検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2017年07月24日

再エネ vs 原発2

おはようございます、アントレです!

今日はお天気悪い感じですねw

さて、昨日の記事の続きです。

見出しは「再生エネ買い取りに94兆円 2050年度まで累計 国民に重い負担」なのですが、本当に重いんでしょうか?何と比べて重いんでしょうか?

この辺りの言及が全くなく、ただ単に、「重い負担」と言っちゃってます。これじゃあ、説得力ゼロですよね〜。普通に考えて、そもそも重いか軽いかわからんではないですか。

ということで、原発と比べてみたいと思いますw

まず、この94兆円という数字。実は賦課金ではないのです。この記事(ここをクリック)の真ん中に、以下の記載があります。

「石油火力などを代替した部分の発電コストを差し引いた国民の実質負担となる「賦課金」も、50年度に69兆円に達する見込みだ。」

ということで、国民負担は69兆円が正しくて、見出しに書いてある、94兆円は総額の話。つまり盛ってますw

つまり、2050年までの再エネによる国民負担は69兆円である。が正しい理解となります。
(まあ、この69兆円も内訳が無いので、怪しいんですけどねw)

で、原発のコスト試算です。

ちょっと調べたんですが、これまた複雑な感じになっていて(敢えて複雑にしてる?)、我々の電気料金の中に巧妙に散りばめられています。

ネット検索で比較的解りやすい資料(ここをクリック)が出て来ましたので、こちらを参考にしましたw

<原発の発電コスト>
原発コスト.png

図に書いてある通り、上記の内、@Aが我々の電気料金に上乗せされて請求されています(Bは税金)。
で、Cについてもこの記事(ここをクリック)の通り、我々の電気料金での負担となる見込みですw

早速計算してみましょう。まずは@から。

あまりまとまった資料が無かったのですがココを参考にしました。

この資料によると、我が国のウランの輸入コストは、1965年度〜2010年度の累計では4.4兆円とありましたw

次に減価償却ですが、これは難しい。そもそもの原発の開発コストがわからない。。。

ただ、見つけちゃいました。電力会社に聞きまくってまとめた人がいます→ここをクリック

やりますねぇ〜ww

この記事を読むに、ざっくり計算で、この時時点での56基分で13兆8,331億円とのことです。

で、減価償却ですがこれも難しいんですが、ざっくり耐用年数の半分を経過したとして、約7兆円と試算できました。

そして、Aの廃炉費用です。

廃炉費用についてはNHKのネット記事(ここをクリック)がわかりやすかったので紹介します。記事を読むに、1基あたり350億円から830億円程度とありました。ざっくり1基あたり500億と想定して、57基の原発で28.5兆円w 東海村の処理施設は1兆円、東海村の4倍の規模の六ケ所村が4兆円。ということで、廃炉処理の合計は33.5兆円

次にAの内、使用済み燃料再処理費用、放射性廃棄物処分費用については以前の東京新聞の記事(ここをクリック)の、「最終処分場、もんじゅ・常陽、核燃料サイクル」に該当しますので、その合計は15.3兆円

そして最後にC。

Cについては、東京新聞の記事を読み解くに、福島の事故関連の費用を抽出すると以下となりました。
・賠償:     7.9兆円
・除染:     4兆円
・中間貯蔵施設: 1.6兆円
・合計:     13.5兆円

ということで、ここまでの合計は、4.4兆円+7兆円+33.5兆円+15.3兆円+13.5兆円=73.7兆円!!!

はい。再エネの負担(69兆円)を超えちゃいました〜!

因みに上記73.7兆円には以下が入ってません。もうめんどくさいので計算しませんが(笑)

@の燃料費→政府はこれからガンガン原発を再稼働させようとしている。その燃料費の将来分が入っていない。
@の保守費→これも57基分+再処理施設の40年間とかになるので、相当な金額になるはずw
Cの福島以外の事故費用→今までにも複数回事故を起こしている。そのコストが入っていないのと、何より、将来発生しうる事故費用は全く考慮されていない。福島規模が再発したらジエンドw


また、Bの費用も何千億と原発の地元に助成金という名目でばらまかれています。反対運動を買収、つまり金で解決ってやつですね。これらは電気代では無いですが、税金という名の国民負担になっていますw

因みにですが、非常に重要な要素として、上記@ABCのコスト要素の内、再エネ、特に太陽光は@の減価償却費以外は全て発電家負担です!

みなさん、いいですか!

原発はそのコストの大部分を国民負担にしています!
再エネはそのコストの大部分が発電家負担になっています!

再エネ普及のためのミルク補給部分のみ、「賦課金」という形で国民負担になっているという構図ですw

国民にとって、将来有望な電源はどちらでしょうか?

再エネは20年経過後以降は減価償却も終わり、賦課金が無くなるので国民負担はゼロになります。燃料もゼロ。太陽や風や地熱ですからねw
原発は増やせば増やすほど多大な国民負担と放射能リスクが発生するだけのコスト&リスクのモンスターマシーンw


一目瞭然ですよねw 

■結論
・原発はコストが安い電源というのは大嘘w 超ハイコストな電源であるw
・原発のコストは国民にバレないように電気料金の中に散りばめられているw
・ゆえに事故の再発や廃炉処理が進めば進むほど国民負担は増えていくはずw
・その当て馬として、再エネはコストが高い。と、黒いやつらが印象操作に躍起になっているw
・ただ、福島の処理も難航していて、化けの皮がはがれるのも時間の問題と思われるw
・誰がどう考えても将来有望な電源は、再エネであるw
・我々国民は正しい情報を正しく理解していく必要があるw


って感じですかね。

※応援Wクリック、お願いします〜!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ


この記事へのコメント
コメントありがとうございます〜!今回試算して思ったのは、事故が起こらなくても、原発って高いのでは?です。記事のコスト試算にこれから買うウランのコストと40年分の保守費用が入ってないですので。これを入れちゃうと、原発は事故を起こさなくとも再エネの方がトータルで安いとなると思いますw 再エネは先頭の20年で賦課金が終了して、原発と同じ40年スパンで見た場合、20年後は自由競争に突入しますので、国民負担は全然違ってくると思います。この「賦課金は20年で終了」って話は誰も言及してないですね。不思議ですw
Posted by アントレ at 2017年07月24日 17:29
原発は事故が起こらない前提で、コスト計算しているから安くて当然ですよね。トータルで考えれば再生エネルギーのほうがいいのは明らかですが、残念です。あれだけ多くの方が住まいを追われたのに何故推進していくのでしょうかね。
Posted by at 2017年07月24日 14:57
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6521778
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック