広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2022年06月15日

部活再開

久しぶりに部活動を再開した。
中間試験前から三週間あまり、コロナのために活動ができなかったのだ。
今回は、高校野球部が練習試合でもらってきたコロナが、一緒に自主練をしていた中学生に伝染し、ほぼ野球部だけで感染が広がってしまったのだ。

中高とも、夏の大会が日々刻々と近づいて来る中、恐らく選手たちも「焦り」、「困惑」したに違いなし。

実際、私が課しメニューは、中3生には一日10キロ近く走ること。学年によって少しずつ走る距離は縮めたが、とにかく体力を落とさないことと、できうるならば、体力アップをも図りたいと思ったのである。

隔離された生徒は別として、活動できなくなってしまった元気な生徒たちは、少なくとも体力を落とすことなく過ごせたであろうと思う。

「三日何もしなければ、一週間遅れる」であろうこの世界の練習スタイルとしては、大変困ったことになった。大会参加も日程的にもギリギリだ。しかも今回の夏の大会は、期末考査の翌日でもある。

私は、久しぶりの練習で、彼等のプレーをじっと見ている。
相変わらずの下手くそ集団だが、それに輪を掛けてレベルが落ちているようにも見えた。唯一の救いは、彼等が楽しそうにプレーしていることだ。下手だって、野球をするのは楽しいのだ。一番のモチベーションは「楽しい」という気持ちなのだ。

野球好きな仲間が集まって、部活をする。
時に試合もする。
大会では、緊張の中に試合をする。もちろん勝てば嬉しい。
その経験が、また次に生きてくる。

そんな貴重な部活動での経験は、顧問の教員に支えられている。
確かに負担は大きいかも知れないが、部活を熱心に指導している先生たちも、それなりの生きがいを感じているし、その指導は、学校全体としての生徒指導にも大きく寄与しているはずだ。

「忙しく」部活をしていれば、放課後ぶらぶらする時間もない。休日も朝早くから出て行くので、「忙しい」のは親も同じかも知れないが、一日部屋に引きこもってゲームやら動画を見ているよりは、健全だし、健康的だ。

私もしばしの休息を終えた感じだ。
さぁ、本格始動しよう。




ファン
検索
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。