2022年10月25日

4連休

金曜日はゴルフ。
月曜日に電話がかかっていた。最近T君とつるんでいるカズ。隣駅の美容室のオーナーだ。
この前の2回のゴルフに彼の車に乗って行った。顔を初めて合わしたのは2年ほど前だが今年に入って何度か呑んでいる。
とても親しくない限り平日に人をゴルフに誘うって中々できない。電話番号すら知らない仲なのに他の人に聞いて誘ってくれた。自分には出来ないことだ。
これは嬉しいことだ。よほど暇と思われたのかもしれないが。
Kさんも誘ってもらえませんかね…と言われた。元々の居酒屋Sでの呑み仲間。転勤してから大手の会社を辞めて川口にマンションを買って住んでいる。いつもゴルフを誘えば来る。ヒマなのだ。

楽しいゴルフだった。
左腕の筋肉も付いた、元々のスウィングでクラブを振る。ゴルフは前の自分と今の自分の状態がよく解る。やはり左の動きがスムーズではないか。
それに加えてプレー中に両腕の張りが強くなった。これはこれまでなかったことだ。
後から思えば無駄な力がいっぱい入っていたのだろうか。
スコアは良くない、でも楽しくリハビリを兼ねたゴルフができた。
戻ってから居酒屋Qへ連れて行って呑んだ。その後は駅前の居酒屋。そうだ、木曜日に駅を上がるとT君とばったり会ってその居酒屋に行ったのだった。
帰り、カズはフラフラだった。やはり居酒屋Qの焼酎は濃いのだ。

土曜はジムで筋トレはしなかった。ストレッチだけ。やはり筋肉痛が激しかった。これまで筋肉痛は2日後だったのだが即日だ。歳を取ると2日後、これまでもそうだったのに何故即日に筋肉痛になるのかがわからない。若返ったのか?
久しぶりの鍼。特に悪い状態ではない、鍼の必要性はなかったのだが。毎週行くことで何か変わるきっかけがあったのがこれまでだ。行ける時は行く。ゴルフで疲れているから、その解消にもなる。
センセイに仙腸関節が少し開いたようだと言われる。見えないから解らないが。

土曜も居酒屋Qで過ごし日曜日。この日は4回目のワクチンを予約していた。オミクロン対応だ。
数時間後、腕が痛くなる。なんとなく熱は出ないなと感じる。
その通りで腕だけ痛く熱は出なかった。3回目のモデルナほど腕は痛くはならなかった。
注射時に手が痺れませんかと言われる。これは採血の時も同じだが。
親指に少し痺れを感じた。それは自分の腕の状態が既に痺れていて敏感だからこそ感じる程度の痺れだ。これは言うべきかどうかと考えるのだが、三角筋に注射針+液体が注入という刺激で反応したのだろうか。普通の人は感じない程度の事だろうと判断した。

月曜日は休みを取っていた。ワクチン接種とかコロナ関連で特別休暇が10日取れる。
日曜日に接種だが副反応の可能性もあるので月曜日は特別休暇を取っていた。考えたら4連休だ、本来なら旅行とかで使いたい連休だ。
ジムに行こうと思っていたが腕の痛みが残っている。熱はないのだが倦怠感はある。部屋の掃除や片付けで1日を過ごした。
土曜日の鍼でいつものお尻に打ってパルスをするのだが、珍しくモモ裏が動いた。坐骨神経の元に打つのだが、パルスを流すまでどこに響くかはわからない。
その右モモ裏も動いたから少し筋肉痛か。
とにかくゆっくり過ごせた。家の中だけをチョロチョロ動いたので身体の状態はいつもより良いのかどうかが判断つかない。ただ悪くはないようだ。

今日は出社。通勤はまあまあの歩きか。前の人につられて早歩き、そうしたら左脚が遅れる。これも慣れかもしれないか。
今日は早く終わらせジムに行こう。
posted by shigenon at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ
ファン
検索
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
痺れと痛みをどう我慢するか by まっきー (04/25)
痺れと痛みをどう我慢するか by shigenon (04/22)
痺れと痛みをどう我慢するか by まっきー (04/22)
疼痛について by shigenon (04/21)
疼痛について by まっきー (04/21)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
shigenonさんの画像
shigenon
2014年クリスマスイブのプレゼントは最悪でした。 「頸髄損傷」というケガなのか病気なのか・・その症状との戦いの記録と現在の日々をアップします。 (2018年4月追加) 不全の頸髄損傷は「健常な人」に見えます。“ふつうに見える”様に努力をしています。が、反面、「もう良くなったんだ」と思われがち。 骨折とは違い、中枢神経の損傷は完全回復はしないという現実。 「健常に見える」「もっと良くなるよう努力する」「もう治っているんでしょ」の狭間で何とか毎日を過ごしています。
プロフィール