2022年01月12日

ブランコ

野球部で借りている外部のグランドがある。
私はほぼ毎日、ここで練習させている。

このグランドを使うようになってから、もうずいぶん時が経つ。

これまでの先輩たちの汗が染みこんだグランドだ。

そこは昭和四十年代に廃校になった学校跡地だ。

以前、ヒマラヤ杉の巨木の枝に、ロープを張り、ブランコを作った。
空(くう)を飛ぶブランコは、気分の良いもので、練習後や休憩時間に皆が遊んだ。

これを作ってくれたのが、卒業生のY君だ。
彼は、昨年春に高校を卒業し、今は浪人生活をしている。

長い脚立で木に登り、さらに枝を登り、地上5m付近にロープを結びつけたのだ。

楽しいブランコだったが、一つ問題があった。
それは、毎日手が届かないところに片付けなくてはならなかったことだ。

近くの子どものが遊び、怪我でもしたら、それこそ一大事なので、ブランコやロープを絶対に手の届かないところに上げなくてはならなかったのだ。

面倒だったが、でも楽しかった。

私は、久しぶりに木の上に片付けられたブランコを見た。
自分が上に上がるのもはばかれるので、もう何年もそのままになっていたのだ。

ふと、「懐かしい」と思った。
そして、アニメ宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長の最期の言葉を思い出した。

『地球か、何もかも、みな懐かしい。』

私もそんな心境になった。

今や卒業した私が関わった生徒たちは、今は元気にしているのだろうか。
あの頃は、私も必死だったようだが、とても懐かしく、楽しかった思い出だ。

「きっと、人生の終わりの時にも、こんな風におもいだすのだろうな…。」
私は、ひとりそうほくそ笑みながら、練習を続けている現役に部員たちを見る。

こうして歴史はつくられていくのだろう。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11212829
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ