検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2017年06月01日

九州電力 風力も無制限・無補償の出力制御へ

度々アントレです!

またしても抑制の記事で恐縮ですw

九州で風力発電が接続可能量に到達、無制限・無補償の出力制御へ

2017年5月25日時点における風力発電設備の接続申込み量が、接続可能量(30日等出力制御枠)の180万kW(キロワット)に到達し、5月26日以降の風力発電設備の接続契約申込み受付分については、無制限・無補償での出力制御に同意することが前提となるようです。

うーん。風力までも。。。

九州電力ってなんでこんなに再エネに厳しいのでしょうか?

風力なんてそんなにボリューム多く無くね?

ちょっと疑問に思ってネットでイロイロ調べたところ、背景が概ねわかってきましたw

一言で言うと、経営不振なんです(正確に言うと、だったんです)。

それでは簡単に2014年と15年の営業成績を見てみましょう。

2014年 →売上:1.8兆円、純利益:-960億円
2015年 →売上:1.9兆円、純利益:-1146億円

なるほど、思いっきり赤字ですねぇ。

で、川内1号機が2016年8月から再稼動しました。その結果、2016年の営業成績は、、、

2016年 →売上:1.8兆円、純利益:734億円

なるほどぉ、見事にクロテンしてますねw 株価も見事に回復基調に向かってますw

2015年の1000億以上のマイナスから1年でいきなり734億のプラスに持っていくって、会社経営としては奇跡に近いです。奇跡w

なるほど。そこには並々ならぬ経営努力があったんでしょうね。って、あったんでしょうか?

原発再稼働のスイッチを入れただけなのでは?と、アントレは感じてしまいました。
(原子力規制員会の審査をパスするって観点では相当な努力があったんでしょうが。。。)

まあ、簡単に言うと、原発は発電コストが安いので、会社経営としてはそちらを優先ってなっちゃうんでしょうね。

九州電力では最近、玄海の原発2基の審査もパスしたとのことで、来年度はさらに大きく黒字を伸ばしてくる可能性があります。

逆に言うと、再エネにとっては、無制限・無保証抑制が多発する可能性大です!

さあ、ソーラートランスファーここをクリック)の準備でもしましょうか(笑)

恐らく他の電力会社も同じような経営状況にあるはずですので、引き続き注視していきたいと思います〜!

皆さん、買うなら無抑制御三家(東京電力、関西電力、中部電力)ですよ〜

※応援Wクリック、お願いします〜!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6324082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック