検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2020年03月31日

緊急事態宣言が出るとどーなる?

おはようございます、アントレです〜!

最近はコロナショック一色の世界になってきておりますが、個人的に気になっているのが、緊急事態宣言。

以前記事に書いた通り(ココ)、忖度・隠蔽・改竄が得意技の安倍政権ですので、現在の感染者数や死者数は全くアテにならないと思っておりまして、では、東京でどのくらいの感染者、死者数がいるのかというと、東京23区と丁度同じサイズ感、人口感のニューヨークが参考になると思ってまして、現時点でそれぞれ以下の感じになってます。

@東京→感染者数:443人、死亡者数:9人
ANY→感染者数:6万人、死者数:1000人

コレ、ヤバい数字ですよね。東京がこんなに少ないワケが無いじゃないですか。

故に、当方は今現在、既に東京は緊急事態状態にある、と考えております。

コレからは感染者数や死亡者数の実態は都が発表する数字よりもしっかり検査して立ち向かっているNYの数字を参考にすべきかと考えておる次第でございます。

で、緊急事態宣言ですが、コレが発令されると、学校や会社、お店、電車等々基本的に全てのモノが稼働しなくなります。

要は、街に人が殆どいなくなるという状況になりまして、恐らく食糧の購入や病院への通院以外のアクティビティはほぼ全てシャットダウンされます。ただ、あくまで”国からの要請”ですので法的拘束力は無いので、無視して活動する輩も一定量いるんでしょうがね。

で、何が起きるかですが、当然日経平均は暴落しますよね。経済活動が一定期間停止するわけですから。

またインフレも起きるんだろうなぁ。モノの生産と物流が止まりますので、自粛期間の長さにもよりますが、モノの値段は上がる要素しかないですよね。

後は休職者や失業者が増えるコトも確実で、賃金が入りませんから、生活困窮者が多発する事態になると思います。不動産投資家としては家賃の不払いや値引き交渉を覚悟しておく必要がありそうです。

で、太陽光発電家としてですが、都市部の電力需要がガタ落ちしてしまいますので、出力抑制地域は注意が必要です。

ということで、恐らくですが、当方的には4月早々に緊急事態宣言が発令され、欧米諸国の様に、ある程度経済活動の停止があると考えれますので、皆さん、心と体の準備をしておきましょう〜!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
UATはココ
大好評のUAT3はココ
融資コンサルタントはココ
太陽光融資希望の方はココ
日本ノマド倶楽部はココ

※編集後記※
ちょっと郊外にセカンドハウスを持った方がいいのかもと思い始めてしまう今日この頃でございます。
この記事へのコメント
ガンガンさん、コメントありがとうございます〜!そうですね、現金はあった方がいいんですが、インフレも起きそうなので悩みどころですね。いずれにしても不動産もリセッションが起こると思います。以下のツイートもご参考ください〜!

https://twitter.com/tokyonomadclub/status/1245192948863520773?s=20
Posted by antre at 2020年04月01日 12:48
なら用意は現金でしょうか?


都内のビル、タワマン半額実現まで生き延びねば。
コロナの後に明るい未来ですね。

借金で膨らませただけで資産数十億とか紹介されている連中から
インフラ投資で現金を地道に稼いでいる実業家が買いたたく未来が非常に楽しみです。
Posted by ガンガン at 2020年03月31日 18:51
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9742795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック