
27,525円です。
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=71311998
さわかみ投信の設定は1999年8月ですので約20年間運用して、2.7倍で、この値は日経平均のインデックスを単に持ち続けるのよりも若干上回る程度で驚く値ではありません。
ひふみ投信は、さらに2倍の5万円まで到達していることに驚きを感じますし、運用のプロとしての本気度を感じさせられます。

カンブリア宮殿で放映されたおかげでかなり所有者が増えていますので運用の仕方がどんどんむつかしくなっているのではないかと思いますが、成績を維持してほしいです

xiaomi smart watchの福袋を買ってみた

先月の11/11にGearbestで行われたセールで福袋もといlucky bagが販売されていました。
当然、それなりの満足度のあるガジェットを狙うなら高い福袋のほうが良いと思い閲覧していたところ、
xiaomi smart watch $49
が目に留まりました。しかも、福袋の中で一番の売れ行きで、在庫が10を切り始めていました。
LuckyBag.jpg

もしや、AMAZFIT sports (通常$100、過去の最安値で$89くらい)なのではないかとドキドキしながらポチッとしてしまいました。最悪、音楽再生機能が無い廉価版のAMAZFIT bipであろうと推測しまし、これならまずは損はないであろうと考えました。

福袋は特価なためか送料別でしたのでもっとも安価な$2くらいのものを指定し、約18日ほど待って到着しました。

さて、御開帳してみると、
AMAZFIT Bipじゃないかー
20171129_221334.jpg
20171129_221426.jpg

とちょっと残念な気持ちになりつつも、福袋と言っても対して値下げしてたわけじゃないよね、と納得することにしました。

ノーマークなスマートウォッチだったのですが、説明を読んでみると、なんと45日間も電池が持つとのこと。
GPSを使ったり、速度計測したりする場合は一時的にフルスロットル稼働しすることで電池が消耗されるように見えましたが、常時使用している際にはほとんど電池をしょうもしないようです。
しかも、apple watchのように画面が消えているのではなく、バックライトのみ消えているだけで液晶は常に表示しています。

期待していなかったですが、これは結構面白いかもしれないです。
しばらく使用してまたレポートを書きます。

イオンゴールドカードのインビテーションが来ない方へのメモ

イオンカードはゴールドカードを取得するために必ずインビテーション(カード会社からのご案内)を受け取る必要があります。
今回のメモは、インビテーションを受けずに自分で依頼してゴールドカードを発行してもらったという話です。
AEON_GoldC.jpg

■イオンゴールドカードのおさらい
念のため記述しておきますが、イオンゴールドカードはゴールドカードの中でも珍しい「年会費無料」のカードです。条件付きで無料になるカードはほかにもありますが、無条件で最初から年会費無料なのはイオンカードとエポスカードくらいです。
雑誌のクレジットカード特集においても、最もおすすめのクレジットカードに選ばれたこともあります。
もちろん、年会費有料のゴールドカードと比較するといくらかサービスは低下しますが、それでも、
・イオンラウンジ
・羽田空港ラウンジ(注:羽田の第一中央、第二南のみが対象)
・海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
・国内旅行傷害保険(最高3,000万円)
・ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで)
といったゴールドカードに備わっていそうなサービスは抑えており、無料なら文句をつけるいわれはありません。
正直、イオンゴールドカードそのものにプレミアム感や所有することへの優越感とか、人前でさっと切るとかっこいいカードといったものとはかけ離れていると思います。よって、イオンのヘビーユーザーでなければほかのゴールドカードをお勧めしたいですが、わたくしの場合残念ながら(?)イオンヘビーユーザーなので、かっこよさとか優越感は抜きにして、「これだけイオンに貢献しているのになんでゴールドカードじゃないんだ」という妙な劣等感を持っていました。
いかにもチャラっとしたイオンユーザーがレジでゴールドカードを使用しているのを見ると特にその気持ちは高まっていました。(妬みの領域に達していますね)

■イオンゴールドカードの発行条件
イオンゴールドカードにご招待されるためには、そもそもイオンゴールドカードが存在しているカードの種類を所持している必要があります。他社との提携カードではなく、素のイオンカードが必要だと思ってもらえば間違いないです。
そのうえで、オフィシャルサイトを見ますと、
・直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております
といった記述があります。昨年までこのような記述はなかったので、相当問い合わせがあったのではないかと推測します。
しかしながら、これ以外にもイオン銀行発行のイオンカードセレクトになると条件が追加され、
・イオン銀行に定期預金500万円以上
・イオン銀行に定期預金100万円以上を1年以上継続して預入
・イオン銀行で投資信託を一定の金額購入(100万円以上ならほぼ確実)
・イオン銀行の住宅ローンを契約
・イオン銀行の個人年金保険を契約
といったことが条件ではないかと口コミ的にBlogや掲示板に記載されています。

さて、わたくしの場合ですが、イオンヘビーユーザーなのでゴールドカードのインビテーションを何としてでも受け取ろうと以下の行動をとりました。
・年間100万円以上の決済。→他店舗ではなく「イオン」で100万円以上をノルマに
・100万円以上決済を3年連続で実施
・イオンカードセレクトに切り替え
・定期預金100万円(当初) → かき集めて500万円に増額
・積立定期10万円/月
・投資信託100万円
とりあえず、3つも条件をクリアしているのだから、そろそろインビテーションが来るだろうと3年ほど待ちましたが全く来る気配がありませんでした。特に、定期預金と投資信託のノルマは厳しく、他の銀行口座の預金をかき集めることは当然として、当面の使用する現金もギリギリでやり過ごすという、すでに「修行」状態といえました。

ここまでくると、すでにノーマルのイオンカードを発行してから10年以上経過している身としてはクレームをつけたくなる気分にまでなってきました。

■問い合わせフォームから、「ゴールドカード発行して」
できることはすべてやったという思いから、問い合わせフォームに「ゴールドカード発行してください」と見出しをつけて、上記のようにいかに条件をクリアしているか、ゴールドカードの判定をやり直してもらえないかを記述しました。
すると、数日後にイオンカードから直接電話が来ました。
内容を要約すると、
・イオンゴールドカードはお客様からの申し込みでは発行しておらず、招待制である
・イオンカードとしての回答であり、イオン銀行の判定についてはここでは回答できない
という説明を丁寧に回答いただきました。ここまではカードの案内文にも明記されていますので想定範囲内です。
そこで、(少なくとも)100万円以上利用の条件はクリアしているはずなのでおかしいのではないかと食い下がってみると、
・お客様の利用額は75万円で未達となります
とのこと。しまった、今年はイオングループで使い込めていなかったのか、、、と思い一旦引き下がりました。

電話を切った後で、さて、本当にイオンヘビーユーザーなのに100万円使っていないのか、そもそも今年といってもこの段階ではまだ数か月残っていたので、ゴールドカードの条件の「年間」とはカウントが異なるのではないかという疑問が沸々と湧いてきたため、クレジットカードのMyページから過去の履歴を2年間ダウンロードしてみました。
すると、確かに今年はまだ100万円に達していませんでしたが、12ヶ月ではギリギリクリアしていました。また、2年間でみてみてもやはりクリアしています。
そこで、今度は問い合わせフォームに、明細を確認したところ1年どころか2年連続でクリアしている旨を記述したところ再度電話がありました。
・お客様はゴールドカードの基準をクリアしていますのでこの連絡を持って発行します
とのこと。へ!?これまでの努力は何だったんだと思いつつも、めでたくイオンゴールドカード対象者となりました。

■イオンゴールドカードが発行されない人へのまとめ
・待っていても来ないものは来ない
・定期預金は修行になるので連絡しちゃったほうが早いかも

Google HomeとHome miniの違いとは

Google Homeには竹筒のような標準版と新たに発売されたMiniがあります。ちなみに日本では標準版が10/6で、Miniは10/23です。Miniは標準版の半額以下なので購入しやすいのですが、違いはどこにあるのかGoogle Homeの体験コーナーのあるショップで聞いてみました。
l_kf_homemini_00[1].jpg

※Miniは発売していませんが、10/6より予約受付が始まっています

■スペック的な違いはない
10/8現在ではMiniは国内で購入することはできません。よって店頭に置かれているものはすべてモックです。HomeとHome miniの違いは相当質問されているらしく、説明の開口一番に「HomeとMiniで性能的な違いはありません」と言われてしまいました。
本当に違いがないのであれば、Miniのほうが半額以下なのでねらい目です。しかも、6,000円(税抜)ですから、外しても最悪諦めがつきます。
そもそもGoogle HomeはGoogle アシスタントをスマホ以外の機器で使用できるようにしたと考えれば違が出にくいのは当然といえます。
l_kf_googlehome_04[1].jpg

とはいえ、わざわざ2製品発売しているわけなので敢えて挙げれるとすると、

1.スピーカーが360度全方位再生
 Miniは上方向に向けた小型スピーカ1つのみですが、Home標準版は全方位スピーカで低音が効いた高出力スピーカを搭載。ショップの人は、「音楽を聴くならHomeのほうをおすすめします」とのこと。実際、音楽を流してみると音の広がりを感じさせてくれて結構いい音に聞こえました。
2.タッチセンサーの広さ
 Miniにもタッチセンサーがあり、ボリュームの大小を本体の左右のタッチで調整できますが、Home標準版は天板パネル全体がタッチセンサーになっているのでiPod的な操作で音量調整ができます。基本は音声で操作しますが、タッチセンサーを使ったほうが簡単なものが出てきた場合、差がつくかもしれません。
3.着せ替え
 Miniは購入時に決めた色で、ネットのみ変更などはできませんが、Home標準版はネット部分のみ個別販売されており、きせかえが可能です。1つ3,000円〜4,000円。

といったくらいです。部屋で音楽を聴くことを重視しないのであればMiniで十分な気がしています。ただ、ガジェット好きとしては標準版ですね。今後、拡張性(ソフトウェア追加・修正など)が求められた場合に差が出るような気がしています。
標準版は部屋においてもそれなりにマッチするデザインというのもよく考えられているなと思います。

    >>次へ
プロフィール

タロジロ
給料に加えておいしい副収入がないか探求する日々。株式、不動産、FXとりあえず試してみる。お得なお買い物も資産の有効な使い方。今一番力を入れているのはFX!
リンク集
FXなら
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
株式投資FX不動産