2021年02月19日

卒業式が近づくと…

卒業式が近づくと、何だかもの悲しくなってくる。
今年の高3は、学位主任や担任をした訳ではないが、卒業生の中に、今や心を許せるY君がいるのだ。

Y君とは中1の頃から関係が深くなり、毎日質問に来るようになった。
そのうち、コンピュータープログラミングを教えた。
中2から不登校になったときには、毎日のように食事も作った。
中3になるときに転校。そして高校から再度入学してきたのだ。
野球部も手伝わせたし、高校生になったときにはコーチも頼んだ。

中2で学校をやめたときは突然だった。
いきなりいなくなった。

今回は卒業なのだが、さすがに少しずつながらも、毎日じわじわと悲しみと寂しさが大きくなってくる。

「もういなくなるんだろ…。」
「卒業ですよ。もう一年くらいここにいたいですけど…。」

Y君はたぶん浪人。
この先また受験勉強を続けるのだろうから、卒業後にはなかなか顔を出すことは難しいかも知れない。

少しの期間だが、彼の人生に関われたことは嬉しい。

教師という仕事は、「自分が生徒になしたことは忘れる」ことが求められる。
「いつまでも自分が、自分が…」、というのは醜い。

ふと思い出したときに、泣けてくる…。

だから卒業式は嫌いだ。

Y君が中2のとき、あまりの過酷さに担任のH先生が退職した。

「卒業したらH先生にメールくらい出せよ。」

「分かってます…。」

多くを語らずともお互いその意味を知っている…。
ファン
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ