2020年10月29日

バスガイド

海外語学研修が中止になった代わりに、国内での研修旅行を行った。
そのため、久しぶりにバスガイドさんと出会うことができた。
私は、バスガイドの話が好きである。

滅多には出掛けられない土地でのバスガイドの話は興味深い。
私の知的好奇心をくすぐり、もっといろいろな話を聞きたくなる。

一方で、生徒たちはめいめいスマホで動画などを見ているのだ。
耳にはイヤホン。
おそらくバスガイドの話などうわの空だろう。

「バスガイドが話をしているのに、皆がイヤホンなどを付けてスマホを触っていていいのですか?」
と、事前に学年主任に言ってみたが、「寝る子もいるくらいだから、いいんじゃないですか?」、と全く価値観が合わない。その上、「音楽を聴いていると酔わない子もいるらしいですよ」、と来る。

さすがもと高校の先生。
私の常識がガラガラと崩れ去る。
私は旅行中、「もう私の居場所はないのかな…」、という思いが頻繁に湧いてきた。

さすがに、「生徒に教員全員の携帯番号を公開するとか、それを学校のホームページにまで載せて保護者にも便宜を図る」という案には断固反対したが、私もそろそろ限界に近づいている…。
若い学年主任を立てなければ、と思いつつも、価値観が違いすぎて、終始、心が揺さぶられるのだ。

「眠れない生徒がいるので、ガイドを控えてください」、と若い担任が添乗員に伝えたり、私と年齢の近い先生は、「ガイドがうるさいので、少し静かにして下さい」、と言ったりする。

これには私もぶったまげた。
「いい加減にしなさい」、という気持ちと共に、怒りに近い感情が湧いてきた。

「こうした人たちと一緒に仕事をするのは難しいのかな…」、とも思う。
違和感と嫌悪感が渦巻いて、引率の疲れがどっと大きくなった。

最終日、私は、ガイドのもとを訪ね声を掛けた。
「いろいろと不愉快な思いをさせてしまって申し訳ありません。」
と、謝ろうと思ったが、
「たくさんお話して下さったので、大変勉強になりました。ありがとうございました。」
と伝えるにとどめた。

フォローになったかどうかは怪しいが、勉強になったことは事実なので、素直にその思いを伝えたまでだ。

バスガイドは大変恐縮されていたが、私は少しすっきりした。
単なる自己満足なのだろうが、自己満足でいい…。

やはり「おかしい」のは私の方なのだろうか…。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10312121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ