2021年08月30日

新人戦延期

秋の新人戦が3週間ほど延期になるという連絡が入った。
おりしも緊急事態宣言下で、県下の学校も期間中部活動が停止になっている地域もあり、その後一週間ほどで大会、というのも、いささか無理であろう。

スポーツの世界は、体を動かしているからこそ、パフォーマンスが発揮される。
それに一週間休めば、一月くらい感覚を戻すのに時間がかかる。

私の学校では部活動は通常通り行われているが、体調不良者が複数出れば、当然、活動は停止になる。
これは、インフルエンザ流行時と同じだ。

だが、この夏の甲子園でもあったように、この日程であっても、急遽、出場辞退という学校も出てくるだろう。

たとえ、出場したとしても、感染対策の難しさには変わりはない。
その分、引率教諭の負担も増える。

時代は戦時下だ。
ウイルス戦争と言ってもよい。
ある意味第三次世界大戦。

ミサイルではなく、ウイルス兵器が世界中を苦しめている。
「そんな中で大会どころではないだろう」、というのが私の思いだ。

また、コロナを理由としたさまざまな規制は、全体主義国家への流れとも言える。
全体主義とは個人の自由を著しく制限し、為政者の思い通りにしようとする流れだ。

こうした制限が法整備されてしまったら、日本は中国と同じようになってしまう。

国民がどのような動きをしているか、資産をどのくらい持っているかを一元管理できる部門が、デジタル庁であるとも言える。

感染予防対策という名の様々な規制は、じつは全体主義、国家社会主義への道であることを声を大にして言いたい。

人は責任ある自由があってこそ、その尊厳を維持でき、また発展の余地がある。

学校現場は、いろいろな行事を中止にしないよう、いろいろ方策をたてつつ、模索しつつ行っている。

だが、そこに強権が働き、いつしかそれを当たり前のように感じてしまうならば、それは危険なことだろう。





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/10940421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ