2022年01月18日

合格発表

中学入試の合格発表が終わると、正月明けから続いた入試業務も一段落である。
今回は、細かなミスが多く、多少バタバタしたが、高校入試では、そうしたことがないようさらに注意したい。

とは言っても、すでに高校入試の願書は届き、私はすでにその処理に入っている。
だが、中高一貫ということもあり、高校入試は中学入試よりも人数が少なく、少し気持ちに余裕が出る。

併せて日程的にも時間があるので、授業と平行していてもあまり苦にはならない。

入試の合格発表は、人生の岐路となる大変な出来事だ。
毎年仕事だからといって、絶対に「慣れて」はいけないし、ましてや「惰性」で仕事をしてもいけない。

受験生、そしてその家族の人生がかかっているのだ。

彼等は様々なドラマのなかで、受験を決め、入試を受け、その結果を待つ。

たとえ合格したからと言って、何もかもがハッピーというわけでもない。
場合によっては、親たちが入学金等の金策に奔走し、さらに苦労を抱えることにもなるからだ。

「子どもためなら…」、と一大決心をして臨む入試。
特に中学入試は、「誰もが受ける」ものではないので、より慎重にならざるを得ない。

それぞれの家庭の教育方針があり、いろいろな理由により学校を選んでいただき、受験していただいたのである。

その思いをも忖度して、入試業務に当たらねばなるまい。

今年も、親を説得してようやく受験にこぎつつけた小学生の受験生がいる。
合格後、本当に学費を払ってくれるのかすら分からない。

12歳にして人生の覚悟を決め、親を説得し、自ら希望する道を歩もうとする姿には感動する。

入学式で、新たな彼等の出航を祝福してあげたいものだ。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11217105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ