検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3〜
I群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
J茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
K茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
L群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
M横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
N栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2020年06月23日

【超重要】太陽光発電所の定期報告代行サービスについて

こんにちは、アントレです〜!

今日は太陽光仲間と久々の呑みでございます。
楽しんできたいと思います〜!

さて、最近太陽光発電所の保守運用について書く機会が多いんですが、我々低圧系の太陽光発電家にとって、重要な責務の一つに、「定期報告」があるのはご存じでしょうか。

定期運用報告.png

■定期報告とは?
FIT制度の認定を受けた事業については 、法令上の認定基準として、再生可能エネルギー発電事業者が発電設備の設置に要した費用の報告(設置費用報告 )及び 認定発電設備の年間の運転に要した費用の報告運転費用報告)等を経済産業大臣に対して行うことを求められています 。

■具体的な法律は?

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則第 5 条第1項第6号及び第7号(ココ
■報告タイミングは?
我々が気にすべき定期報告は大きく2つございます。
@設置費用報告 →発電設備が運転開始した日から1ヶ月以内
A運転費用報告 →発電設備が運転開始した月の翌月末までに毎年1回

@は初回のみのワンタイム報告でAは20年間で毎年1回の20回報告となり、合計21回の報告が義務化されている、というコトになりますね。

■報告しないとどーなるの?
経済産業大臣による指導の対象となるほか、認定が取消しの対象となる可能性 があります。

■ありがちなお話
この定期報告ですが、FITポータルサイトから毎年1基あたり30分程度の作業で電子申請できるんですが、コレがですね。日々のイロイロな出来事に忙殺されてしまって、ついつい忘れてしまうんですよね〜。もう少し言うと、@設置費用報告については良心的な業者は代行入力してくれるんですが、してくれない業者も多いようで、専門的な話も若干入り、結構厄介です。なので入力が無いまま放置状態の発電所も多いのではないでしょうか。また、A運転費用報告も1基あたり毎年1回の作業なんですが、ついつい忘れがちで発電所の数が多ければ多いほど手に負えなくなってくる傾向になってしまいます。。。
で、コレを忘れたらどーなるかというと、上述の通り、最悪の場合は認定取り消しなんですが、同じくFIT法で義務化されている標識やフェンスと違って、電子申請が故に現地に見に行く必要なく、経産省による一斉取り締まりが簡単にできてしまうという、我々太陽光発電家としては畏怖すべき状態に晒されているという感じになってます。いつでも認定取り消し切符を切れる状況で、簡単に言うと、経産省にキン〇マ握られてしまっている状況です。

■定期報告代行サービスのご提案

ということで、いつもでしたら皆さんに、「FITポータルにログインして申請しましょうね〜」的な旗振りをして終わり、というコトなんですが、アントレ・コンサルティング・サービス(ACS)では、コノめんどっちい設置報告と運用報告をマルっと代行入力するサービスを皆さんにご提案したいと思います。サスガ、金の亡者、ですね(笑)。で、料金体系は以下となります。

<発電所1基あたり>
@設置費用報告→3万円(税別)※前払い
A運転費用報告→1万円/1回(税別)※20年分一括前払い

ご興味ある方は以下のエントリーサイトよりエントリーの程、よろしくお願いします。3か月ほどエントリー期間を取りまして、エントリー状況に応じた体制を整えつつ、順次対応いたしますので、よろしくお願いします。

定期報告代行サービスエントリーサイト

■注意点
報告に際しては、FITポータルのログイン情報を事前に頂きます。また、登録内容の元ネタは皆さんから貰わないとイケませんので、毎年時期になりましたら、催促メールが飛ぶ、という形になります。また、遠隔監視装置のログイン情報を頂けましたら、完全に「勝手にやっておきますね」モードになりますので、数年回した後にご希望の方は情報を頂ければと思います。

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
UATはココ
大好評のUAT3はココ
融資コンサルタントはココ
太陽光融資希望の方はココ
日本ノマド倶楽部はココ

※編集後記※
いやー、矢継ぎ早にサービスを繰り広げてますが、ソロソロ1馬力ではキツくなってきましたかね(笑)
コンサル志望な学生のバイトクンでも探し始めた方がよさそうですね〜!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9961847
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック