ファン
検索

メンズエステサロン
【エルセーヌMEN】

メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント

2021年05月31日

L・E・ボルツマン
_1844年2月20日 〜 1906年9月5日

以下にSEO対策で「ボルツマン」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介でオーストリアの画像を使いました。統計力学の纏め直しをしている作業ですが、ボルツマンという人が点であって、オーストリアという糸で結ばれていき、他国の糸と絡み合っていく気がします。作業としては4月からの四半期で登場人物順に再考した後に分野別に再考しているのですが、次の四半期には時代別の再考も進めていきたいと考えています。併せて個別の人物の追加もトピックスのご紹介もしていきたいです。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/21(金)朝の時点でフォロワーは合計【11487】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません【以下原稿です】



その名はLudwig Eduard Boltzmann。オーストリア・ウィーン出身の物理学者にして哲学者です。カノニカルな(統計的な)議論の他に電磁気学や熱力学、それらを扱う数学の研究で業績を残しました。ウィーン生まれ。子供時代にはピアニストであるA・ブルックナーからピアノを学んでいます。
そんなボルツマンの墓には
S=k LogWと書かれています。
ここでいうSとはエントロピーというパラメターで
事象の乱雑さを表します。
k(またはkBと記載します)というパラメター
を定めてボルツマンが定量化した概念です。
「乱雑さ」は統計力学において
温度T、容積V、圧力P等と関連して
ボルツマンの関係式として定式化されました。


ボルツマンの研究業績の中で特に私が関心をもつのは
原子論に関しての現象把握です。当時、観測に直接かからない
原子は色々な見方をされていました。そんな原子に対して
ボルツマンは「乱雑さ」または「無秩序」の度合いという
新しい物理量を使い原子の実在に近づいていったのです。


結果として
対立する考えが学会で生じていて
原子モデルを使うボルツマンと、
実証主義で理論を進める
エルンスト・マッハの間で論争が続きます。
そして、残念なことに、、
ボルツマンはは晩年に精神障害に悩み、
自ら命を絶つという悲しい最期を遂げています。


彼はピアノが好きでした。
花を手向ける場所がありますよね。





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に関しては適時、
返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/05_初回投稿
2021/05/24_改定投稿


舞台別のご紹介へ】
オーストリア関連のご紹介へ】
ウィーン大関連のご紹介へ】
熱統計関連のご紹介へ】


教科書買取専門店による教科書買取サービス【テキストポン】

ジョン・A・フレミング
_【2021/05/31_原稿改定】

以下にSEO対策で「フレミング」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介でケンブリッジ関係の画像を使いました。また、マクスウェルへのリンクを付けました。今迄このブログではマクスウェルが抜けていたのです。失礼しました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/23(日)朝の時点でフォロワーは合計【11536】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。
【以下原稿です】



まず、イギリスに生まれたフレミングはケンブリッジでマクスウェルの師事を受けました。フレミング曰く、マクスウェルの講義は「逆説的で暗示的な言い方」(Wikipediaより引用)な表現を含んでいて非常に分かり辛くて不明瞭であったそうです。当然、そんな講義は学生に不人気で時には講義を聴いていたのはフレミング一人の時もあったそうです。物理屋さんにありがちなとぼけた類のエピソードですね。酷いと言えば酷い話です。


フレミングは左手の法則で有名です。簡単に言えば
「左手で直行三軸を作った時に、長い指から・
電(でん)・磁(じ)・力(りょく)です。
より、細かく説明すると磁場中に電気が流れているとその電気導線に対して力が生じます。電(でん)・磁(じ)・力(りょく)をそれぞれq(でん)・B(じ)・F(りょく)で考えて荷電粒子の速度をvとすると、外積:×を使ってF=q(v×B) です。高校レベルの天下り的な覚え方ですが、現象として実験事実に即していると考えると非常に洗練された結果であるとも言えますね。


また、真空管の発明者としても有名です。今日の電子工学の始まりだとも言われています。工学の世界で色々な発明を重ねました。そんなフレミングは子供にこそ恵まれませんでしたが2度の結婚をして、アメリカテレビジョン学会の初代会長を務めたりしながら余生を過ごしました。





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/23_初稿投稿
2021/05/21_改定投稿


纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
イギリス関係
ケンブリッジ関連
電磁気関係へ】


教科書買取専門店による教科書買取サービス【テキストポン】

ポール・ランジュヴァン
_【2021/05/31_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「ランジュバン」の原稿を投稿します。双子のパラドックスで有名ですね。使う画像としてはフソルベイ会議の物を使っていて、この告知投稿ではフランス関係の物を使っています。バーナーも改定しました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/23(日)朝の時点でフォロワーは合計【11536】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。
【以下原稿です】


 


20世紀初頭の議論の中でランジュバンは中心に居ました。本ブログのTOPで使っているソルベイ会議の写真でもアインシュタインの隣に座っています。そんなランジュバンは双子のパラドックスで有名ですね。その矛盾の指摘は、初めアインシュタイン相対性理論の議論で使っている「2つの慣性系での時間差」から始まる話ですが、ランジュバンが双子の例えに置き換えて状況を分かりやすくしました。そんな時代の人です。





研究者としてはイギリスのキャヴェンディッシュ研究所でジョゼフ・ジョン・トムソンのもとで学んだ後にソルボンヌ大のピエール・キュリーの下て、学位を得ました。上述した相対論の議論とは別に磁性に関わる物性の研究も進めていたのです。当時理解が始まった導体の帯磁特性を研究していったのです。量子力学以前の物性理解でも原子、電子という言葉を使いこなして個別物質の帯磁特性を明らかにしていったのです。それまで未分類だった特性を整理していったのです。また、磁性の研究をする一方で水晶振動子を開発して超音波を発生させるメカを実用化しました。


また、マリ・キューリとの恋仲も知られていたようです。ゴシップネタで恐縮ですが。そして、何年か後には二人の孫同士が結婚してます。


また超音波の研究からの発展で、ランジュヴァンはソナーの発明でも知られています。潜水艦の関係者なら多大な恩恵を受けている訳ですね。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】


2020/10/31_初版投稿
2021/05/17_改定投稿




N・L・S・カルノー
_【2021/05/30_原稿改定】

以下にSEO対策で「カルノー」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介でフランスの画像を使いました。統計力学の纏め直しをしている作業ですが、カルノーという人が点であって、フランスという糸で結ばれていき、他国の糸と絡み合っていく気がします。作業としては4月からの四半期で登場人物順に再考した後に分野別に再考しているのですが、次の四半期には時代別の再考も進めていきたいと考えています。併せて個別の人物の追加もトピックスのご紹介もしていきたいです。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/23(日)朝の時点でフォロワーは合計【11536】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません【以下原稿です】



その名は正確にはニコラ・レオナール・サディ・カルノー
: Nicolas Léonard Sadi Carnot。
彼は理論的な熱機関カルノーサイクルを提唱して
熱が関与する物理学を考え続けました。





カルノーの関心は蒸気機関にありました。
当時の産業界は蒸気機関を
理論的に説明出来ていなかったのです。
経験的な知見として「水を熱した時に発生する蒸気が液体状態から気体状態に移る中で膨張して圧力を発生させます」。その時に発生した圧力で摺動機関を動かして力を得る議論の中で、カルノーの時代には定量的な議論を踏まえて論じられる理論環境が無かったのです。


カルノーはニュートン力学で出てくる力の他にその力を加え続けた距離を考えて「仕事量」の概念を作ります。重い荷物を「数cm引きずる」現象と「数km引きずる」現象とでは大きな差があり、「仕事量」の概念は感覚的に理解出来ます。


例えば、物体を動かす力と動いたときに発生する摩擦熱の間には関係があり、それらを結びつけるのにカルノーは仕事量の概念を使いました。他、比熱、熱容量、といった概念が出来て様々な現象が繋がっていったのです。


ただ残念な事にカルノーは、
非常に短い人生を送っていて
36歳の時に病死してしまいます。
カルノーが評価を受けたのは死後でした。
クライペロンとトムソン卿が評価し、
その後にマッハが評価をしています。
カルノーが作り上げた「仕事」に関する
概念が後の時代に、ようやく評価されたのです。





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/11/01_初回投稿
2021/05/23_改定投稿




纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】

熱統計関連のご紹介へ】

ブレーズ・パスカル
_【2021/05/31_原稿改定】

以下にSEO対策で「パスカル」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介でフランスの画像を使いました。統計力学の纏め直しをしている作業ですが、パスカルという人が点であって、フランスという糸で結ばれていき、他国の糸と絡み合っていく気がします。作業としては4月からの四半期で登場人物順に再考した後に分野別に再考しているのですが、次の四半期には時代別の再考も進めていきたいと考えています。併せて個別の人物の追加もトピックスのご紹介もしていきたいです。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/21(金)朝の時点でフォロワーは合計【11487】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません【以下原稿です】





フランスに生まれたブレーズ・パスカルは物理学者にして数学者にして哲学者です。17世紀頃までの自然科学に関わる学者達は細分化が出来ていない傾向があり、時代を感じさせる部分ではあります。そして何よりパスカルといえば、その残した言葉、「人間は考える葦である」がまず思い浮かびます。思考法を確立していった人であって、その点では古代ギリシャの哲学者に近いイメージがあります。中世に至るまでの人間の歴史には「科学的な側面」をあまり感じません。経験の蓄積、文化の蓄積から生じた機能美があるのですが、素材も含めて経験知からのアプローチが大きかったのではないでしょうか。無論、思想の停滞は今迄に沢山の場で論じられてきた話題だと思えます。話戻って、パスカルは考え続けた人でした。パスカルの遺稿集であるパンセは有名です。
総合的に物事を考えています。
死後、遺品整理で改めて分かったのは
「神」をも思考の対象として考えて、
様々な思考を繰り返し
確率論、優先順位を考え、
様々な証明方法
を使っていたということです。実際に分かり易い例として、数学の上では三角形の内角の和を考えた時に合計180度であると子供時代に証明していたと言われています。補助線を一本引くだけなのですが、それを思い付いたときはどれだけ嬉しかったことでしょう。きっと感動があったはずです。物理学の面では圧力に関する
パスカルの原理が有名で
その後、今に至るまで油圧機器に多用されてます。
またパスカルは実業家として
の側面も持っていて、
今日で言うバスのシステムを
乗り合いタクシーという形で
実現しています。またパスカルは
子供時代から機械式計算機の制作を
しています。徴税吏員である父親
の仕事軽減が目的だったようです。
少し、ほのぼのする逸話ですね。また、昔フランスでの500フランにパスカルの顔
が描かれていたようです。そしてパスカル
は39歳で亡くなっています。現在では
圧力の単位としてパスカルは名を残しています。
フランスの誇る偉人ですね。


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。
nowkouji226@gmail.com2020/10/05_初稿投稿
2021/05/22_改定投稿

舞台別のご紹介へ】
フランス関連のご紹介へ】
旧サイトでのご紹介へ
熱統計関連のご紹介へ】

テキストポンへの査定申込はコチラ

2021年05月30日

熱・統計力学のまとめ
_【2021/05/30_原稿改定】

以下にSEO対策で「統計関係」の原稿を投稿します。このページからのリンクは随時改定します。ご覧になってみて下さい。
また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/21(金)朝の時点でフォロワーは合計【11487】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません【以下原稿です】


(↑Credit:Pictaso↑)


力学が成熟した時期に、個別粒子の集団的な(カノニカルな)現象をミクロな視点のモデルを使って考察していったのです。現代の物性論の礎となっているとも言えます。特にここでは、電子物性をカノニカル(統計的)な視点で取り扱った人も含めて網羅していきます。電子って電磁気、または量子関係の話にも思えますが統計的手法の面も大きかったりするからです。ましてや超電導などの巨視的な量子効果は統計的な処理を極めた結果であるとも言えるのです。そんなご紹介の中ではカメリーオネスとポアンカレが並んでいたりします。私が敬愛しているエーレンフェストがまた出てきています。量子でも統計でも彼は大きな役割を果たします。そんな感じでブログでの登場人物を以下に時系列で羅列します。

ブレーズ・パスカル_1623年6月19日 ~ 1662年8月19日
ロバート・ボイル_1627年1月25日 ~ 1691年12月31日
ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ_1736年1月25日 ~ 1813年4月10日
ジャック・C・シャルル_1746年11月12日 - 1823年4月7日
N・L・S・カルノー_1796年6月1日 ~ 1832年8月24日
J・C・マクスウェル_1831年6月13日 ~ 1879年11月5日
ウィラード・ギブズ_1839年2月11日 ~ 1903年4月28日
ルートヴィッヒ・E・ボルツマン_1844年2月20日 〜 1906年9月5日
カメリー・オネス_1853年9月21日 ~ 1926年2月21日
アンリ・ポアンカレ_1854年4月29日 ~ 1912年7月17日
ヴィルヘルム・C・W・ヴィーン_1864年1月13日 ~ 1928年8月30日
ピーター・ゼーマン_1865年5月25日 ~ 1943年10月9日
ポール・エーレンフェスト_1880年1月18日 ~ 1933年9月25日
ピーター・デバイ_ 1884年3月24日 ~ 1966年11月2日
ハリー・ナイキスト_1889年2月7日 ~ 1976年4月4日
サティエンドラ・ナート・ボース_1894年1月1日 ~ 1974年2月4日
久保亮五_1920年2月15日 ~ 1995年3月31日
フィリップ・W・アンダーソン_1923年12月13日 ~ 2020年3月29日




以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/10_初回投稿
2021/05/23改定投稿


テキストポンへの査定申込はコチラ


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】
力学関係へ】
電磁気関係へ】

2021年05月29日

J・J・トムソン
_【2021/05/29_原稿改定】

以下にSEO対策で「JJトムソン」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で電子の考え方に対しての「発展史」に関連して、情報補足しました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/21(金)朝の時点でフォロワーは合計【11487】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。
【以下原稿です】



その名は正確には
ジョゼフ・ジョン・トムソン
【Sir Joseph John Thomson】。


イギリスのJ・J・トムソンは同位体の発見者です。
指導者としてはラザフォード
オッペンハイマーボルンの師であり
物理学の発展に大きく貢献しました。


また、電子の実在を形にしていった
一人でもあります。電子を発見したか
については異論があるかも知れませんが
いくつかの洗練された実験で、
トムソンは電子の単位量を決めて
特定原子の同位体を示しました。


トムソンと電子の歴史は密接に関係しています。ニュートン力学が確立され、それをもとに色々な議論が進んでいた時代に、原子核などの束縛を受けていない所謂「自由電子」の振る舞いを明らかにしていきました。電子が沢山放出されるような現象を作り上げて、飛んでくる電子を観測していくイメージです。原子核の周りをまわっているような「束縛された電子」は当時も今でも観測の対象とすることはとても難しいのです。また、JJトムソンの子供も後に、電子の波動性を証明してノーベル賞を受けています。

そして今、いくつもの偉業を遂げ
J・J・トムソンの亡骸は
ニュートンの墓のすぐ近くに眠っています。
英国の生んだ偉人として。





以上、間違いやご意見があれば以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが、必ずお答えします。
nowkouji226@gmail.com


2020/09/14_初回投稿
2021/05/23_改定投稿


詳しくはコチラへ→【テキストポン】


2021年05月28日

電磁気学関係の纏め
_【2021/05/28_原稿改定】

以下にSEO対策で「電磁気学関係」の原稿を投稿します。使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で電車の画像を使いました。高電圧を使い電車は走るのです。光学関係のホイヘンスを電磁気に含めてご紹介していますが、このブログでの4区分ではやはり電磁気の範疇ではないでしょうか。発展した年代を重視した分け方でもあります。また、人物へのリンクも補記しました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/21(金)朝の時点でフォロワーは合計【11487】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません【以下原稿です】


【↑Credit:Pictaso.com】


以下、電磁気学関係を纏めます。アンペールから始まりマクスウェルで終わる形の纏め方もあると思えますが、その後の他分野の発展と共に電磁気学の研究は進んでいくものだと思っています。実際に原子核の状態遷移で放射線が出た際も現象毎に固有な電磁波が生じるのです。また、日本で建設計画があるリニアコライダー(ILC)でも沢山の電磁波が現象理解に必要で、「現象の担い手」となるのです。そんな大事な物理量の発展史でもあります。ここでは波動の伝番として電磁波や光をとらえていて、ホイヘンスから話を始めています。また、関連画像としては電車の画像を使っています。我々は大量輸送手段として電気を動力として使う電車を日常的に使っているのです。大変便利に使っています。そんな原理の発展史としてご覧下さい。


【時代順のご紹介】


クリスティアーン・ホイヘンス_1629年4月14日 ~ 1695年7月8日

アントニオ・ヴォルタ_1745年2月18日 ~ 1827年3月5日_


アンドレ・アンペール_1775年1月20日 ~ 1836年6月10日_

ヨハン・C・F・ガウス_1777年4月30日 ~ 1855年2月23日_

ハンス・エルステッド_1777年8月14日 ~ 1851年3月9日


オーギュスタン・ジャン・フレネル_1788年5月10日 ~ 1827年7月14日


G・S・オーム_1789年3月16日 ~ 1854年7月6日_


マイケル・ファラデー_1791年9月22日 〜 1867年8月25日


C・A・クーロン__1804年2月12日 ~ 1865年2月10日_

H・レンツ_1804年2月12日 ~ 1865年2月10日

A・H・ルイ・フィゾー_1819年9月23日 〜 1896年9月18日


G・ロベルト・キルヒホフ_1824年3月12日 ~ 1887年10月17日

ウィリアム・トムソン_1824年6月26日 ~ 1907年12月17日


J・C・マクスウェル_1831年6月13日 ~ 1879年11月5日


J・A・フレミング_1849年11月29日 ~ 1945年4月18日


H・A・ローレンツ_1853年7月18日 ~ 1928年2月4日


J・J・トムソン_1856年12月18日~1940年8月30日


ハインリヒ・R・ヘルツ_1857年2月22日 ~ 1894年1月1日


ロバート・ミリカン_1868年3月22日 ~ 1953年12月19日


アーネスト・ラザフォード_1871年8月30日 ~ 1937年10月19日


D・J・ボーム_1917年12月20日 ~ 1992年10月27日



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
問題点には適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/11/07_初稿投稿
2021/05/22_原稿改定


TOPへ戻る】

2021年05月27日

ロバート・ミリカン
_【2021/05/27_原稿改定】

以下にSEO対策で「ミリカン」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介でアメリカ関係の画像を使いました。私は超電導の発展した拠点としてシカゴがアメリカっぽいと思いますが、今回のミリカンに関しては適切であるか疑問です。何時か差し替えを再考したいと思います。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/21(金)朝の時点でフォロワーは合計【11487】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。
【以下原稿です】



ミリカンは非常に優れたアメリカの実験家でした。光に粒子性と波動性がある事を実証していく段階で波動性を前面に出した理論を展開していきます。ただ、実験事実として粒子性を使った実験が非常につじつまの合う結果を出していたことにミリカン自身も自問自答を繰返したと思えます。結果としてアインシュタインが論じた光電効果をミリカンも実験的に裏付けます。また、そうした
実験と光の波長からプランク定数を定めました。


加えて、電気素量を導き出した実験も見事です。金属板の間の油滴の運動を考え、ミリカンらは重力の効果に対してクーロン力の兼ね合いを考えて厳密に計測値が求まる油滴の重量から電気素量を導きます。


この2つの業績でミリカンはノーベル賞を受けました。また、ミリカンは非常に優れた教育者として多くの教科書を世に送り、その中で少し先んじた概念を紹介しています。更にミリカンはカリフォルニア工科大学の創設に大きく関わりました。今でも同大学に彼の名を冠した建物があるそうです。
【そもそも米国の通例で、1号館と言う代わりに
ミリカン・ホールという名をつけたりします】





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返事できていませんが
問題点に対しては適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/12_初稿投稿
2021/05/22_改定投稿


旧サイトでのご紹介へ】
舞台別のご紹介へ】
アメリカ関連のご紹介へ】
電磁気関係へ】


詳しくはコチラへ→【テキストポン】

2021年05月26日

W・E・パウリ
_【2021/05/26_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「パウリ」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介の画像でドイツ関係の絵を使います。今回、投稿に関して補足しましたが、何時かマッハやユングとの関係についても盛り込みたいと思います。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/12(木)朝の時点でフォロワーは合計【11336】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



その名はWolfgang Ernst Pauli。オーストリア生まれの
スイスの物理学者。パウリの排他率律で有名です。
排他律を排他率と書いてしまいがち
ですが排他律です。
またはパウリの原理と呼ばれています。
1945年にアインシュタインの推薦で
ノーベル物理学賞を受けています。
ミドルネールのエルンストは
パウリが尊敬するマッハに由来します。
父方はユダヤ人で有名な出版社を
経営していたようです。


さて、
排他律の具体的な内容に関してですが、
ナトリウムの分光実験から話が始まります。
再現性の高い事実として磁場付加時の分光は
電子の自転に由来するという仮説を立て、
後にそれをスピンと呼びます。
新しい量子的自由度です。
後に行列力学を基盤とした定式化
を行い数学的に表現します。
個人的に興味を引くのはミュンヘン大学でパウリがゾンマーフェルト_の師事を受けている点です。私が薫陶を受けた先生がゾンマーフェルト_を研究していてマッハの名前も、その先生から教えてもらいました。そして、マッハ・ゾンマーフェルト・パウリとつながったのです。そしてもう一つ個人的な話を続けます。今使っているドメインへの投稿です。何故か半歳程、投稿漏れに気づかずにいたのですが、ある日「パウリ」について気になって上記ゾンマーフェルトとの関係を思い出したのです。そして急ぎ作業を続けていて驚いたのは、その日がパウリの誕生日だったのです。パウリが生まれてから220年が終わった瞬間でした。後述するユング達が極めた深層心理の世界では意識下と無意識下の間に「潜在意識」を想定しますが、そんなことも少し考えてしまいました。


私の頭の中での奇妙な三角関係はさておき、パウリは人間的にも面白いところがあります。博士号を習得した直後、パウリはゾンマーフェルトに独逸語での百科事典の記事執筆を依頼されます。内容は相対性理論で二か月ほどをつかって完成させました。結果はアインシュタインの査読にかなう見事なもので今日においても読み応えのあるものとなっているそうです。


更に妙な繋がりは心理学者C・G・ユングとの関連です。パウリは離婚後に精神を病んでいた時期がありました。今や、夢分析の世界で有名なユングに完璧主義者のパウリが出合ったのです。先生と生徒という関係を築き、生徒としてユングにパウリは科学的な批評を加えます。互いに有益な関係だったのでしょう。


そして、パウリは最後まで愛した物理学を愛し続けました。戦争での苦難の時代の後に帰国して、病床でも完璧主義者として見舞客と議論を続けました。その中で語り継がれている話があります。


もし、パウリが神に謁見したら、
神に微細定数 1/137.036...の
理論的根拠を尋ねたとしたら、
神様は物凄い速度で計算式を
書き連ねるだろう。その後、
きっとパウリは「違う!」
と唱えて、話し続けるであろう。


よもや、神様さえも「あ!」
と唱えるのではないか、
と不遜にも想像してしまいました。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/19_初稿投稿
2021/04/25_原稿改定
2021/05/19_改定投稿


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】
スイス関係のご紹介へ】
オランダ関係のご紹介へ】
ドイツ関係のご紹介へ】


大学教科書買取専門店【テキストポン】

2021年05月25日

マリ・キュリー
_【2021/05/25_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「マリア・キューリ」の原稿を投稿します使う画像としてはフランス関係のものを使いました。フランスの誇る偉人です。バーナーも改定しました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/12(木)朝の時点でフォロワーは合計【11336】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。
【以下原稿です】


 


その名はマリア・スクウォドフスカ=キュリー:Maria Salomea Skłodowska-Curieですがフランス語でマリ・キューリと呼ばれる事が多いです。彼女は物理学と化学で2度ノーベル賞を受けています。マリ・キューリの父は研究者でしたが貴族階級の出身の為に、帝政ロシアの支配下の元で教壇に立つことを禁じられていました。マリ・キューリは10歳をなる前に大変苦労します。父の非合法の講義が発覚して職・住を失い、母の結核による他界があり、更には投機での失敗もあり、マリーは親戚等の世話になります。





そんな時期にマリ・キューリにも恋をした時代があったようです。当時、マリ・キューリは家庭教師を生業としていましたが、カジュミェシュ・ゾラフスキという青年と恋仲に落ちます。共に避暑旅行に出かけたりして幸せな時間を過ごしましたが、最終的には破局を迎えました。この事がマリ・キューリのパリ行きに繋がった様です。


パリでもマリ・キューリは苦労します。
屋根裏部屋に住んで寒い時には
持っている全ての服を着ながら
勉学に励みます。そんな生活は
大学の学部を卒業する迄、続きました。


そんなマリ・キューリに
漸く光明がさします。
知り合いを通じてピエール・キューリ
と出会ったのです。


そのピエール・キューリは国外で
評価を受けていて1893年には英国の
ケルヴィン卿が訪ねてくる程でした。
ところがピエール・キューリは
勲章を辞退するような性格で
ひたすら研究に励んでいました。


そんな二人が惹かれ合い、認め合い、
マリの帰国後もピエールは恋文を
贈り続け、遂には簡素な結婚式をあげます。
幸せな結婚生活だったと思います。
祝いの宴もなく、結婚指輪も無い、
つつましい形式でしたが
祝い金で買った自転車に乗り、
フランスの片田舎へと新婚旅行に旅立ちます。


料理を頑張り、長女に恵まれながらも学問を続け、ベクレルの見出した放射線に対して二人は研究していきました。そこで。光や温度といったパラメターではなくウラン含有量の含有量が放射現象には本質的であるとの結論を得ます。その後、マリとピエールの夫妻は元素の精製に心血を注ぎます。
同位体の存在に近づいていったのです。


関心のある精製にキューリー夫妻は全てを注ぎ込みます。結果として、夫ピエールは度重なる発作に苦しみ、妻マリは神経衰弱から睡眠時遊行症に陥ります。その中で第二子を流産してしましました。そうした犠牲を払い、新しい概念の提唱に至ります。すなわち、特定元素は別の元素へ変化し得る、という事実です。


そして、その過程で放射線を放出して一見エネルギー保存の法則に相反する変化を起こしますが、それを追ってラザフォードらが研究成果を次々に発表します。そして夫ピエールが放射線に医学的効果を期待出来ると発見をしていくのです。ラジウムの効果でした。


当初は、妻マリーの博士学位習得が放射線研究の目的であったのですが最終的にはマリー・ピエール・ベクレルの3人に対してノーベル賞が贈られます。苦労してきた二人にとって、まさに栄誉の極みでした。


所が、その後突然の不幸が訪れました。夫ピエールが46歳の若さにして交通事故で命を落とすのです。妻マリーは悲痛にくれます。当然でした。その後、傷が癒えるまでに多くの言葉と時間が必要でしたが、最終的に妻マダムは夫ピエールの大学での職位と実験室の後任を引き継ぎます。研究者として活動を始めたのです。


この内容に関してはいずれ追記したいと思います。
いつか、書き足すに値する部分だと思えます。
ケルヴィン卿・カメリーオネスアインシュタインといった
当時の綺羅星の物理学者が彼女と交流を持ちました。


そして、何より悲しかったのは放射線のもたらした弊害です。研究の過程で放射線被曝が重なりマリーは頭痛・耳鳴り・怪我がなかなか治らないといった障害に悩まされ続けます。そして終には死に至りますが、当時はまだその関連性が明確ではなかったようです。


波乱に満ちたマリー・キューリの人生は幕を閉じましたがその後人々は彼女の残した物を高く評価しています。1995年、夫妻の墓はパリのパンテオンに移されました。フランス史の偉人の一人として今でも祭られています。そして、物理の世界の偉人として世界中で語り継がれています。








纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/14_初稿投稿
2021/05/19_改定投稿




2021年05月24日

ルイ・ド・ブロイ
_【2021/05/24_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「ド・ブロイ」の原稿を投稿します。特にドブロイの新しい原稿では「物質波」について増補しました。私のブログを考えた時に想定している読者は高校生も含めた「知的好奇心」を持つ人々です。そんな人が物理学を分からなくても「粒子の二面性」に対して多少の知見を持ってもらえたら嬉しいのです。使う画像としてはフランス関係のものに差し替えてあります。バーナーも改定しました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/12(木)朝の時点でフォロワーは合計【11336】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。
【以下原稿です】



フランス貴族、公爵の血を引いてます。その血筋は由緒正しいのです。そもそも、フランス国王ルイ14世により授爵頂いている名門貴族・ブロイ家の血筋であって、ルイ・ド・ブロイは直系子孫です。兄の没後は兄に子供が居なかった事情もあり、正式に侯爵家の当主を務めています。ルイ・ド・ブロイはフランスの首相を二期務めた第4代当主アルベール・ド・ブロイの孫です。それだから、生誕時にルイの父は当時公子でした。こんな逸話が沢山あるのですね。そんなルイ・ド・ブロイは独自に優れた仮説を進め、ド・ブロイ波(物質波)の考えにたどり着くのです。


そのルイ・ド・ブロイの考えは初めは中々理解されませんでした。関連して超有名なエピソードがあります。ルイ・ドブロイの博士論文の審査過程で教授達がド・ブロイの考えを理解出来ずアインシュタインに意見を求めたたのです。すると、ド・ブロイの考えは博士論文よりもノーベル賞に値する。と評価され、更に考えを進めていく事が出来たのです。その考えはパラダイムシフトでした。当時の物理学の世界を変えたのです。


波が粒子性を持つのと同時に、粒子であると考えられていた電子も、実際には波動性を持つだろうという考えがドブロイ波の本質です。現代の量子力学の理解ではこの二面性は必然ですが、波動性を持つ故に特定元素の周りを周期的に運動する電子は特定波長の整数倍のみ許された軌道を描きます。逆に考えれば特定波長の整数倍の運動しか、その電子には許されないのです。特定原子核の周りを回る電子は特徴的な波長の整数倍を定常状態として周期運動を続け、定常状態間の遷移が起きる際に放射線が生じる事実は、ドブロイを初めとする考えがあってこそ成立する概念なのです。それこそが電子の存在なのです。


実際に数年後にルイ・ド・ブロイはノーベル賞
を受賞します。いつの時代も中々、
新しい考えは理解出来されないものですね。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
必要箇所は適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/08/19_初回投稿
2021/05/19_改定投稿


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】




2021年05月23日

クリスティアーン・ホイヘンス
_【2021/05/23_原稿改定】

以下にSEO対策で「ホイヘンス」の原稿を投稿します。電磁気学関係での整理に伴う改定です。バーナーも改定しました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/12(木)朝の時点でフォロワーは合計【11336】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。
【以下原稿です】



ホイヘンスはオランダの名家に生まれ、ライデン大学では数学と法律を修めました。物理学はその知見を活かすフィールドだったとも言えます。特に数学で優秀さを発揮していたと言われています。


物理学関係の業績としては特に、光学での業績が顕著です。所謂、ホイヘンスの原理は後の物理学者達が波動を考えていく上でとても有益だった筈です。波の性質が突き詰められていき、縦波とか横波とか周波数とか周期とか最終的には波面や、さざ波も、光も同じ定数で表現出来る現象となるのです。この理解が重ね合わせの原理の土台として役立ち、振動解析や音階解析へと話が進んでいくのです。また今世紀初頭にエーレンフェストアインシュタインがライデン大学で議論していた事を鑑みると、人々の繋がりに小さな感動さえ覚えます。加えてライデン大学ではローレンツカメリー・オネスも研究を進めていくのです。


科学での一番最初の障壁は一般化を含めた理解だと感じます。一般の人々にも説明出来る「言葉」を出来るだけ沢山、科学者が作り出すことが大事です。その点、ホイヘンスは初めの難しさを超えたのです。


また、土星の衛星タイタンの発見したり、振り子の原理を理解して時計を制作したり、オリオン大星雲を発見してスケッチしたり、その進取の精神には驚かされます。特に1675年に世界で初めて火薬を使った往復型の内燃機関を形にしているそうです。ニュートンのプリンキピア刊行が1687年ですので、「瞬時に伝番していく撃力」に関する考察を、ホイヘンスが独自に形にしていると想定されます。特筆すべき一面かと。


またホイヘンスは、いわゆるエーテルの存在を想定して
後の物理学に議論の土壌を残しました。
この功績も非常に重要だと思います。



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/18_初版投稿
2021/05/19_改定投稿


旧舞台別まとめへ】
舞台別の纏めへ】
オランダ関係の紹介へ】
ライデン大学のご紹介へ】
電磁気学の纏めへ】

2021年05月22日

H・A・ローレンツ
_【2021/05/22_原稿改定】

以下にSEO対策で「ローレンツ」の原稿を投稿します。電磁気学関係での整理に伴う改定です。収縮・変換に関する内容を補稿しました。今後も補稿を続けて、物理の知識が無い人にもローレンツの偉大さをも伝えたいと思います。バーナーも改定しました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。5/12(木)朝の時点でフォロワーは合計【11336】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。
【以下原稿です】


↑ Credit ; Wikipedea ↑



その名は正確にはHendrik Antoon Lorentz。
です。オランダに物理学で有名なライデン大学
がありますが、ローレンツは其処の出身者です。
この大学では他に、
エンリコ・フェルミ
西周(日本の哲学者)、
ヘイケ・カメリー・オネス_
アルベルト・アインシュタイン
クリスティアーン・ホイヘンス
フィリップ・シーボルト(博物学者)、
ポール・エーレンフェスト
が学んだり、教えたり、議論をしたりしていました。
他、オランダで個人的に関心があるのは
デルフト工科大学です。そこは現在、
低温物理学で有名な拠点ですので別途、
機会があれば取りあげたいと思います。





さて話戻ってローレンツですが、
電気・磁気・光の関係を解きほぐしました。
手法としては座標系の変換を徹底的に使います。
特にアインシュタインが特殊相対性理論
を論じる際に起点の一つに使った、
「光速度不変の概念」はローレンツが導いた
変換に関する考察があって成立しています。
無論、アインシュタインは、
その業績を高く評価していて、
ローレンツを「人生で出会った最重要な人物」
であったと語っています。





ローレンツの業績は、電磁気学、電子論、
相対性理論と多岐にわたりますが、
特に印象深いのは変換に関する物でしょう。
ローレンツは座標系の変換の中で局所時間
と移動体の長さの収縮を議論していきます。そこから、
「ローレンツ収縮」といった言葉も生まれてます。
理論的な要請として、
マイケルソン・モーレの実験を理論から
説明するには光速度普遍の枠組みで
事実を組み立てなければなりません。
これが可能な理論的土台として
ローレンツ変換は秀逸だと感じます。


最後に、そのご臨終の話を語りたいと思います。
ローレンツの葬儀当日は追悼の意を込め、
オランダ中の電話が3分間電話が止められました。
英国王立協会会長だったアーネスト・ラザフォード_
お別れの言葉を述べる中で多くの人が
ローレンツを惜しみました。


お花の定期便【Bloomee LIFE】


観葉植物ならHanaPrime





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/24_初版投稿
2021/05/26_改定投稿


旧舞台別まとめへ】
舞台別の纏めへ】
オランダ関係の紹介へ】
ライデン大学のご紹介へ】




2021年05月21日

江崎玲於奈 _【2021/05/21_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「江崎玲於奈」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で銀杏並木を使いました。筑波大学時代もありますが何時か取り入れようと思います。。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



 
概説

江崎玲於奈は先の世界大戦時代の物理学者です。電子デバイスを発明してスゥエーデンのグスタフ国王からノーベル賞を受けています。量子力学を深く理解して、その原理を応用したトンネル効果を応用したデバイスでした。因みに、このグスタフ国王って面白い人で、結婚式の披露宴にABBAを呼んだら新曲のダンシング・クィーンを披露してくれて、それが世界的な大ヒットになったという逸話なんかがあります。その国王が26歳で初めてノーベル賞を手渡した一人が江崎玲於奈だったのです。別の一人はブライアン・ジョゼフソンとでした。1973年、江崎玲於奈48歳の時でした。そこで彼は国王に『自然科学の成果を称える式典では「人種や差別無く」違った国から人々が集まってくるのだ』、と喜びを伝えました。



江崎玲於奈の業績

デバイス工学においてミクロの性格を応用することはとても重要です。対象としているデバイスの中で量子的な性格が顕著に表れる部分を応用すると従来の考えでは予測できなかったような機能が使えるようになったのです。



晩年の江崎玲於奈

江崎玲於奈は学者という立場で活躍した後、筑波大学等で教育者として活躍しています。第2の人生をしっかり歩んでいて、とても尊敬出来ます。更に語りたい部分はありますが、江崎玲於奈氏はご存命中なのでここまでと致します。書き足したい気持ちはありますが、半面で少しでも静かに長生きして頂きたいと思っています。



〆最後に〆



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
必要箇所は適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/08/27_初版投稿
2021/05/13_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
【東大関連のご紹介】




2021年05月20日

朝永 振一郎_【2021/05/20_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「朝永振一郎」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で京都大学のシンボルマークを使いました。日本の物理学会を作っていった人です。ノーベル賞を受けました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】


【↑_Credit:Wikipedia】



朝永振一郎は私が使っていた教科書
【Diracの「量子力学」】の訳者でした。そのご先祖様は大村藩(現在の長崎県内にありました)の流れをくみます。そして、そんな彼の父は京都大学哲学科教授でした。


また、朝永振一郎は現在の筑波大学の前身となった大学、東京教育大学で教鞭をとり、最終的には学長を務めます。東京に生まれ京都で育ち、世界で議論しました。


朝永振一郎の研究業績で私が最も偉大であると思えるのは繰り込み理論です。ファインマン・ダイアグラムと呼ばれる不可思議な模式図でも表現される反応がありますが、そこでの素粒子の反応過程と数学的矛盾を見事に説明しています。
ファインマンの経路積分にも数学的な美点を感じますが朝永振一郎の理論の方が直感に訴える説得力を持っています。好みといえば好みの問題ですが。


朝永振一郎の理解で量子電磁気学の整理が進み、素粒子物理学が大きく進歩したのです。


朝永振一郎はまた晩年、大学入学以前の若者に対し科学的な啓蒙を進めていたと聞いています。


最後に、朝永振一郎は湯川秀樹と京都大学で同期でした。それぞれの形で当時の物理学で完成形を作り上げたのです。




以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
【京大関連のご紹介】


2020/09/12_初稿投稿
2021/05/10_改定投稿

2021年05月19日

湯川秀樹 _【2021/05/19_原稿改定】

本日、SEO対策として湯川秀樹の原稿を改定します。ノーベル賞を受けていますね。背景画像には京都大のシンボルタワーを使います。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。

【以下投稿です】


【↑_Credit:Wikipedia】



湯川秀樹は朝永振一郎と同じ時代を生きています。
互いに刺激しあう関係を築き、共に時代のテーマに取り組んでいます。伝記を読んでいくと湯川秀樹が情熱を持って取り組んでいた様子が分かります。色々な所で引用されているのですが「アイデアの秘訣は、執念である。」と明言しています。一見、不可解な現象を紐解き、単純明快な原理を抽出する仕事をしてきたのです。そもそも、湯川秀樹の関心は物質の相互作用であって、その世界は全く目に見えません。彼は情熱で綿密に話を組み立てます。重力・電磁力以外の微細粒子間の相互作用を引き起こす「強い力」に着目して議論を進めました。


湯川秀樹の時代には場の考えが発展していて
原子の中での相互作用を湯川秀樹は中間子という概念で更に広げていったのです。ボゾンの一つとして中間子を仮定して強い力を説明してみせたのです。


湯川秀樹の業績は京都大学の原子力研究を初めとして日本の物理学者たちに引き継がれています。
個人的なご縁としては私が幼少時代を過ごした東京板橋にあった理化学研究所の分室で教鞭をとっていたようです。少し時代がずれますが、私の故郷で彼が活動していたと思うと不思議な気持ちです。ノーベル賞受賞者の朝永振一郎もそこに居ました。最近までは、理化学研究所は本駒込にも拠点があり、今でもホンダ朝霞の近くに拠点があります。何故か、と調べを続けていったら埼玉県にある平林寺に創始者の一人である大河内氏の墓所があります。そんな、理化学研の霊的な側面を知って、私は何となく納得してしまいました。ご実家がそのあたりなのでしょうか。何時か更に調べてみたいと思います。


また、湯川秀樹はラッセル=アインシュタイン宣言にも参加しています。以前のブログでもこの関連の話は盛り込んでいますが私は研究者が異議を唱えても社会が破滅的な兵器を作る現実を大変、問題だとに思っています。アインシュタインであれ湯川秀樹であれアシモフであれ社会が叡智を集結して対応することを夢見ています。





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
全て返信は出来ていませんが
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/07_初稿投稿
2021/05/11_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
【京大関連のご紹介】




2021年05月18日

仁科 芳雄_【2021/05/18_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「仁科芳雄」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で銀杏並木を使いました。日本の理化学研を作っていった人です。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



仁科芳雄は稀代の「人たらし」だったと言われています。仁科さんは人に惚れ込む性格でした。仁科さんが人に入れあげる性格で、そんな仁科さんの元に人が集まる。そんな風にして人々を育てあげていった凄さが仁科にはあるんです。


仁科本人はニールス・ボーアのもとで育ち、その自由闊達なコペンハーゲンの学風を持ち込み日本で多くの学者を育てました。1928年にオスカル・クラインとコンプトン散乱の有効断面積を議論しています。また帰国後にはハイゼンベルクディラックを日本に招待して理解を深めています。更には、師であるボーアを日本に呼び寄せています。


研究内容として仁科はサイクロンの建設を進め様々な成果をあげてます。そのサイクロンを大型化する際には
仁科は大変苦労しています。先行するカリフォルニア大学のローレンスとは日米関係に伴い関係が悪くなっていったのですが、終戦共にサイクロンはGHQにより東京湾に破棄されてしまいます。


戦後には仁科は理研の所長を務め、科研製薬の前身で社長を務めましたが、肝臓ガンを患い61歳で亡なります。放射線被ばくの影響もあったであろうと言われています。多くの人材育成に捧げた人生だったと感じています。




以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
適時、返信・改定を致します。


nowkouji226@gmail.com


2020/12/13_初版投稿
2021/05/10_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
【東大関連のご紹介】



2021年05月17日

寺田 寅彦__【2021/05/17_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「寺田寅彦」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で銀杏並木を使いました。日本の物理学会の黎明期に研究をしていた人です。文人としても有名人ですね。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



 寺田寅彦について

寺田寅彦は物理学者にして俳人です。
文筆家としては牛頓の名を名乗っていたり。
牛頓と書いてニュートンと読ませてました。


熊本の高校で英語教師として赴任していた
夏目漱石と出会います。後に文学に関わる
のはこの出会い大きかったといわれています。
贅沢な人生ですね。夏目漱石の作品
「吾輩は猫である」の中では寒月君として
登場する人物のモデルとなっていて
作品を通じて御人柄に触れた人も多いのでは
ないでしょうか。
因みに、


2021年春の時点で日経新聞で進んでいる連載小説では、その様子が描かれているようです。何時も斜め読みしていますが、淡々と話を進めるお人柄が伝わってきます。当時の時代背景や文人達の交流が感じられて面白いです。



寺田寅彦と研究について

研究の点でも時代の枠にとらわれない視点を持ち実績を残しています。その中でも評価が高い
研究業績はラウエの業績に刺激を受けた研究で
「X線の結晶透過」についての業績です。先進的な結晶解析に関して考察ををしてます。そして、
1913年に「X線と結晶」をNatureに発表してます。


寺田寅彦の研究人生をふりかえると、
田中舘愛橘に教えを受け、
長岡モデルを提唱した長岡半太郎
教えを受けて、学生結婚をして、
その奥様に早く先立たれ、
東京帝国大理科大学で教鞭をとった後に
ベルリン大学で地球物理学を研究し、
理化学研究所、 東京帝大地震研究所
で研究を続けました。
57歳で亡くなられています。






〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては適時、
返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/09_初稿投稿
2021/05/10_改訂投稿


舞台別のご紹介】
日本関連のご紹介】
東大関連のご紹介】
ドイツ関連のご紹介】



2021年05月16日

西川 正治_【2021/05/16_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「西川正治」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で銀杏並木を使いました。初期の原子考察をしていった人です。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



西川 正治は寺田寅彦の指導を受け
物理学を学んでいきます。特に、
彼は竹や麻等の植物由来の構造体
に着目して繊維構造物質に対して
電磁波がどう作用するか考えました。
手法としてはX線回折を駆使して
スピネル群結晶内の電子配置を
決定しています。


そもそも、電子は不可視の存在ですが、電磁波に対して作用して結果を残すのでその結果を画像で解析すれば結晶内での微視的な電子配置の情報が得られるのです。初学者は単純なモデルから学ぶので電子が個々の性質を見せると思いがちです。実際はそんな事は無くて電子単体で「観測にかかる」事象はなかなか見当たりません。たとえば相互作用を考えていって「輝点」の議論をしている時でも、話の中には色々な要素があって、どこまでが観測事実か、はたまた勝手な想像であるか、判断に迷うことがあります。万人に説得力を持つ議論を進めるのはとても大変な作業です。加えて、当時の時点での知識で原子からの寄与と、電子からの寄与を明確にしていくには多くの知見が必要だったと思われます。X線情報の精度を考えるだけで大変で、一つ一つ推論を裏付けていった筈です。
そうした「新しい計測手法」を手掛かりに
西川正治は解析していったのです。


西川正治はそうした業績を残しながら
二人のお子様を育て、其々が学者として
名を残しています。また、同時に
幾人もの弟子を育て日本物理学会に
今も続く、大きな足跡を残しています。



以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
適時、返信・改定を致します。


nowkouji226@gmail.com


2020/12/13_初稿投稿
2021/05/10_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
【東大関連のご紹介】

2021年05月15日

石原純(あつし・じゅん)_【2021/05/15_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「石原純」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で銀杏並木を使いました。アインシュタインの通訳を務めた人です。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



日本の物理学史の中から一人、
ご紹介します。2021年の時点で
同性同名の方が現存されますが、
これは19世紀の人の記事です。



多彩な活躍をした石原さん

山川健次郎、田中館愛橘、長岡半太郎
本多光太郎、寺田寅彦、、、、
と続く黎明期の中で異色の人生を歩み
ました。アインシュタイン来日時には
通訳を務め、西田幾多郎に不確定関係
を伝えたパイオニアです。


日本物理学界に多大な貢献を残しつつ、
女性関係で帝大を去ります。
そもそも石原さん、歌人の
伊藤左千夫の弟子なので斉藤茂吉に家庭を
大事にするように説得されたりしていますが、
聞く耳を持たずにのめり込んでいたようです。
アララギの発刊に携わったメンバー
ではありましたが、
この事件でアララギ脱会に至ります。


と、ここまではwikipedia等に載っている
範疇の話です。



語り継がれた石原さん

私的な思い出としては、大学の恩師が彼を評価
していて、講義の中で情熱を込めて語ってくれて
いた時間です。日本の科学の為に多大な功績を
残しながらも学会と距離を置き、交通事故による
不慮の最後を遂げた人生を思いを込めて暖かい
語り口で講じていました。




〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
適時、返信・改定をします。、


nowkouji226@gmail.com


2020/11/11_初回投稿
2021/05/10_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
【東大関連のご紹介】


 

2021年05月14日

大河内正敏_【2021/05/14_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「大河内正敏」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で銀杏並木を使いました。日本の物理学会や理化学研を作っていった人です。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】




大河内家の御曹司

大河内正敏は旧上総大多喜藩主にして子爵であった大河内正質の息子として生まれました。正敏は学習院初等科に進み、大正天皇と共に学びます。また大河内とは珍しい名字だなと思っていたら奥様も大河内家から娶っていたりして、なんだか皇族みたいな感じがしました。平民とは違う華麗なる一族って感じです。きっと鹿鳴館で踊っていたりしたのでしょう。政界では子爵議員として貴族院で議員を2期務めます。そんな中で若かりし無名の田中角栄を可愛がっていたといわれます。そんな人なので理化学研究所の3代目所長に就任したした時は理研研究員にして、貴族院議員で子爵、そして東京帝大教授でした。そんな偉人を今回はご紹介します。



大河内正敏の業績

大河内正敏は東大で物理学を学んでましたが時節柄、寺田寅彦と飛行弾丸の研究をしていたようです。物理学を駆使すれば流体力学や表面の解析が出来ます。大河内正敏が進めた具体的な別の活用事例としては、ピストンの開発があります。ここでもシリンダー内の熱流体解析や、摂動面の摩擦を解析出来ます。この研究は後の株式会社、リケンにつながります。戦後このグループは、GHQより十五大財閥の一つとして指定を受けます。



そして、眠りに落ちています

こうした業績を残して今、大河内正敏は埼玉県にある平林寺で永眠しています。その近くには理化学研究所の分室があり、今でも研究者たちが世界に冠たる研究を続けています。




〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
最近は返信出来ていませんが
全てのメールを読んでいます。
適時返信のうえ改定を致しします。


nowkouji226@gmail.com


2020/12/17_初版投稿
2021/05/10_改訂投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
【東大関連のご紹介】

2021年05月13日

寺田 寅彦__【2021/05/13_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「寺田寅彦」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で銀杏並木を使いました。日本の物理学会の黎明期に研究をしていた人です。文人としても有名人ですね。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



 寺田寅彦について

寺田寅彦は物理学者にして俳人です。
文筆家としては牛頓の名を名乗っていたり。
牛頓と書いてニュートンと読ませてました。


熊本の高校で英語教師として赴任していた
夏目漱石と出会います。後に文学に関わる
のはこの出会い大きかったといわれています。
贅沢な人生ですね。夏目漱石の作品
「吾輩は猫である」の中では寒月君として
登場する人物のモデルとなっていて
作品を通じて御人柄に触れた人も多いのでは
ないでしょうか。
因みに、


2021年春の時点で日経新聞で進んでいる連載小説では、その様子が描かれているようです。何時も斜め読みしていますが、淡々と話を進めるお人柄が伝わってきます。当時の時代背景や文人達の交流が感じられて面白いです。



寺田寅彦と研究について

研究の点でも時代の枠にとらわれない視点を持ち実績を残しています。その中でも評価が高い
研究業績はラウエの業績に刺激を受けた研究で
「X線の結晶透過」についての業績です。先進的な結晶解析に関して考察ををしてます。そして、
1913年に「X線と結晶」をNatureに発表してます。


寺田寅彦の研究人生をふりかえると、
田中舘愛橘に教えを受け、
長岡モデルを提唱した長岡半太郎
教えを受けて、学生結婚をして、
その奥様に早く先立たれ、
東京帝国大理科大学で教鞭をとった後に
ベルリン大学で地球物理学を研究し、
理化学研究所、 東京帝大地震研究所
で研究を続けました。
57歳で亡くなられています。






〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては適時、
返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/09_初稿投稿
2021/05/10_改訂投稿


舞台別のご紹介】
日本関連のご紹介】
東大関連のご紹介】
ドイツ関連のご紹介】



2021年05月12日

高木 貞治_【2021/05/12_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「高木貞治」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で京都大学のシンボル塔を使いました。日本の数学会を作っていった人です。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】


↑Credit:Wikipedia↑



今回、日本人数学者をご紹介します。そのお名前は高木貞治と書いて名前を「ていじ」と読ませます。


高木貞治は岐阜に生まれ現在の京都大学を卒業した後に東京大学に進みます。現在の学校制度と異なる印象も受けます。今時の表現をすると京大で学位をとって東大でマスターをとった感じでしょうか。


その後、高木貞治はドイツへ留学してヒルベルトの教えを受けます。現代の代数幾何学の原型を体系立てていったのでしょう。当時の日本で使われていた数学は所謂「和算」の発展形だったと思われます。数学的には実数が扱われていますが、少数が一般に使われていた形跡は見受けられません。もっとも、一円・七銭といった感覚はあるので1/3が0.33333・・・・・と考え続けていける筈です。小数点の概念はあったと考えても切断の概念や作図を使った証明等には発展していなかったでしょう。


そもそも、個人的に高木貞治の名を知ったのはムツゴロウさんの著作でした。たしか「ムツゴロウの青春期」。その中で彼が高校時代に地元九州の先生に紹介された本が高木貞治の「解析概論」でした。解析概論が明快であると言われ、高校の教科書とは別に数学のエッセンスを学んでいきます。その後、バンカラな青春時代を過ごしていったムツゴロウさんは東大の物理学科に進み、最後はどうぶつ王国を作ります。話戻って解析概論ですが、岩波文庫から出ていたその本を私も買って、面白く読んだ思い出があります。


尚、2011年の時点で日本国内における著作権の
保護期間満了に伴いネットで著作が公開され始めています。
【Wikisourceや青空文庫を見てみて下さい】



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/11/08_初回投稿
2021/05/10_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
【東大関連のご紹介】
【京大関連のご紹介】

2021年05月11日

長岡半太郎_【2021/05/11_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「長岡半太郎」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で銀杏並木を使いました。日本の物理学会を作っていった人です。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



長岡半太郎の豊かな人脈


 

この長岡半太郎も湯川秀樹同様に大村藩の流れ。学生時代は東大で山川 健次郎や田中舘愛橘に学び、助教授として留学していた時期にボルツマンに学びます。それだから実証主義の考え方も、それ以後はある程度踏まえながら議論をしていったのでしょう。そんな事を考えながら、科学史の観点から論文を読んでみたくなりました。別の面から調べてみたら話は進む時があるんですね。



長岡半太郎の研究業績

長岡半太郎の研究業績として大きいのは、なんと言っても原子モデルでしょう。トムソンがブドウパンの中のブドウのような形で中心からの距離や軌跡と無関係に電子の存在を仮定していたのに対し、長岡半太郎は原子の周りを電子が回転する土星のようなモデルを提唱しました。この話は、不確定性関係と合わせて論じてみたいと思います。後に確立された不確定性関係では対象粒子の位置と運動量の関係が論じられます。この二要素が関連して論じられる訳です。その考え方の枠組みでは運動量が確定している電子に対して位置は不確定であって当然です。具体的には個体原子の位置は止まっていると見なせそうですが、動き回る電子の位置の確定が難しいのです。「運動量」の観測精度を高めている電子に対して位置情報はどんどんぼやけてきてしまいます。時代を戻して長岡半太郎の時代に電子を観測することを考えてみて、電子の挙動をとらえる帯電物質を想定してみても帯電体の中を動き回る電子の動きを止める事は出来ません。電子とは何時も動いている物体だからです。それだから、初めの時点での
モデル化の難しさが出てくるのです。


今日の物理学、特に量子力学的な知見では不完全なモデルとも言えますが、長岡半太郎のモデルは当時の原子モデルを大きく変えた点で高く評価出来ると思えます。素晴らしいパラダイムシフトでした。






以上、間違いやご意見があれば
以下アドレスまでお願いします。
問題点に関しては適時、
改定や返信を致します。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/13_初回投稿
2021/05/10_改訂投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
【東大関連のご紹介】

2021年05月10日

田中舘愛橘_【2021/05/10_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「田中館愛橘」の原稿を投稿します。使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で銀杏並木を使いました。その時代に学内で銀杏を植えていたのでしょうか。また、バーナーは今迄、文章の区切りとして多用していましたが、最近はGoogleに任せています。閲覧している方々の日常に合わせたクッキー情報で入れてもらうことにします。私は文章を作る事に集中します。話し戻して田中館愛橘ですが、日本の物理学会を作っていった人です。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



田中館愛橘、その名は愛橘と書いてあいきつ、と読ませます。生まれた年は旧暦の時代で安政3年9月18日です。【新暦で1856年10月16日です】没年は新暦での昭和27年です。先祖に南部藩の赤穂浪士と呼ばれた方が居たそうですから、そうしたイメージから語り出したいと思います。時代の変革期に若き日を過ごしました。


さて、田中館愛橘の父方は兵法師範の家系であり、愛橘は藩校である作人館に学びます。作人館での同窓生には原敬がいて後輩には新渡戸稲造がいました。存じませんでしたが立派な学校ですね。東京に出て慶應義塾に通いますが学費が高額なので東京開成高校に進みます。今で言えば東大教養学部のイメージでしょうか。そこで愛橘は山川健次郎から物理学を学びます。政治にも関心を持っていたようですが、山川から諭され、我が国の理学での遅れを挽回せんと愛橘は物理学を志しました。1879年に東大で外国人教師であるメンデンホールとユーイングがエジソンの発明したフォノグラフを日本に紹介しましたが、田中館愛橘は早速試作を行いました。その音響や振動の解析を行っています。1880年にはメンデンホールによる重力観測に参加し、東京と富士山で観測作業を行いました。当時の世界1の高精度方位計であると称えられた電磁方位計を愛橘は制作しました。


田中館愛橘は明治16年12月に福岡に帰っていた父・稲蔵が割腹自殺したとの知らせを受けて帰郷します。そしてその年に東京大学助教授となりました。詳細は追って調べます。この時期気になる動きです故。


その後、田中館愛橘はイギリスでケルビン卿に師事し、大きな影響を受け、生涯を通じてケルビンを敬愛しました。その後1890年にヘルムホルツのいたベルリン大学へ転学、電気学などを学びます。この時代の電気に対する理解は、後ほど項を改めてマクスウェルらと関連して語ります。愛橘は東京帝大理科大学教授となり後にに理学博士の学位を受けます。更にデンマークのコペンハーゲンで開かれた万国測地学協会 第14回総会で地磁気脈動や磁気嵐の発表をします。


また時代柄もあって、田中館愛橘は陸軍や海軍に対して貢献します。地磁気測量では指導の中心的な役割を果たしています。旅順での戦闘の際には敵情視察用の繋留気球の制作を依頼されています。それが愛橘と航空研究のきっかけ
となりました。田中館愛橘は中野の陸軍電信隊内での気球班で気球研究を始め、制作および運用法を指導しています。試行錯誤の末に気球を完成させ、旅順戦で戦闘に使用されています。


そして田中館愛橘が60歳になり、教授在職25周年のパーティで愛橘は辞職する旨を伝えました。後の東大での定年退職制度に繫がっていきます。また、田中館愛橘は数多くの人材を育てました。教え子としては長岡半太郎、中村清二、本多光太郎、木村栄、田丸卓郎、寺田寅彦などが居ます。それ故、愛橘は「種まき翁」、「花咲かの翁」と呼ばれたそうです。95歳7か月の天寿を全うしました。


以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
最近は返信出来ていませんが
全てのメールを読んでいます。
適時返信のうえ改定を致しします。


nowkouji226@gmail.com


2020/12/16_初版投稿
2021/05/09_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
【東大関連のご紹介】




2021年05月09日

山川健次郎_【2021/05/09_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが、以下にSEO対策で「山川健次郎」の原稿を投稿します使う画像で考えてしまいましたが、このご紹介で銀杏並木、舞台別からのリンクでイェール大学を使いました。日本の物理学会を作っていった人です。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】




山川健次郎の人生

山川 健次郎は日本初の物理学者です。その家は会津藩の家老家で戊辰戦争では健次郎は白虎隊に所属していました。自刀していった仲間もいた中で、山川健次郎は落ち延びました。その後に米国へ国費留学を果たし、イェール大学で物理学を修めます。日本に戻り、最終的には東大総長・京大総長を務めます。



山川健次郎と辰野金吾

私の家祖が会津藩・彰義隊でしたので個人的に彼になんとなく親近感を持っていました。山川健次郎は国費留学生として イェール大学で学位を修めます。また、東京駅の設計に携わった建築家・辰野金吾とは奥様を通じて親戚関係となっています。



山川健次郎のお人柄と研究成果

山川健次郎のお人柄を表すエピソードとして日露戦争に関するものがあります。当時、彼は東大で総長を務めていましたが、愛国心に満ちた健次郎は陸軍に詰め寄り、一兵卒として従軍させろ、と担当を困らせたそうです。個人・家族・所属国家と意識が繋がっていたのですね。その時にはもはや、賊軍だった頃の意識は無いのでしょう。


山川健次郎の時期の物理学会は諸外国との交流を感じさせません。特にコペンハーゲン学派が中心となって次々と新しい知見をもたらしていた時代に日本の物理学は黎明期にありました。後の時代に原子核内の相互作用を解き明かしていく若者達を育てていく時代だったのです。


山川健次郎自身の研究成果は伝えられていませんがそれよりも寧ろ、後輩達を育てながら次の時代への為の土壌を育んでいたと考えるべきでしょう。また、この時代に千里眼を巡る話題が世間を騒がせていましたがそれに対して山川健次郎は批判的で冷静な立場をとっていたと伝えられています。





〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/23_初回投稿
2021/05/09_改定投稿


舞台別のご紹介】
日本関連のご紹介】
東大関連のご紹介】
京大関連のご紹介
イェール大学関連のご紹介】

2021年05月08日

アウグスト・ピカール_【2021/05/08_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ピカール」の原稿を投稿します。今回の改定で前文を改めスイス関連へのリンクを付けました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



アウグスト・ピカールは宇宙と深海に
大いなる関心を持っていた人でした。


アウグスト・ピカールはスイスのフランス系家庭に生まれ
少年時代から科学に興味を示し、チューリッヒ工科大学で物理学を学び宇宙線、オゾンといった研究をしていくのですが
その探究心は冒険に繋がっていくダナミックなものでした。





観葉植物ならHanaPrime


まず、アウグスト・ピカールは成層圏に挑みます。フランス国立基金から資金援助を得て、自らが設計した気球に水素を詰めて上空16,000 mの成層圏に達します。これは気球による世界初の達成でした。空の果てに人類が初めてたどり着いたのです。


Bloomee LIFE


その後、ピカールはバチスカーフと名付けた深海潜水艇で深海に挑みます。バチスカーフは鉄の錘を抱いて沈んでいき浮き上がる時には錘を切り離すという仕組みで探検をします。浮力はガソリンでした。


そして、冒険家ピカールの血は代々受け継がれていきます。
息子であるジャック・ピカールを伴ってバチスカーフに搭乗し、マリアナ海溝のチャレンジャー海淵到達を達成しています。更には孫のベルトラン・ピカールが世界で初めて、気球による無着陸世界一周を達成しています。おじいさんの冒険を思い起こしながら飛んでいたのでしょう。思いは空のかなたへ。素敵ですね。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。
nowkouji226@gmail.com


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】


2021/01/19_初稿投稿
2021/05/01_改定投稿


2021年05月07日

L・オイラー_【2021/05/07_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「オイラー」の原稿を投稿します。今回の改定ではスイス関係への内部リンクを付けました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



L・オイラーのLはレオンハルトのLです。


スイスに生まれたオイラーは
ガウスと並ぶ数学の大家
ですが、同時に天文物理学でも業績
を残しています。物理学で使う数学
手法も残しました。オイラーが
定式化した自然対数と三角関数の関係は
何度も何度も繰り返し使いました。


さて、オイラーの人生における転機は
大学時代に師となるベルヌーイが
その才能を見出したタイミングでした。
神学の道を目指していたオイラーの
両親をベルヌーイが説得して
オイラーは数学の道を選びます。


オイラーは招かれて外国で数年
過ごしたりしながら研究を続け
ましたが、視力が低下していき
遂には失明してしまいます。


それでもオイラーは精力的に
論文執筆の活動を続けました。
頭の中で計算式を操り、
口頭で協力者に内容を伝え、
文章に起こしてもらい、
論文を次々と完成させたのです。


観葉植物ならHanaPrime


Bloomee LIFE





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


【旧サイトでの舞台別のご紹介】


2020/09/26_初稿投稿
2021/05/01_改定投稿


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】
スイス関係のご紹介へ】




2021年05月06日

D・J・ボーム_【2021/05/06_原稿改定】

登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「DJボーム」の原稿を投稿します。AB効果で有名ですね。
のんきに、ご覧下さい。
また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。リンクも含めて纏めサイトへの投稿を残します。


【以下が投稿原稿です】



正確にはその名は、
デヴィッド・ジョーゼフ・ボーム_
David Joseph Bohm、
ヘブライ語表記ではדייוויד ג'וֹזף בוֹהם, דוד יוֹסף בוֹהם。
偶然でしょうがボームはロシア革命の年に生まれてます。そんな時代背景もボームの人生に影響を残しています。ハンガリー系‎‎ユダヤ人の父とリトアニア系ユダヤ人の母の間に生まれ、UCBバークレー校でオッペンハイマーの教えを受けます。学生時代に当時の知人の影響で思想的に影響を受け、異なった社会モデルを持つ急進的な主義の考えをボームは抱きます。後にはその為にFBIにマークされたりします。





第2次世界対戦の時にはボームは師オッペンハイマーに従いマンハッタン計画に参加します。その計画は陽子と重陽子の衝突研究を進め、濃縮ウランを作り原爆を製造する計画で実行に移されました。


観葉植物ならHanaPrime


戦後、ボームはプリンストン大学でアインシュタインと共に働いていましたが、いわゆるマッカーシズムにあい、プリンストン大学を追われます。社会主義者としての過去の活動を当局に問題視されたのです。アインシュタインはボームに彼の助手として大学に残る事を勧めますが、その願いは叶わずに、ボームはブラジルのサンパウロ大学に移りました。


研究者としてボームは幾多の成果を残しています。先ず量子力学の解釈の面でボーム解釈。EPRパラドックスの提唱。そして電磁気学でのAB効果です。それぞれ問題の本質をとらえようと考え続けていたように思えます。そして、その分野の考えに今も残る影響を与えています。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/31_初稿投稿
2021/05/02_改定投稿


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】
アメリカ関係のご紹介へ】


教科書買取専門店による教科書買取サービス【テキストポン】

posted by コウジ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 原稿改定

2021年05月05日

スイス関係の物理学者_【2021/05/05_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「スイス関係」の原稿を投稿します。今回の改定ではパウリへの内部リンクを付けました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】


スイス連邦、伝説の英雄ウィリアム・テルの国、心理学者ユングの国、そして、アルプスの少女ハイジの国です。その人口は近年のデータで860万人程度(世界第99位)と言われています。小さな国だと思えますが永世中立国として政治的独自性を保ち、多数の金融機関、国際機関が置かれていたりします。本稿では、そのスイス関連の物理学者をご紹介します。全て網羅されていると思えませんが、集めてみると、個性的な人材ですね。スイスの美しい街並み、豊かな大自然、優しい人々が育んだ、自然科学分野の人材です。ご覧下さい。



L・オイラー
_1707年4月15日 ~ 1783年9月18日


アウグスト・ピカール_1884年1月28日 〜 1962年3月24日


W・E・パウリ_1900年4月25日 ~ 1958年12月15日


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信できていませんが、
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/03/09_初回投稿
2021/05/01_改定投稿


【旧舞台別まとめへ】
【舞台別のまとめへ】

2021年05月04日

W・E・パウリ_【2021/05/04_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「パウリ」の原稿を投稿します。今回の改定で前文を改めオランダとスイス関連へのリンクを付けました。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



その名はWolfgang Ernst Pauli。オーストリア生まれの
スイスの物理学者。パウリの排他率律で有名です。
排他律を排他率と書いてしまいがち
ですが排他律です。
またはパウリの原理と呼ばれています。
1945年にアインシュタインの推薦で
ノーベル物理学賞を受けています。
ミドルネールのエルンストは
パウリが尊敬するマッハに由来します。
父方はユダヤ人で有名な出版社を
経営していたようです。


さて、
排他律の具体的な内容に関してですが、
ナトリウムの分光実験から話が始まります。
再現性の高い事実として磁場付加時の分光は
電子の自転に由来するという仮説を立て、
後にそれをスピンと呼びます。
新しい量子的自由度です。
後に行列力学を基盤とした定式化
を行い数学的に表現します。



個人的に興味を引くのはミュンヘン大学でパウリがゾンマーフェルト_の師事を受けている点です。私が薫陶を受けた先生がゾンマーフェルト_を研究していてマッハの名前も、その先生から教えてもらいました。そして、マッハ・ゾンマーフェルト・パウリとつながったのです。


私の頭の中での奇妙な三角関係はさておき、パウリは人間的にも面白いところがあります。博士号を習得した直後、パウリはゾンマーフェルトに独逸語での百科事典の記事執筆を依頼されます。内容は相対性理論で二か月ほどをつかって完成させました。結果はアインシュタインの査読にかなう見事なもので今日においても読み応えのあるものとなっているそうです。


更に妙な繋がりは心理学者C・G・ユングとの関連です。パウリは離婚後に精神を病んでいた時期がありました。今や、夢分析の世界で有名なユングに完璧主義者のパウリが出合ったのです。先生と生徒という関係を築き、生徒としてユングにパウリは科学的な批評を加えます。互いに有益な関係だったのでしょう。


そして、パウリは最後まで愛したものを愛し続けました。戦争での苦難の時代の後に帰国して、病床でも完璧主義者として見舞客と議論を続けました。その中で語り継がれている話があります。


もし、パウリが神に謁見したら、
神に微細定数 1/137.036...の
理論的根拠を尋ねたとしたら、
神様は物凄い速度で計算式を
書き連ねるだろう。その後、
きっとパウリは「違う!」
と唱えて、話し続けるであろう。


よもや、神様さえも「あ!」
と唱えるのではないか、
と不遜にも想像してしまいました。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


【旧サイトでの舞台別ご紹介】


2020/09/19_初稿投稿
2021/05/01_改定投稿


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】
スイス関係のご紹介へ】
オランダ関係のご紹介へ】
ドイツ関係のご紹介へ】


大学教科書買取専門店【テキストポン】

2021年05月03日

シュレディンガー_【2021/05/03_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「シュレディンガー」の原稿を投稿します。時代の変革期の中で新しい概念を作っていった人です。ツイッターで紹介すると他の人の倍、アクセスが集まります。ご覧になってみて下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/29(木)朝の時点でフォロワーは合計【11785】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。リンク先情報も含めて纏めサイトの情報を記載します


【以下が投稿原稿です】。



シュレディンガーはオーストリア=ハンガリー帝国に生まれました。彼はその父に影響を受けたと言われまずが、その父はバイエルン王国の生まれで、広い教養をもった人だったようです。そうした点がシュレディンガーの性格に影響しているかと思われます。


シュレディンガーは猫の例えで有名です。具体的には量子力学的な現象に連動して猫を毒殺する仮想実験を議論しました。議論の帰結としてミクロな現象が確率的な実在として表現出来るという解釈です。そして空間的に広がる確率波を考えていきます。


確率波の時間発展はシュレディンガー方程式と呼ばれ量子力学の基礎方程式となるのです。私は大学院時代にそこから考え始めて超伝導現象を紐解きました。新しい現象理解に繋がっていったのです。今もその枠組みで議論がされています。世界中で議論がされています。


そうした量子力学の表現形式としては、ハイゼンベルク形式とシュレディンガー形式があり2つは完全に等価です。数学の側面から大まかに表現すると、ハイゼンベルク形式はヒルベルト空間上の行列とベクトルを使い、シュレディンガー形式では同空間での演算子と波動関数を使います。共に直感に響く側面を持ち相補して全体を補い合うのですが、私には粒子の二面性を感じる時はシュレディンガー形式が適していると思われました。そんな記述をシュレディンガーは纏めたのです。



最後に、もう一度シュレディンガーの人となりに話を戻したいと思います。シュレディンガーはウィーン大学でボルツマンの後任であるハゼノールの教えを受けていて、ボルツマンと関わりが出来たのです。彼はボルツマンの示した道筋を受け継いでいた人でした。彼はボルツマンに対して熱い想いを持っていました。曰く、


「ボルツマンの考えた
道こそ
科学に於ける
私の初恋
と言っても良い亅_


【万有百科大事典 16 物理・数学の章より引用しました。】


いわば、ボルツマンが完全に確立出来なかった原子論をシュレディンガーは彼らしい描像で表現したのです。


また、シュレディンガーはオーストリアの
紙幣にその肖像を残しています。




以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
必要箇所は適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/08/16_初稿投稿
2021/05/01_原稿改定


舞台別のご紹介へ】
オーストリア関連のご紹介へ】
ウィーン大関連のご紹介へ】

2021年05月02日

ロバート・ボイル_【2021/05/02_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策後の「ボイル」の原稿を投稿します。オックスフォード大関連の整理をする中での再投稿ですが、定量的な対象に対しての理解や、「化合物」、「混合物」といった「言葉の確立」に関して苦心した様子が見受けられます。どうぞご覧下さい。リンクを含めてWWWの付いたサイトでの更新情報を残します。また、ブログ宣伝でツイッター。4/23(金)フォロワーは合計【12016】でした。フォロワーどのくらい減るか観察します。それよりも紹介の内容を吟味します。今ツイッターにはあまり意義を感じていません。使えるのでしょうか。試行錯誤は続けます。


【以下が投稿原稿です】



その名は正確には
サー・ロバート・ボイル: Sir Robert Boyle_
英国アイルランド生まれの物理学者です。
初代コーク伯爵リチャード・ボイルと
キャサリンの間に7番目の男子として生まれ
現地の家庭に里子に出されます。
その結果、ボイルはアイルランド語を
理解し、通訳レベルまで習得しました。


ボイルはフランス人の家庭教師と
海外旅行をしていて、1641年冬には
イタリアのフィレンツェで過ごし、
ガリレオ・ガリレイの教えを受けます。
ガリレオは1642年に亡くなりますが、
まさに晩年、ガリレオと接したのですね。
今の日本人なら中学生でしょうか。
多感な時期に良い刺激を受けた事でしょう。





1644年に大陸の長旅を終えるとボイルは
多くの時間を科学に使い、後の王立協会
に繋がる集まりであるロンドン理学協会、
別名、不可視の学院とも呼ばれた集まりに
参加するようになります。先代が亡くなって
いましたので、ボイルはアイルランドでの
立場もあったのですが、ロンドンで頻繁に
会合が開かれた事情もあり彼は最終的には
オックスフォードに移り住みます。
実験器具が入手し辛いといった切実な
側面もあったようです。


お祝いの花束ならHanaPrime


その後、フックを助手としてボイルは空気
ポンプを制作して圧力の研究を始めます。
やがてはその研究は体積との関係を示す、
ボイルの法則に繋がります。
ただ1660年迄に
体積は圧力に反比例すると明言していて、
書物での記録はあるようですが、
温度や分子量との関連を含め、
現象の定式化には至らなかったようです。
実際の定式化はヘンリー・パワーによって
1661年になされているようです。


最後に、ボイルは錬金術の伝統を受継いで
いましたが、近代的な視点を持ち「元素」を想定して、
混合物と化合物を明確に区別した点で秀でています。
ボイルが明確にしたパラダイムシフト
は非常に大きな業績だと言えるのではないでしょうか。


お花の定期便【Bloomee LIFE】






纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】
イギリス関係のご紹介
オックスフォード関連へ】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/11/04_初稿投稿
2021/04/26_改定投稿


テキストポンへの査定申込はコチラ

2021年05月01日

マレー・ゲルマン_【2021/05/01_原稿改定】

  • ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ゲルマン」の原稿を投稿します。今回はイェール大学の関連で再投稿します。ファインマンの論敵です。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。何はともあれ、ご覧下さい。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/23(金)朝の時点でフォロワーは合計【12016】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


  • 【以下が投稿原稿です】



    ゲルマンは米ニューヨーク生まれの理論家です。素粒子論の世界でノーベル賞を受けています。ゲルマンの名を本来はゲル-マンと書きますが、【Gell-Mannと書きますが、】本稿ではゲルマンとします。


    ゲルマンはイェール大で学士号を受け、MITで博士号を受けました。その後、プリンストン高等研究所、コロンビア大、シカゴ大、カリフォルニア工科大で研究を続けます。サンタフェ研究所の設立者の一人でもあります。


    英語が話せるようになる「アクエス」


    ゲルマンの研究実績としてはクォークの提唱が大きかったですね。加速器の開発後には様々な粒子が未整理のまま次々と発見され、それらの関係と性質は未解決のまま問題が蓄積されていきます。それらを整理・理解する手段がクォークだと言えるでしょうか。ゲルマンの理解体系では対象性が使われていて、ストレンジネスやカラーといった概念で素粒子が理解されていきます。秩序ある奥深い理論だと思います。


    お祝いの花束ならHanaPrime


    さて、ゲルマンの業績として素粒子の分類に関する側面を取り上げてきましたが、ゲルマンの研究での真骨頂は粒子の反応に関しての研究ではないでしょうか。関連してR・P・ファインマンという論敵がいました。あくまで伝えられている内容なのですが、ゲルマンとファイン・マンの論争はまるで子供の喧嘩みたいにも思えます。激怒したファイン・マンが、「貴様の名前綴りからハイフォン消すぞ!」【Gell-Mann改めGellmannとするぞ!の意】と怒鳴りつけたら、「ゲルマンがお前の名前をハイフォン付きで書いてやる!」【Feynman改めFeyn-Manとしてやる!の意】と言い返す有り様だったようです。アメリカ人の感覚なのでしょうか。西部劇の勢いなのでしょうか。ただ少し理解出来るかも、と思ったのは互いの家を侮辱していたのてすよね。瞬間的に家祖を汚す発想は、頭の切れる天才同士の喧嘩だったのでしょう。。。。いや、やはり激怒して子供じみた喧嘩してたのかも。;)


    そんなゲルマンとファイン・マンはそれぞれに素晴らしい業績を残しました。






    以上、間違い・ご意見は
    以下アドレスまでお願いします。
    最近全て返事が出来ていませんが
    全て読んでいます。
    適時、改定をします。


    nowkouji226@gmail.com


    2020/11/05_初稿投稿
    2021/04/24_改定投稿


    舞台別のご紹介へ】
    アメリカ関連のご紹介へ】
    イェール大学関連のご紹介へ】


    詳しくはコチラへ→【テキストポン】