2022年11月07日

お子ちゃまたち

先週の事件以来、野球部の活動を停止していたが、今日ようやく限られたメンバーで練習を再開した。たった三人のスタートである。

部活動は教育活動の一環であるから、活動にあたってはそうした面も色濃くなければない。特に中学校の場合、技術面よりも教育面の方が大きくなって当然である。

だから私は、時折、部員たちに反省を促すために、いろいろな手を打つ。

だが、昨今、私の手法が効かなくなりつつあるように思う。

別に下手でもいい。たとえそれが先輩と言われる立場の選手であっても、一生懸命やって、必死でボールを追いかけ、明るく爽やかなプレーをしてくれれば、いつのか日の目を見ることもあるだろう。

だが、彼等は違う。

自己中心的で、気分屋、感情の上がり下がりが激しく、一生懸命さもない。

時折、元気になったかと思えば、思い通りにならないことや、気に入らないプレーが起こると、勝手に切れて、自暴自棄になり、あるいは暗くなって落ち込み、ブラックホール化する。

ひょっとすると、発達の偏りのあるようなそういう生徒ばかりなのかも知れないが、自分がやりたいことだけをやろうとして、注意をすれば、ふてくされ、そのあとは、落ち込んでしまって、さわやかさのかけらもなくなる。

そんな風だから、小学生が体験入部に来たときですら、互いにケンカを始めてしまう始末。

一生懸命さがあれば、私もかかわろうという気持ちになるが、彼等の姿を見ていても、そうした気持ちにならず、まるで無意味な時間だけが流れてしまう。そんな部活動にならやらない方がいい。

中学生だと思うからこそ、頭にくるのならば、相手を幼稚園生だと思えばいいということか…。

お子ちゃま相手は気が滅入る。自分自身がポジティブ状態でないと、なかなか対処が難しい…。





ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ