2021年08月24日

夏休みの宿題

二学期の始業式になった。
学活で、すべtねお夏休みの宿題を回収する。

係が提出の有無をチェックして、担当の先生に持って行くのである。
それを担任が把握し、クラスの宿題提出状況表ができる。

中1のあるクラスの宿題提出状況表が私の元にも届いた。

驚くべき事に、7割くらいの生徒が、未提出の宿題があった。

「かつてこんな事が起こっただろうか」、と思うほどの未提出率だ。
教室の黒板には、担任が、「できるだけ早く、遅くても今週末までには終わらせて提出してね」、と記されている。

夕方、私はこのクラスに少し話をした。

----------
宿題を出さなかったことに大して、心の中に何か、モヤモヤ感がありませんか。
それが、まずいことをしたな、という良心の一部なのです。
これが、毎度のことになり、モヤモヤ感すら感じなくなってしまうことを、怖れてください。
宿題を提出しないことが当たり前になって、そのことについて、何も感じなくなってしまうことが、怖いのです。
私自身を振り返ってみると、中高時代、宿題を遅れて出した、という記憶はありません。
心の中のモヤモヤ感が自分自身を許せなくなるからです。
先生が許さない、というのではありません。自分が許せなくなるから、そういう状況にならないようにしたのです。

君たちも、この思いを大切にしてください。
このまま何年も過ごしてしまうと、おそらくモヤモヤ感は無くなります。
宿題を出さないことに対する、罪の意識が消えてしまいます。

そうならないように、今から「なすべき事はなす」、という姿勢は貫いてください。

提出期限を守ること。
これは、時間を守ること、とも通じるかも知れません。

今一度、自分の心の中を見つめ直して下さい。
----------

どれだけ伝わったかは分からない。

だが、私は語り続けるだろう…。

様々なニーズに対応するマスクラインナップ【We'll】

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/10927410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ