2022年04月16日

分散給食解除

長らく続けられていた分散給食が一時的ながらも解除された。座席の間隔を開けるため、学年毎に時間をずらして食事をさせていたのだ。

給食会場の都合で、分散給食のために、全学年午前中は45分授業にせざるを得なかったが、ここでようやく50分授業に戻せたということだ。

実際は、GW明けからは再び分散給食を始めるそうだが、長らく続いているコロナ対応にも、やはりメリハリが必要なので、その意味ではよいと思う。

もうコロナ禍により学校が翻弄されて、もう二年になるが、この間、得たものよりも失ったものの方が大きいはずだ。

数多くの学校行事が中止もしくは、規模縮小になることはもちろん、黙食だの、密を避けろ、だのと、人と人とのつながりがどんどん希薄になってしまった。

ある意味、これは人類の危機なのだ。人類はこれまでの歴史でも、多くの人々の協力の中で智慧を得て、経験を積み、叡智を磨いてきたのだ。それが今、半ば壊れようとしている。

人との絆が薄くなれば、誤解も起こるし、争いも起こる。
プロパガンダ的なマスコミ報道に翻弄され、SNSには様々な情報が流れる。
だが、人は、SNSの情報だけで生きていけないのだ。

遠足で楽しくお昼ご飯を食べる際、一切会話をしてはいけない、という姿は異常なことなのだ。

卒業式で、もうこれで歌うことが最後になるであろう校歌を歌えないというのは、極めて異常なことなのだ。

そうしたことが異常と思えなくなることを私は怖れている。
「当たり前」とひとくくりにされ、強要されるのは、もはや全体主義になる。

今日の分散給食解除と共に、食事時の黙食表示も外された。
感染のリスクがないわけではないが、現在在校生に陽性者はいない。

一時期、束の間の解除にはなるが、ようやく本来の姿に戻った感じだ。

中国は、まだまだ新しいコロナ株を持ち、タイミングをはかって世界にばらまくつもりでいるらしい。

おそらくそうした新たな株が流行ることもあるのだろうが、今は、しばしの喜びをかみしめようと思う。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11365726
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ