2022年10月07日

試験結果

中間試験が火、水、木と三日間続き、今日金曜日が授業日。早速、黄砂の答案を返却すべく、急いで採点した。

私の試験は、火曜日と水曜日に行われたので、中一日の余裕はあったが、なかなか厳しかった。

試験が終わるといつも思うことがある。
それは、「大した授業をしていないな…」ということ。

私の授業の結果は、きちんと彼等生徒たちの答案に現れてくる。
説明不足だったり、演習が足りなかった問題は、如実にその点数に表れるのだ。
全般的に点数が低いのならば、授業が悪かったのだろうと、と思わざるを得ない。

生徒には、「もっと勉強しなくっちゃ」と言っているが、心の中では「申し訳ない」という気持ちで一杯だ。

教師になってすでに三十五年あまり、私の授業力は一向に進歩していないのだろうと思う。

「仕事が時間の切り売りじゃぁ、情けないよな…。」
私が大学生のとき時、友人がふと、そんな話しをした。
以来、私の心に刻み続けている…。
しかし一方、昨今の私は「時間の切り売り」のような仕事になっていないだろうか…。

「惰性で仕事をするようになったら、その仕事を辞めるときだよ…。」
これも、以前誰かから聞いたことがある。

今の私は、「惰性で授業をしている」ことを激しく拒否できるほどの自信もない。

「まとまな授業ができて当たり前…。」
これは私が教員に成り立ての頃、先輩に教えて頂いたことだ。
あの頃の私は、授業力をアップすべく、日々格闘し続けた。

あの頃を自分を懐かしく思うと共に、今の自分を情けなくも思う。

自分で授業をし、自分で試験問題を作っているので、平均点などどうにでもなるのだろうが、「解けない」ならば、それは授業の責任だ。

「こんなんじゃだめだ…。」
私の心の奥底からの叫び声が聞こえてくる。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11632198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ