2021年05月04日

手の内

GW2回目の練習試合は、春季大会の初戦で対戦する学校になってしまった。

試合経験が少ない分、お互い承諾の上で、試合をさせてもらった。

私のチームは、バッテリーを温存させてもらった。
中学生のやる野球チームなのだから、そんなことまでしなくてもよいと思ったが、エースが速球派なので、わざと見せないという選択肢もありかな、と思って、今回そうした試合をしてみたのだ。

一試合目、中3の三番手ピッチャー、中2の二番手ピッチャーとつないで、辛うじて勝った。

正規のバッテリーを使わず勝てたことは、大きな収穫だったし、三番手のピッチャーが、思いのほかよいピッチングをしたということも、面白かった。

問題は2試合目であった。
一時間という時間制限で、試合をしたのだが、こちらは集中力が切れた。
体力失点を許し、ミスばかりで、まるで良くなかった。

こんな隙だらけのプレーは見せたくなかった。
何の意味もない試合だったように思う。
相手チームからすれば、「一度崩れたら、どこまでも堕ちるから、勝算あるぞ」、と思われただろう。

当日、エースピッチャーがどこまで投げられるか、そしてどれだけチームとして集中力が維持できるかが勝負だ。

相手校のエースらしきピッチャーは、2試合目の後半投げたが、我々のチームはほとんど得点できなかったので、攻略どころではなかった…。

「策士策におぼれる」の言葉通り、後味の悪い試合になってしまった。

選手たちは、2試合目の大力得点やミスよりも、1試合めの勝利に酔いしれている。

これでは2試合勝って上位大会に進出する足がかりとすることなど、到底及ばない。

「集中力が続かないな…。」

夏の大会では、酷暑の中、連続して試合を行う。

その気力と体力をつくるために日頃の練習があるのだが…。

彼等には、まだまだ理解できていないようだ。




【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10718671
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ