ファン
検索

メンズエステサロン
【エルセーヌMEN】

メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント

2021年04月30日

ウィラード・ギブズ_【2021/04/30_原稿改定】


  • ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ギブズ」の原稿を投稿します。今回はイェール大学の関連で再投稿します。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。何はともあれ、ご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/23(金)朝の時点でフォロワーは合計【12016】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。以下にリンクも含めて他サイトに投稿した情報を残します。


【以下が投稿原稿です】



その名は正しくは
ジョサイア・ウィラード・ギブズ_
Josiah Willard Gibbsです。
米国コネチカット州に生まれ
イェール大学で博士号をとります。
その博士号はアメリカ大学での
最初の工学博士だったそうです。
米国における物理学の先駆者だったのですね。





その後、
ギブスは修行時代として、
パリ、ベルリン、ハイデルベルクで
一年ずつ滞在します。
今の感覚では想像出来ないのですが、
彼の人生で地元を離れたのは
この三年間だけだったそうです。





ギブスの業績として大きいものは物理学への統計の導入でしょう。個々の粒子の個別の性質は別として、体系の集団が持つ性質を統計的にまとめあげていく事でその性質が熱力学的な特性につながっていくのです。その考えをまとめた論文を読んだマクスウェルは大変感動をして、その思いを伝えるために石膏模型を作ったと言われています。そして、その抽象的な模型をギブスへ送ったのですが、模型は今でもイェール大学で大切に保管されているそうです。


数理的手法を物理学に取り入れたギブスですが、その立場(スタンス)を表現している言葉をご紹介します。
A mathematician may say anything he pleases,
but a physicist must be at least partially sane.
【(私の訳)
数学者は望むがままに物事を言えますが、
物理学者は何とかして、しゃっきりと
物事を伝えなくてはいけないですよ。】
数学者と物理学者は視点を変えていかねばいけないと。


最後に、戸田先生の教科書
【岩波書店から出ていた熱・統計力学の本】
でギブスの人柄を伝えるエピソードが載っていたので
ご紹介します。
(小さな物語の始まりです)
ギブスは結婚をしないで父の残した家に
妹夫婦と共に住んでいました。
その家は彼の研究室から近い場所、
道を渡ったところにあって、
ギブスは午前の講義を終えた後に、
食事の為に家に戻っていました。
お昼を食べた後にギブスは研究室に帰ってそこで過ごし、
夕方五時頃に散歩をしながら帰宅するという静かな暮らし
を送っていました。何年も。何年も。
そして、
ギブスは妹の家事を手伝い、一緒に料理もしました。
特に、不均一系の研究をしていたギブスは
サラダを混ぜる仕事がとても得意だったそうです。
うまく作業できた時には大層、ご機嫌になれたでしょう。
そんな静かで温かい生活を重ねていました。






舞台別のご紹介へ】
アメリカ関連のご紹介へ】
イェール大学関連のご紹介へ】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/31_初稿投稿
2021/04/24_改定投稿


教科書買取専門店による教科書買取サービス【テキストポン】

2021年04月29日

ポール・ディラック_【2021/04/29_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ディラック」の原稿を投稿します。ケンブリッジの天才です。作業していて気付いたのですがディラックは20世紀初頭に生まれています。19世紀の天才であるアインシュタインやローレンツ、エーレンフェストからみて本当に頼もしい若者だったのでしょう。そんな視点も含めてご覧になってみて下さい。リンクは現時点での纏めブログの情報です。また、ブログ宣伝でツイッター使います。4/23(金)朝の時点でフォロワーは合計【12016】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



イギリスのディラックは
とても謙虚で無口な人でした。
ノーベル賞が決まった際には、
有名になる事を恐れて受賞辞退を
考えていた様です。そんな人なのですが、
20世紀初頭の天才達がひしめく中で
ファインマンハイゼンベルク 、
シュレディンガー等と量子力学を確立します。
特にシュレディンガーとは
同じタイミングでノーベル賞を受賞します。


ディラックを語るにあたり少し、その家族について言及します。ディラックが10代後半の時期にスイスから家族は国籍を移しています。そしてディラックの性格形成を語る上で家庭環境は大きな要素だったようです。まず1924年にディラックの兄が自ら命を断っています。色々考えた末だったのでしょうか。ディラック自身も、その父と会話し辛い場面が多々あったようです。そして無口な人になっていったようです。しかしディラックは、闇に沈まずに数学を駆使して輝かしい成果を残しています。特にデルタ関数やブラケット記法は素晴らしいのです。そんな足跡を沢山残しました。


ブラケット記法とは日本語で「括弧」
の記号を使った表記です。その定式化では
カギカッコ<>の形の 「<」 の部分
だけを「ブラベクトル」と呼び
カギカッコ<>の形の 「>」 の部分
だけを「ケットベクトル」と呼びます。
非常に分かり易い表現でブラの部分が
行列に相当してケットの部分がベクトル量に相当する定式化です。作用した結果のブラ・ケットが固有値を持つ場合に固有状態を持つと表現されます。ここでのベクトルがヒルベルトベクトル(無限次元に対応)であることが学生時代の私にとって感動的でした。一瞬にして物理量に対応する状態が記述された気がしました。他方でデルタ関数は観測が一瞬にして波束の収縮を引き起こす様子を表現していると思います。


お花の定期便【Bloomee LIFE】

そんなディラックは真面目な性格、人を騙さない性格から周囲から大事にされていた様子が伺われます。このブログのTOP画面で使っている集合写真でも真ん中の列の中央に居ます。若き天才でラックをアインシュタインやキューリ夫人が尊重して「君の研究は素晴らしい。これからも頑張って下さいよ!」といった気持で尊重しているような気がするのです。そして、そんなディラックはイギリスの伝統を受け継いだ人でもあります。
ケンブリッジではルーカス教授職を務めました。この名誉は初代・アイザック・バローから始まり二代目・アイザック・ニュートンと続き、最近では宇宙論で名を成したS・W・ホーキング博士が受け継いでいます。





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/08/17_初稿投稿
2021/04/29_改定投稿


詳しくはコチラへ→【テキストポン】


【舞台別のご紹介へ】
【イギリスのご紹介へ】
【ケンブリッジのご紹介へ】

小柴昌俊_【2021/04/29_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「小柴昌俊」の原稿を投稿します。カミオカンデを使いニュートリーノを観測してノーベル賞を得ました。多く後輩を育てました。のんきに、ご覧下さい。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。

また、ブログ宣伝でツイッターとの連携します。4アカ計で考えて4/16(金)朝の時点でフォロワーは【11689】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味したいのです。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



物理学の新しい分野を切り開いた先人でした。2020/11/12の夜に老衰の為、都内の病院でお亡くなりになりました。享年94歳の大往生です。


小柴昌俊は物質の基本元素を構成する素粒子の1つニュートリノを観測にかける事に成功しました。その結果をもとに今ではニュートリノ天文学という新しい分野を確立しました。ニュートリーノは星の進化過程で発生します。驚いたのですが、ニュートリーノを観測にかけたのは、小柴昌俊が東京大学を定年退官する一月前の観測でした。強運を指摘された小柴氏は「運はだれにでも等しく降り注ぐが、捕まえる準備をしているのか、していないのかで差がつく」(のですよ)、と反論しました。





東京大学宇宙線研究所に所属している梶田隆章は小柴昌俊の弟子にあたりますが、ニュートリーノに質量がある事を示しノーベル賞を受けています。また、戸塚洋二も小柴昌俊の弟子にあたります。朝永振一郎から可愛がられた若かりし時代を経て梶田隆章教授、戸塚洋二教授を育てたのです。





小柴昌俊は俊岐阜県飛驒市にある鉱山地下、1000メートルに3000トンの水を使った、巨大装置、カミオカンデを建設し、天体からのニュートリノを観測しました。その装置ではニュートリーノが飛来する方向、観測した時刻、エネルギー分布を明確に検出します。実際に観測をしました。カミオカンデの主目的はニュートリーノではありませんでしたが、ニュートリーノも観測したい、という2段作戦で成功を得たのです。小柴昌俊はそうした結果を使いニュートリーノ物理学を進めたのです。何より彼は大変な努力家でした。そんな男が大きな仕事を成し遂げた後、静かな眠りに落ちたのですね。大きなお悔やみを申し上げます。合掌。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/11/12_初稿投稿
2021/04/17_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】

2021年04月28日

久保 亮五_【2021/04/28_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)それに伴い、以下にSEO対策で「久保亮五」の原稿を投稿します。有名な統計関係の教科書の著者ですね。そして何よりNMRの発展に貢献した人です。のんきに、ご覧下さい。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します

また、ブログ宣伝でツイッターとの連携します。4アカ計で考えて4/16(金)朝の時点でフォロワーは【11689】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味したいのです。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



久保亮五と同名(漢字違い)の別人が居ますが、
以下記載は物理学者に関する文章で、ここでの久保亮五は統計力学で私が使った教科書の著者です。私の指導教官の先生でもあります。


久保亮五は学者肌の家系に育ち、
父の仕事で子供時代には台湾へ移住してます。
高校まで台湾で過ごし、帰国後に旧制高校へ入学、
東大へ入学、助手、助教授、教授をつとめました。





久保亮五の仕事で特筆すべきは物性論での成果で
ゴムの弾性に関する研究、線形応答論を使った
フーリエ変換NMRへの応用があげられます。


久保亮五の考えたNMRの概説を以下記載します。先ずフーリエ変換理論は単純には時系列の波形を周波数軸に変換して解析する技術です。「数学的に確立されているフーリエ変換」を理論的基礎として電子回路で応用しています。離散化された電気信号に対して回路上でマトリクス変換を加えます。


診察で実際にNMRを使った経験のある人はその中で測定を受けている時を思い出してみてください。頭の中を調べる時等、強磁場を二次元的に与えます。その時に大きな音がしますが、そのインパルス的な情報を機械的に処理して周波数応答に関する情報を得ます。結果的に吸収スペクトルを測定することで各スピンの情報を集め、そこから最終的には断面の画素像を処理します。最終的な写真で見える画像は、これらの処理の結果です。





そして今、久保亮五はこの世に居ませんが、
その仕事を応用したNMRは世界中の病院で
患者達の情報を集めています。
きっと今、この瞬間も。


お祝いの花束ならHanaPrime


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。




nowkouji226@gmail.com


2020/10/11_初稿投稿
2021/04/16_改定投稿


纏めサイトTOPへ】
【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】


テキストポンへの査定申込はコチラ

2021年04月27日

矢野 健太郎_【2021/04/27_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)それに伴い、以下にSEO対策で「矢野健太郎」の原稿を投稿します。有名な受験参考書の著者ですね。そして何より海外で活躍した数学者です。留学時代があるのでフランスおよびソルボンヌ大学(旧パリ第6大学)からリンクを持たせました。のんきに、ご覧下さい。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します

また、ブログ宣伝でツイッターとの連携します。4アカ計で考えて4/16(金)朝の時点でフォロワーは【11689】でした。作業としてフォロワー増は暢気に続けます。それよりも紹介の内容を吟味したいのです。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じません。


【以下が投稿原稿です】



矢野健太郎は私が使っていた教科書の著者でした。幾何学関係か解析学関係だったかと。彫刻家の子として生まれ東京帝大で学びます。


矢野健太郎はは小学生時代にアインシュタインが来日し刺激を受け、帝大の山内恭彦から物理学の理解には代数幾何学が必要だと教えを受けました。物理現象のモデル化の観点から有用性を感じたのかと思えます。





その後、矢野はカルタン先生の下で学ぶべくパリ大学へ留学します。そこで纏めた博士論文は射影接続空間に関する論文でした。この頃から統一場理論に関心を持ちます。


戦後にはプリンストン高等研究所で微分幾何学の研究をしていき、同時期に在席していたアインシュタインと交流を持ちます。奥様と一緒にアインシュタインが写った写真は大事に家宝としたそうです。


お花の定期便【Bloomee LIFE】


矢野健太郎の著者は多岐に渡り、受験参考書の定番、解法のテクニックは矢野健太郎の著作です。またアイザックアシモフポアンカレアインシュタインの書物を日本に紹介する際に監修をしたりしました。私や皆さんが知った情報も矢野健太郎の仕事かも知れませんね。そんな、矢野健太郎はバイオリンが好きな静かな人でした。安らかな印象を持ち続けたいと思います。





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/11/12_初稿投稿
2021/04/16_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】
フランス関連のご紹介へ】


テキストポンへの査定申込はコチラ

2021年04月26日

仁科 芳雄_【2021/04/26_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「仁科芳雄」の原稿を投稿します。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。また妙な誤字があったりしました。失礼しました。何はともあれ、のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します


【以下が投稿原稿です】



仁科芳雄は稀代の「人たらし」だったと言われています。仁科は人に惚れ込む性質でした。人に入れあげて、彼の元に人が集まり、人々を育てあげていった凄さが仁科にはあるんです。





仁科本人はニールス・ボーアのもとで育ち、その自由闊達なコペンハーゲンの学風を持ち込み日本で多くの学者を育てました。1928年にオスカル・クラインとコンプトン散乱の有効断面積を議論しています。また帰国後にはハイゼンベルクやディラックを日本に招待して理解を深めています。更には、師であるボーアを日本に呼び寄せています。



研究内容として仁科はサイクロンの建設を進め様々な成果をあげてます。そのサイクロンを大型化する際には
仁科は大変苦労しています。先行するカリフォルニア大学のローレンスとは日米関係に伴い関係が悪くなっていったのですが、終戦共にサイクロンはGHQにより東京湾に破棄されてしまいます。



戦後には仁科は理研の所長を務め、科研製薬の前身で社長を務めましたが、肝臓ガンを患い61歳で亡なります。放射線被ばくの影響もあったであろうと言われています。多くの人材育成に捧げた人生だったと感じています。


バカラ、スポードなどの洋食器のことならSohbi


以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
最近は返信出来ていませんが
全てのメールを読んでいます。
適時返信のうえ改定を致しします。


nowkouji226@gmail.com


2020/12/13_初版投稿
2021/04/22_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】


テキストポンへの査定申込はコチラ

2021年04月25日

西川 正治_【2021/04/25_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「西川正治」の原稿を投稿します。主な改定ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「石原純」の原稿を投稿します。歌人にして科学者です。多彩な活躍を致しました。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。また妙な誤字があったりしました。失礼しました。何はともあれ、のんきに、ご覧下さい。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。


【以下が投稿原稿です】



西川 正治は寺田寅彦の指導を受け
物理学を学んでいきます。特に、
彼は竹や麻等の植物由来の構造体
に着目して繊維構造物質に対して
電磁波がどう作用するか考えました。
手法としてはX線回折を駆使して
スピネル群結晶内の電子配置を
決定しています。


お祝いの花束ならHanaPrime


そもそも、電子は不可視の存在ですが、
電磁波に対して作用して結果を残すので
その結果を画像で解析すれば結晶内での
微視的な電子配置の情報が得られるのです。
新しい計測手法を手掛かりに西川正治は
解析していったのです。





西川正治はそうした業績を残しながら
二人のお子様を育て、其々が学者として
名を残しています。また、同時に
幾人もの弟子を育て日本物理学会に
今も続く、大きな足跡を残しています。


バカラ、スポードなどの洋食器のことならSohbi


以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
最近は返信出来ていませんが
全てのメールを読んでいます。
適時返信のうえ改定を致しします。


nowkouji226@gmail.com


2020/12/13_初稿投稿
2021/04/14_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】


テキストポンへの査定申込はコチラ

2021年04月24日

石原純(あつし・じゅん)_【2021/04/24_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「石原純」の原稿を投稿します。歌人にして科学者です。多彩な活躍を致しました。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。また妙な誤字があったりしました。失礼しました。何はともあれ、のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。


【以下が投稿原稿です】



日本の物理学史の中から一人、
ご紹介します。
同性同名の方が現存されますが、
これは昔の人の記事です。


胡蝶蘭ならHanaPrime



多彩な活躍をした石原さん

山川健次郎、長岡半太郎、朝永振一郎、
と続く黎明期の中で異色の人生を歩み
ました。アインシュタイン来日時には
通訳を務め、西田幾多郎に不確定関係
を伝えたパイオニアです。


日本物理学界に多大な貢献を残しつつ、
女性関係で帝大を去ります。
そもそも石原さん、
伊藤左千夫の弟子なので斉藤茂吉に
説得されたりしていますが、
一向だにしませんでした。
アララギの発刊に携わったメンバー
ではありましたが、
この事件でアララギ脱会に至ります。


と、ここまではwikipedia等に載っている情報。



語り継がれた石原さん

私的な思い出としては、大学の恩師が彼を評価
していて、講義の中で情熱を込めて語ってくれて
いた時間です。日本の科学の為に多大な功績を
残しながらも学会と距離を置き交通事故による
不慮の最後を遂げた人生を詩的とでもいえる
語り口で講じていました。








〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/11/11_初回投稿
2021/04/14_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】




2021年04月23日

大河内正敏_【2021/04/23_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「大河内正敏」の原稿を投稿します。今も続く科学者の天国・理研を作った偉人です。他、主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。また妙な誤字があったりしました。失礼しました。何はともあれ、のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。


【以下が投稿原稿です】



大河内正敏は旧上総大多喜藩主にして子爵であった大河内正質の息子として生まれました。学習院初等科に進み、大正天皇と共に学びます。また大河内とは珍しい名字だなと思っていたら奥様も大河内家から娶っていて、なんだか皇族みたいな感じがしてしまいました。華麗なる一族って感じです。政界では子爵議員として貴族院で議員を二期務めます。そんな中で若かりし無名の田中角栄を可愛がっていたといわれます。そんな人なので理化学研究所の3代目所長に就任したした時は理研研究員にして、貴族院議員で子爵、そして東京帝大教授でした。そんな偉人を今回はご紹介します。



大河内正敏は東大で物理学を学んでましたが時節柄、寺田寅彦と飛行弾丸の研究をしていたようです。物理学を駆使すれば流体力学や表面の解析が出来ます。大河内正敏が進めた具体的な別の活用事例としては、ピストンの開発があります。ここでもシリンダー内の熱流体解析や、摂動面の摩擦を解析出来ます。この研究は後の株式会社、リケンにつながります。戦後このグループは、GHQより十五大財閥の一つとして指定を受けます。





こうした業績を残して今、大河内正敏は埼玉県にある平林寺で永眠しています。





以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
最近は返信出来ていませんが
全てのメールを読んでいます。
適時返信のうえ改定を致しします。


nowkouji226@gmail.com


2020/12/17_初版投稿
2021/04/14_改訂投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】


テキストポンへの査定申込はコチラ


2021年04月22日

寺田 寅彦_【2021/04/22_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「寺田寅彦」の原稿を投稿します。俳人にして文筆家にして科学者です。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。また妙な誤字があったりしました。失礼しました。何はともあれ、のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。


【以下が投稿原稿です】



 寺田寅彦について

寺田寅彦は物理学者にして俳人です。
文筆家としては牛頓の名を名乗っていたり。
牛頓と書いてニュートンと読ませてました。


熊本の高校で英語教師として赴任していた
夏目漱石と出会います。後に文学に関わる
のはこの出会い大きかったといわれています。
贅沢な人生ですね。夏目漱石の作品
「吾輩は猫である」の中では寒月君として
登場する人物のモデルとなっていて
作品を通じて御人柄に触れた人も多いのでは
ないでしょうか。


胡蝶蘭の通販No.1 HanaPrime



寺田寅彦と研究について

研究の点でも時代の枠にとらわれない視点を持ち
実績を残しています。その中でも評価が高い
研究業績はラウエの業績に刺激を受けた研究で
「X線の結晶透過」についての業績です。先進的な
結晶解析に関して考察をを進めています。そして、
1913年に「X線と結晶」をNatureに発表してます。





寺田寅彦の研究人生をふりかえると、
田中館愛橘に教えを受け、
長岡モデルを提唱した長岡半太郎
教えを受け学生結婚をして、
その奥様に早く先立たれ、
東京帝国大理科大学で教鞭をとった後に
ベルリン大学で地球物理学を研究し、
理化学研究所、 東京帝大地震研究所
で研究を続けました。
57歳で亡くなられています。






〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては適時、
返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/09_初稿投稿
2021/04/21_改訂投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】





2021年04月21日

高木 貞治_【2021/04/21_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「高木貞治」の原稿を投稿します。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。また妙な誤字があったりしました。失礼しました。何はともあれ、のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。



【以下が投稿原稿です】



今回、日本人数学者をご紹介します。高木貞治と書いて名前を「ていじ」と読ませます。


高木貞治は岐阜に生まれ現在の京都大学を卒業した後に東京大学に進みます。現在の学校制度と異なるようで、今時の表現をすると京大で学位をとって東大でマスターをとった感じでしょうか。





その後、高木貞治はドイツへ留学してヒルベルトの教えを受けます。現代の代数幾何学の原型を体系立てていったのでしょう。そもそも、個人的に高木貞治の名を知ったのはムツゴロウさんの著作でした。たしか「ムツゴロウの青春期」。その中で彼が高校時代に地元の先生に紹介された本が高木貞治の「解析概論」でした。バンカラな青春時代を過ごしたムツゴロウさんは東大の物理学科に進み、最後はどうぶつ王国を作ります。話戻って解析概論ですが、岩波文庫から出ていたその本を私も買って、夢中で必死で読んだ思い出があります。


お祝いの花束ならHanaPrime


なお、2011年の時点で日本国内における著作権の
保護期間満了に伴いネットで著作が公開され始めています。
【Wikisourceや青空文庫を見てみて下さい】





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/11/08_初回投稿
2021/04/14_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】





2021年04月20日

長岡半太郎_【2021/04/20_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「長岡半太郎」の原稿を投稿します。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。また妙な誤字があったりしました。失礼しました。何はともあれ、のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。


【以下が投稿原稿です】



この長岡半太郎も湯川秀樹同様に大村藩の流れ。学生時代は山川 健次郎ボルツマンに学びます。





長岡半太郎の研究業績として大きいのは、なんと言っても原子モデルでしょう。トムソンがブドウパンの中のブドウの形で電子の存在を仮定していたのに対し、長岡半太郎は原子の周りを電子が回転する土星のようなモデルを提唱しました。





今日の物理学、特に量子力学的な知見では不完全なモデルとも言えますが、長岡半太郎のモデルは当時の原子モデルを大きく変えた点で高く評価出来ると思えます。素晴らしいパラダイムシフトでした。



以上、間違いやご意見があれば
以下アドレスまでお願いします。
問題点に関しては適時、
改定や返信を致します。
nowkouji226@gmail.com


【舞台別のご紹介】


2020/09/13_初回投稿
2021/04/13_改訂投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】


テキストポンへの査定申込はコチラ



2021年04月19日

田中舘愛橘【2021/04/19_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「田中舘愛橘」の原稿を投稿します。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。また妙な誤字があったりしました。失礼しました。何はともあれ、のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。

バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。

【以下が投稿原稿です】



田中館愛橘、その名は愛橘と書いてあいきつ、と読ませます。生まれた年は旧暦の時代で安政3年9月18日です。【新暦で1856年10月16日です】没年は新暦での昭和27年です。先祖に南部藩の赤穂浪士と呼ばれた方が居たそうですから、そうしたイメージから語り出したいと思います。時代の変革期に若き日を過ごしました。



さて、田中館愛橘の父方は兵法師範の家系であり、愛橘は藩校である作人館に学びます。作人館での同窓生には原敬がいて後輩には新渡戸稲造がいました。存じませんでしたが立派な学校ですね。東京に出て慶應義塾に通いますが学費が高額なので東京開成高校に進みます。今で言えば東大教養学部のイメージでしょうか。そこで愛橘は山川健次郎から物理学を学びます。政治にも関心を持っていたようですが、山川から諭され、我が国の理学での遅れを挽回せんと愛橘は物理学を志しました。1879年に東大で外国人教師であるメンデンホールとユーイングがエジソンの発明したフォノグラフを日本に紹介しましたが、田中館愛橘は早速試作を行いました。その音響や振動の解析を行っています。1880年にはメンデンホールによる重力観測に参加し、東京と富士山で観測作業を行いました。当時の世界1の高精度方位計であると称えられた電磁方位計を愛橘は制作しました。





田中館愛橘は明治16年12月に福岡に帰っていた父・稲蔵が割腹自殺したとの知らせを受けて帰郷します。そしてその年に東京大学助教授となりました。詳細は追って調べます。この時期気になる動きです故。





その後、田中館愛橘はイギリスでケルビン卿に師事し、大きな影響を受け、生涯を通じてケルビンを敬愛しました。その後1890年にヘルムホルツのいたベルリン大学へ転学、電気学などを学びます。この時代の電気に対する理解は、後ほど項を改めてマクスウェルらと関連して語ります。愛橘は東京帝大理科大学教授となり後にに理学博士の学位を受けます。更にデンマークのコペンハーゲンで開かれた万国測地学協会 第14回総会で地磁気脈動や磁気嵐の発表をします。


また時代柄もあって、田中館愛橘は陸軍や海軍に対して貢献します。地磁気測量では指導の中心的な役割を果たしています。旅順での戦闘の際には敵情視察用の繋留気球の制作を依頼されています。それが愛橘と航空研究のきっかけ
となりました。田中館愛橘は中野の陸軍電信隊内での気球班で気球研究を始め、制作および運用法を指導しています。試行錯誤の末に気球を完成させ、旅順戦で戦闘に使用されています。


そして田中館愛橘が60歳になり、教授在職25周年のパーティで愛橘は辞職する旨を伝えました。後の東大での定年退職制度に繫がっていきます。また、田中館愛橘は数多くの人材を育てました。教え子としては長岡半太郎、中村清二、本多光太郎、木村栄、田丸卓郎、寺田寅彦などが居ます。それ故、愛橘は「種まき翁」、「花咲かの翁」と呼ばれたそうです。95歳7か月の天寿を全うしました。





以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
最近は返信出来ていませんが
全てのメールを読んでいます。
適時返信のうえ改定を致しします。


nowkouji226@gmail.com


2020/12/16_初版投稿
2021/04/12_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】




2021年04月18日

山川 健次郎【2021/04/18_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「山川健次郎」の原稿を投稿します。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。また妙な誤字があったりしました。失礼しました。何はともあれ、のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。

バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。

【以下が投稿原稿です】



山川 健次郎は日本初の物理学者です。その家は会津藩の家老家で戊辰戦争では健次郎は白虎隊に所属していました。自刀した仲間もいた中で、山川健次郎は落ち延びました。その後に米国留学を果たし、イェール大学で物理学を修めます。日本に戻り、最終的には東大総長・京大総長を務めます。


私の家祖が会津藩・彰義隊でしたので個人的に彼に親近感を持っていたのです。小さなご縁を感じていました。山川健次郎は国費留学生として イェール大学で学位を修めます。また、東京駅の設計に携わった建築家・辰野金吾とは奥様を通じて親戚関係となっています。


山川健次郎のお人柄を表すエピソードとして日露戦争に関するものがあります。当時、彼は東大で総長を務めていましたが、愛国心に満ちた健次郎は陸軍に詰め寄り、一兵卒として従軍させろ、と担当を困らせたそうです。個人・家族・所属国家と意識が繋がっていたのですね。その時にはもはや、賊軍だった頃の意識は無いのでしょう。


山川健次郎の時期の物理学会は諸外国との交流を感じさせません。特にコペンハーゲン学派が次々と新しい知見をもたらしていた時代に日本の物理学は黎明期にありました。後の時代に原子核内の相互作用を解き明かしていく若者達を育てていく時代だったのです。





山川健次郎自身の研究成果は余り伝えられていませんがそれよりも寧ろ、後輩達を育てる為の土壌を育んでいたと考えるべきでしょう。また、この時代に千里眼を巡る話題が世間を騒がせていましたがそれに対して山川健次郎は批判的で冷静な立場をとっていたと伝えられています。





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/23_初回投稿
2021/04/12_改定投稿


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】

2021年04月17日

平賀源内【2021/04/17_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「平賀源内」の原稿を投稿します。主な改定点はリンクバーナの貼り付けと文字装飾の修正です。年代的に考えていくと18世紀の人ですからニュートンが力学を確立した後の人なんですが、鎖国下の日本では江戸時代な訳です。ライデン瓶を紹介して日本人がびっくり!魔法だ!怪しい!と感じている訳です。そんな対比が面白いですね。のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。

バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。

【以下が投稿原稿です】



少し時代が古いです。平賀源内は江戸時代、田沼意次が老中を努めていた時代で多彩な能力を発揮しています。物理学関係に留まらない。そもそも、平賀源内は讃岐の国に生まれます。家祖は信濃源氏の平賀氏。平賀氏は武田氏に敗れ、一度、改姓して源内の時代に平賀姓に復姓しています。


お祝いの花束ならHanaPrime


平賀源内が手掛けた分野は医学、薬学、漢学、浄瑠璃プロデュース、鉱山の採掘、金属精錬、オランダ語、細工物の販売、油絵、俳句と多岐にわたりました。その一つが発明で平賀源内は物理現象の啓蒙に一役買っているのです。所謂、エレキテルの紹介ですね。エレキテルは不思議な箱で内部にガラスによる摩擦起電部、蓄電池を持っています。実の所、平賀源内が発明したというよりオランダ製の物を平賀源内が紹介した訳ですが江戸時代の庶民達には摩訶不思議な魔法に見えたでしょうね。また、平賀源内の現象理解は現在の学問体系とは大きく異なっていたようです。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


【舞台別のご紹介】
【日本関連のご紹介】


2020/09/18_初稿投稿
2021/04/12_改定投稿




日本人物理学者のまとめ【2021/04/17_原稿投稿】



ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「日本関係」の原稿を投稿します。見返すと我が国の物理学は世界に冠たる成果をあげています。のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。

バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。

【以下が投稿原稿です】


【↑_Credit:graffiti living】


我々に分かり易い人々をとりあげよう思います。ここでは日本人物理学者を纏めています。物理学がヨーロッパ中心からアメリカ中心に移る中で、これらの先駆者たる日本人が着実に理解を進めていたのです。人口に占める割合で考えたら物理学者が多い気がします。そう考えると、物理好きの国民かも知れませんね。


平賀源内_1728 ~ 1780年1月24日(番外編)
山川 健次郎_1854年9月9日 ~ 1931年6月26日
田中舘愛橘_1856年10月16日 ~ 1952年5月21日
長岡半太郎_1865年8月19日 ~ 1950年12月11日
本多光太郎_1870年3月24日 ~ 1954年2月12日
高木 貞治_1875年4月21日 ~ 1960年2月28日
寺田寅彦__1878年11月28日 ~ 1935年12月31日
大河内正敏 _1878年12月6日 ~ 1952年8月29日
石原敦_(あつし)_1881年1月15日 ~ 1947年1月19日
西川 正治_1884年12月5日 ~ 1952年1月5日
仁科 芳雄_1890年12月6日 ~ 1951年1月10日
朝永振一郎_ _1906年3月31日 ~ 1979年7月8日
湯川秀樹__1907年1月23日 ~ 1981年9月8日_
坂田 昌一__1911年1月18日 ~ 1970年10月16日
矢野 健太郎_1912年3月1日 ~ 1993年12月25日
久保 亮五_1920年2月15日 ~ 1995年3月31日
中嶋 貞雄_1923年6月4日 ~ 2008年12月14日
南部 陽一郎_1921年1月18日 ~ 2015年7月5日
江崎玲於奈_1925年3月12日 ~ 【ご存命中】
小柴昌俊_1926年9月19日 ~ 2020年11月12日
西島 和彦_1926年10月4日 ~ 2009年2月15日
小出昭一郎_1927年3月25日 ~ 2008年8月30日
広重 徹 1928年8月28日 ~ 1975年1月7日
大貫 義郎_1928年 ~ ご存命中
J・J・サクライ_1933年1月31日 ~ 1982年11月1日
ムツゴロウさん本名:畑 正憲_1935年4月17日 -生まれ_ご存命中


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/27_初回投稿
2021/04/12_改定投稿


【旧舞台別まとめへ】
【舞台別のまとめへ】






2021年04月16日

ソルボンヌ大学関連の人物_【2021/04/16_原稿投稿】



ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ソルボンヌ大学関連」の原稿を投稿します。20世紀初頭に物理を変えていった人々です。のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やすべくツイッターしていました。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。以降はフォロワー数を増やす作業をしません。ロボットを含めた現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。加えて整理の為に2週間より前のブログ記事は削除していきます。2020年10月分の整理を終えました。

バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。

【以下が投稿原稿です】


↑Credit:pixabay↑



ソルボンヌ大学について

ソルボンヌ大学関連の人物を纏めました。そもそもこの大学は旧パリ(第6)大学を母対の一つとしていてピエール・マリー=キュリー大学の名を経てソルボンヌ大学と改称されています。パリ大学の中で理学・工学・医学を担っています。ピエール・マリー=キュリー大学は別称として今でも使われている名前でフランスの誇りを感じます。今でも最先端の技術を担っている事でしょう。旧パリ大学を含めてご紹介致します。年代順にご覧下さい。



年代別のご紹介

ピエール・キューリ_1859年5月15日 ~ 1906年4月19日


マリ・キュリー_1867年11月7日 ~ 1934年7月4日


ポール・ランジュバン_1872年1月23日 ~ 1946年12月19日

ルイ・ド・ブロイ
_1892年8月15日~1987年3月19日


クロード・コーエン=タヌージ _1933年4月1日 ~


セルジュ・アロシュ _1944年9月11日 ~



〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
必要箇所は適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/04/11_初回投稿


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】





2021年04月15日

ルイ・ド・ブロイ_【2021/04/15_原稿投稿】



ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ドブロイ」の原稿を投稿します。物質波の考えを打ち出し、物質認識の概念を変えた人物です。のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やすべくツイッターしていました。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。以降はフォロワー数を増やす作業をしません。ロボットを含めた現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。加えて整理の為に2週間より前のブログ記事は削除していきます。2020年10月分の整理を終えました。

バーナーの情報を含めてhttp.www://nowkouji226.comへの投稿原稿を残します。

【以下が投稿原稿です】


 


フランス貴族、公爵の血を引いてます。その血筋は由緒正しいのです。そもそも、ルイ14世により授爵頂いている名門貴族・ブロイ家の血筋であって、ルイ・ド・ブロイは直系子孫です。兄の没後は兄に子供が居なかった事情もあり、正式に侯爵家の当主を務めています。ルイ・ド・ブロイはフランスの首相を二期務めた第4代当主アルベール・ド・ブロイの孫です。それだから、生誕時にルイの父は当時公子でした。こんな逸話が沢山あるのですね。そんなルイ・ド・ブロイは独自に優れた仮説を進め、ド・ブロイ波の考えにたどり着くのです。





そのルイ・ド・ブロイの考えは初めは中々理解されませんでした。関連して超有名なエピソードがあります。ルイ・ドブロイの博士論文の審査過程で教授達がド・ブロイの考えを理解出来ずアインシュタインに意見を求めた所、ド・ブロイの考えは博士論文よりもノーベル賞に値する。と評価され、更に考えを進めていく事が出来たのです。その考えはパラダイムシフトでした。当時の物理学の世界を変えたのです。





実際に数年後にルイ・ド・ブロイはノーベル賞
を受賞します。いつの時代も中々、
新しい考えは理解出来されないものですね。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
必要箇所は適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/08/19_初回投稿
2021/04/11_改定投稿


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】






2021年04月14日

アウグスト・ピカール_【2021/04/14_原稿投稿】



ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ピカール」の原稿を投稿します。気球に乗ったり潜水艇に乗ったりして冒険をした人です。今日、娘と屋上で日向ぼっこをしていた時に思い出した人でした。果てしない空の向こうの物語です。のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やすべくツイッターしていました。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。以降はフォロワー数を増やす作業をしません。ロボットを含めた現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。加えて整理の為に2週間より前のブログ記事は削除していきます。2020年10月分の整理を終えました。


【以下が投稿原稿です】





アウグスト・ピカールは宇宙と深海に
大いなる関心を持っていた人でした。


アウグスト・ピカールはスイスのフランス系家庭に生まれ
少年時代から科学に興味を示し、チューリッヒ工科大学で物理学を学び宇宙線、オゾンといった研究をしていくのですが
その探究心は冒険に繋がっていくダナミックなものでした。





観葉植物ならHanaPrime


まず、アウグスト・ピカールは成層圏に挑みます。フランス国立基金から資金援助を得て、自らが設計した気球に水素を詰めて上空16,000 mの成層圏に達します。これは気球による世界初の達成でした。空の果てに人類が初めてたどり着いたのです。


Bloomee LIFE


その後、ピカールはバチスカーフと名付けた深海潜水艇で深海に挑みます。バチスカーフは鉄の錘を抱いて沈んでいき浮き上がる時には錘を切り離すという仕組みで探検をします。浮力はガソリンでした。


そして、冒険家ピカールの血は代々受け継がれていきます。
息子であるジャック・ピカールを伴ってバチスカーフに搭乗し、マリアナ海溝のチャレンジャー海淵到達を達成しています。更には孫のベルトラン・ピカールが世界で初めて、気球による無着陸世界一周を達成しています。おじいさんの冒険を思い起こしながら飛んでいたのでしょう。思いは空のかなたへ。素敵ですね。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。
nowkouji226@gmail.com


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】


2021/01/19_初稿投稿
2021/04/11_改定投稿






2021年04月13日

ポール・ランジュヴァン_【2021/04/13_原稿投稿】



ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ランジュヴァン」の原稿を投稿します。アインシュタインやキューリ夫妻と関わりの深かった人です。相対論の本質を議論していました。のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やすべくツイッターしていました。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。以降はフォロワー数を増やす作業をしません。ロボットを含めた現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。加えて整理の為に2週間より前のブログ記事は削除していきます。2020年10月分の整理を終えました。

リンクを含めてwww.dnowkouji226.com向けの情報を残します。

【以下が投稿原稿です】


 


20世紀初頭の議論の中でランジュバンは中心に居ました。有名なソルベイ会議の写真でもアインシュタインの隣に座っています。そんなランジュバンは双子のパラドックスで有名ですね。その矛盾の指摘は、初めアインシュタイン相対性理論の議論で使っている「2つの慣性系での時間差」から始まる話ですが、ランジュバンが双子の例えに置き換えて状況を分かりやすくしました。そんな時代の人です。





研究者としてはイギリスのキャヴェンディッシュ研究所でジョゼフ・ジョン・トムソンのもとで学んだ後にソルボンヌ大のピエール・キュリーの下て、学位を得ました。磁性の研究をする一方で水晶振動子を開発して超音波を発生させるメカを実用化しました。


観葉植物ならHanaPrime


また、マリ・キューリとの恋仲も知られていたようです。ゴシップネタで恐縮ですが。そして、何年か後には二人の孫同士が結婚してます。





また、ランジュヴァンはソナーの発明でも知られています。潜水艦の関係者なら多大な恩恵を受けている訳ですね。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】


2020/10/31_初版投稿
2021/04/11_改定投稿






2021年04月12日

マリ・キュリー__【2021/04/12_原稿投稿】



ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「マダム・キューリ」の原稿を投稿します。ご主人と共に物性論での色々な基礎を築きました。この項は何度でも改定したいと思います。少しでも深い内容をご紹介したい人だからです。のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。

リンクを含めてwww.dnowkouji226.com向けの情報を残します。

【以下が投稿原稿です】


 


その名はマリア・スクウォドフスカ=キュリー:Maria Salomea Skłodowska-Curieですがフランス語でマリ・キューリと呼ばれる事が多いです。彼女は物理学と化学で2度ノーベル賞を受けています。マリ・キューリの父は研究者でしたが貴族階級の出自故に、帝政ロシアの支配下の元で教壇に立つことを禁じられていました。マリ・キューリは10歳をなる前に大変苦労します。父の非合法の講義が発覚して職・住を失い、母の結核による他界があり、更には投機での失敗もあり、親戚等の世話になります。





そんな時期にマリ・キューリにも恋をした時代があったようです。当時、マリ・キューリは家庭教師を生業としていましたが、カジュミェシュ・ゾラフスキという青年と恋仲に落ちます。共に避暑旅行に出かけたりして幸せな時間を過ごしましたが、最終的には破局を迎えました。この事がマリ・キューリのパリ行きに繋がった様です。


パリでもマリ・キューリは苦労します。
屋根裏部屋に住んで寒い時には
持っている全ての服を着ながら
勉学に励みます。そんな生活は
大学の学部を卒業する迄、続きました。





そんなマリ・キューリに
漸く光明がさします。
知り合いを通じてピエール・キューリ
と出会ったのです。


そのピエール・キューリは国外で
評価を受けていて1893年には英国の
ケルヴィン卿が訪ねてくる程でした。
ところがピエール・キューリは
勲章を辞退するような性格で
ひたすら研究に励んでいました。


そんな二人が惹かれ合い、認め合い、
マリの帰国後もピエールは恋文を
贈り続け、遂には簡素な結婚式をあげます。
幸せなん結婚生活だったと思います。
祝いの宴もなく、結婚指輪も無い、
つつましい形式でしたが
祝い金で買った自転車に乗り、
フランスの片田舎へと新婚旅行に旅立ちます。





料理を頑張り、長女に恵まれながらも学問を続け、ベクレルの見出した放射線に対して二人は研究していきました。そこで。光や温度といったパラメターではなくウラン含有量の含有量が放射現象には本質的であるとの結論を得ます。その後、マリとピエールの夫妻は元素の精製に心血を注ぎます。
同位体の存在に近づいていったのです。





関心のある精製にキューリー夫妻は全てを注ぎ込みます。結果として、夫ピエールは度重なる発作に苦しみ、妻マリは神経衰弱から睡眠時遊行症に陥ります。その中で第二子を流産してしましました。そうした犠牲を払い、新しい概念の提唱に至ります。すなわち、特定元素は別の元素へ変化し得る、という事実です。


そして、その過程で放射線を放出して一見エネルギー保存の法則に相反する変化を起こしますが、それを追ってラザフォードらが研究成果を次々に発表します。そして夫ピエールが放射線に医学的効果を期待出来ると発見をしていくのです。ラジウムの効果でした。


当初は、妻マリーの博士学位習得が放射線研究の目的であったのですが最終的にはマリー・ピエール・ベクレルの3人に対してノーベル賞が贈られます。苦労してきた二人にとって、まさに栄誉の極みでした。


所が、その後突然の不幸が訪れました。夫ピエールが46歳の若さにして交通事故で命を落とすのです。妻マリーは悲痛にくれます。当然でした。その後、傷が癒えるまでに多くの物が必要でしたが、最終的に妻マダムは夫ピエールの大学での職位と実験室の後任を引き継ぎます。研究者として活動を始めたのです。


この内容に関してはいずれ追記したいと思います。
いつか、書き足すに値する部分だと思えます。
ケルヴィン卿・カメリーオネス・アインシュタインといった
当時の綺羅星の物理学者が彼女と交流を持ちました。


観葉植物ならHanaPrime


そして、何より悲しかったのは放射線のもたらした弊害です。研究の過程で放射線被曝が重なりマリーは頭痛・耳鳴り・怪我がなかなか治らないといった障害に悩まされ続けます。そして終には死に至りますが、当時はまだその関連性が明確ではなかったようです。


波乱に満ちたマリー・キューリの人生は幕を閉じましたがその後人々は彼女の残した物を高く評価しています。1995年、夫妻の墓はパリのパンテオンに移されました。フランス史の偉人の一人として今でも祭られています。そして、物理の世界の偉人として世界中で語り継がれています。








纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/14_初稿投稿
2021/04/10_改定投稿






2021年04月11日

ピエール・キューリ_【2021/04/11_原稿投稿】



ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ピエール・キューリ」の原稿を投稿します。18歳でパリ大学を卒業した天才です。物性論での色々な基礎を築きました。この項は何度でも改定したいと思います。少しでも深い内容をご紹介したい人だからです。のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワ数ーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。


【以下が投稿原稿です】



ピエール・キューリって有名なマダム・キューリの旦那様ですが、調べていけばいくほど良い男です。ピエールはフランスのパリに生まれましたが、学校に行きたがらず、お医者だったお父様や家庭教師等に勉強を教えてもらって自宅で勉強していました。特に数学、なかんずく幾何学で光る所を見せるようになり、16歳でパリ大学に入学します。そしてなんと18歳で学士号を得てしまいます。今の日本では普通の学生が入学試験を受ける年齢ですね。びっくりです。家計の事情で博士号習得はあきらめて物理研究室の助手として働きます。





同じくパリ大学鉱物学助手の兄ジャックと協同で研究を進めます。水晶等の結晶に圧力差が生じた時に電位差が発生する現象を定理化して「圧電効果」または「ピエゾ効果」と呼ばれる法則を確かにして、公表しました。更に、彼等は逆の現象も示します。また、水晶に電界を加えた時に形が変わるという現象を発表しましていますが、現在の工業製品ではこの応用である水晶振動子がデジタル回路で使われています。


観葉植物ならHanaPrime


ピエールは磁性に関して研究を進めています。その中で自差係数を計測するための精密なねじりばかりを使っていますが、その装置はその後に精密計測で世界中の研究者に広く使われています。ピエール・キュリーは博士論文のテーマとして強磁性、常磁性、反磁性について研究をおこないました。特に常磁性への温度特性を「キュリーの法則」として定式化しています。。その式に出てくる物質固有の定数は「キュリー定数」と呼ばれています。更に強磁性体の磁性損失も明らかにしています。「キュリー点」です。キュリー天秤も作りました。沢山の業績を残していますね。


そんな沢山の成果をあげていましたが、ピエールは薄給に甘んじ出世に興味をもたず教育功労勲章も断っていました。そんなピエールを外国では高く評価していて、1893年には英国のケルヴィン卿が訪問してきています。その後ピエールはポーランド人のマリア・スクウォドフスカ(後のキューリ夫人)と出逢い結婚しています。その後は夫婦共同で放射性物質の研究をしていて、ポロニウムとラジウムを発見、放射能という用語の提案を行っています。
そして遂にピエールは学生と共に核エネルギーを発見します。原子核の遷移は熱を生んでいたのです。学生との発見は続き、アルファ線、ベータ線、ガンマ線を見付けています。それぞれの放射線の帯電特性に気付いた訳です。


Bloomee LIFE


こうした成果をピエールがあげていく中で、心身のダメージは蓄積していきました。リウマチで毎晩ピエールは激痛に襲われて悲鳴をあげていたそうです。妻マリアとベクレルと共にノーベル物理学賞を受賞した際には体調不良で授賞式に出られませんでした。


そして運命の日が来ます。1906年4月19日木曜日です。当時パリ大学教授になったばかりのピエールは昼食後2時半頃に
目的地に徒歩で移動していました。パリの狭い道を多くの馬車が混走していました。道を渡り損ねた彼は馬車にひかれてしまい、頭蓋骨にひどいダメージを負って即死してしまうのです。一瞬の悲劇でした。フランスは宝を失います。


彼の死後に妻マリアは2度目のノーベル賞を得ています。また娘のイレーヌ・ジョリオ=キュリーとその夫で研究所の助手だったフレデリック・ジョリオ=キュリーも放射性元素の研究でノーベル賞を受賞しています。もう1人の娘エーヴは、母の伝記を書き残しました。孫の ヘレン ランジュバン ジョリオ はパリ大学の核物理学教授で、同じく孫の ピエール ジョリオ は生化学者です。


そして今ピエールとマリの魂はパリのパンテオンの地下聖堂に眠ってます。2人はフランスと物理学の世界に多くの宝を残しました。他のフランスの産んだ偉人達と共に。フランスの名誉と共に。夫婦で深い安らかな眠りを続けています。





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


【舞台別のご紹介】


2021/01/21_初稿投稿
2021/04/10_改定投稿






2021年04月10日

アンリ・ポアンカレ_【2021/04/10_原稿投稿】


先ず、原稿改定の前後を明確にしたいので4月からの四半期は全てのブログ原稿でWWW.nowkouji226.comの原稿を残します。バーナーリンクもWWW向けです。FanBlogの存在意義は私にとって書庫なので作業としての意義に徹します。それだから本日投稿の原稿は最新版となりますが別ブログでの作業履歴なのでバーナーは別ブログ向けであってファンブログでアフリエイトを見た人がバーナーリンクを使っても収益は発生しません。ブログ解析して疑問に思う方が居たら斯様に御理解下さい。結果としてバーナーサイズがファンブログ向けではなかったりてします。

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ポアンカレ」の原稿を投稿します。文中でも紹介していますが寺田寅彦や湯川秀樹が解説を書いていた時代のフランスの識者です。のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味していきます。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。


【以下が投稿原稿です】



その名を書下すと、ジュール=アンリ・ポアンカレ:Jules-Henri Poincaré。多様体における考察であるポアンカレ予想で、よく知られています。また、フランス大統領の従兄弟でもありました。



ポアンカレは数学、物理学、天文学
で名を残していますか、その
数学的立場には賛否両論があります。
一般の見方をしたら分からない程度の
賛否両論のでしょうね。



ポアンカレは第一回ソルベーユ会議
にも出席していて、マリ・キューリとの
写真は色々な所で紹介されています。
どんな話をしていたのか興味深いですね。



他、ポアンカレの業績としては位相幾何学の分野でのトポロジーはの概念形成などもあります。ヒルベルト形式主義よりも直感に重きを置くスタイルは、いかにも数学者らしい、とも思えますが、特定の人からみたら意味不明に思えたりするのでしょう。また、とある数学的な発見時に、思考過程を詳細に残し、思考プロセスでの心理学的側面の研究に影響を残したとも言われています。


Bloomee LIFE


また、以下の著作は何時か時間が出来たら
読んでみたいと考えているポアンカレの著作です。
個人的な課題ですね。


・事実の選択・偶然_寺田寅彦 訳_岩波書店
・科学と仮説_湯川秀樹・井上健編_中央公論
・科学の価値_田辺元 訳_一穂社





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/31_初版投稿
2021/04/10_改定投稿


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介
フランス関連のご紹介へ】



2021年04月09日

ジャック・C・シャルル_【2021/04/09_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「シャルル」の原稿を投稿します。気球に乗ってましてアメリカからベンジャミンフランクリンが見に来ていたそうです。数十万人が見ていたそうです。のんきに、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしていましたが方針転換します。4アカ計で考えて4/9(金)朝の時点でフォロワーは【11558】です。今日以降はこの数を目安にして、作業としてフォロワー数を増やしません。今日の数字を材料として以後は紹介の内容を吟味します。ロボットを含めてアカウント数を考えた時に私のブログ(別言すれば私自身)に現状の一万垢が無関心ならツイッターには意義を感じないからです。


【以下が投稿原稿です】

 


その名を全て書き下すと、ジャック・アレクサンドル・セザール・シャルル:Jacques Alexandre César Charles
カールという名前をフランス風に読むとシャルルとなるそうです。物理学で出てくるシャルルはフランスに生まれた発明家にして物理学者にして数学者、そして気球乗りです。物理学者としてはボイル・シャルルの法則で有名ですね。また水素を使った気球で初めて飛行した人です。





シャルルは「ボイルの法則」やキャヴェンディッシュやJ・ブラックら当時最新の仕事を見ながら水素の物性に着目しました。比重が空気に比べて、とても軽いので気球に応用出来ると考えたのです。そこでシャルルはプロトタイプの気球を設計しロベール兄弟に製作を依頼しました。パリの工房で気球を作り始めたのです。材料としてはゴムをテレピン油に溶かし、絹のシートにそれを塗った物を使っています。


観葉植物ならHanaPrime


1783年8月27日にシャルルとロベール兄弟は、今のエッフェル塔がある場所で世界初の水素入り気球の飛行試験を行いました。その時にはおじいさんだったベンジャミン・フランクリンも見に来ていたそうです。その年の暮れには別の気球を使って有人気球の初飛行を行っています。この時にはルイ・フィリップ2世が率いた一団が見ていて、着陸時に馬で気球を追いかけ、シャルルと同乗していたロベールが気球から降りる際に気球が再び浮かないよう押さえつけた、というエピソードが残っています。【引用はwikipedia】40万人がシャルルの初飛行を見たと言われています。特にプロジェクト資金集めとして募金を募ったのですが、応じた数百人は特等席で離陸を見れたそうです。その席にはアメリカ合衆国大使としてのベンジャミン・フランクリンもいました。また、シャルルの尊敬していたジョセフ・モンゴルフィエも居たそうです。





そうした冒険家が残した法則がシャルルの法則です。V1/T1 = V2/T2 として簡単化出来ますが、異種気体の体積と温度の関係を簡単に表していますね。実験、経験から事実が導き出される良い例だと思います。





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/01/22_初稿投稿
2021/04/09_原稿改定




旧サイトでのご紹介へ】
舞台別のご紹介へ】
フランス関連のご紹介へ】

2021年04月08日

ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ_【2021/04/08原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下に「ラグランジュ」に関しての投稿を致します。未定乗数法などの数学的な業績が有名ですね。ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて4/8(木)朝の時点で、前日と比較すると【11460⇛11524】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno

【以下原稿です】



ラグランジュはイタリアのトリノで生まれプロイセン王国・フランスで活躍しました。そんな彼の生きた人生は正に革命の起きていた時代でした。同時代のラボエジェが処刑された事に際しラグランジュは何故自身が生き延びたか自問自答したのではないでしょうか。何故なら彼はマリー・アントワネットの先生を務めていたからです。





学問の世界ではラグランジュは多大な業績を残しています。物理学者というより数学者としての仕事に思えてしまいます。力学体系の整理をしてラグランジュ形式と言われる理解を進めています。私も学生時代にラグランユアンと呼ぶ関係を多用しました。解析力学と呼ばれる分野で、ラグランジュ方程式につながります。後の数論につながる議論もしていますし、天体に関する研究等もしています。

ラグランジュの解析的な考えが有効だったのは各種物理量を一般化して変分と呼ばれる類の数学的な形式につながるからです。後の量子力学はニュートンの作った微積分だけではなく物理量の関係をラグランジュの使ったような関係で表現します。また、ラグランジュはエネルギー保存則から最少作用の原理を導きその考えは力学に留まらずに電磁気学・量子力学でも使われています。こういった定式化でのパラダイムシフトが後の体系に不可欠です。

ラグランジュの未定乗数法や定式化されたラグランジュアン
は誰しもが認める見事なものです。そして、ラグランジュの名は今でもエッフェル塔に刻まれています。彼の残した仕事と栄誉と共に。







以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
最近は返信出来ていませんが
全てのメールを読んでいます。
適時返信のうえ改定を致しします。

nowkouji226@gmail.com

【旧サイトでのご紹介へ】
舞台別のご紹介へ】
フランス関連のご紹介へ】

2020/10/02_初稿投稿
2021/04/08_改定投稿

教科書買取専門店による教科書買取サービス【テキストポン】


 

2021年04月07日

L・E・ボルツマン_【2021/04/07_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下に「ボルツマン」に関しての投稿を致します。後のシュレディンガが憧れ、エーレンフェストが定理化した学問分野を開いた人です。ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて3/31(水)朝の時点で、前日と比較すると【11051⇒11144】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno

【以下原稿です】



オーストリアにあるボルツマンの墓には
S=k LogWと書かれています。
ここでいうSとはエントロピーというパラメターで
事象の乱雑さを表します。
k(またはkBと記載します)というパラメター
を定めてボルツマンが定量化した概念です。

乱雑さは統計力学で温度T、容積V、圧力P等と関連して
ボルツマンの関係式として定式化されました。





ボルツマンの研究業績の中で特に私が関心をもつのは
原子論に関しての関わりです。当時、観測に直接かからない
原子は色々な見方をされていました。そんな原子に対して
ボルツマンは「乱雑さ」または「無秩序」の度合いという
新しい物理量を使い原子の実在に近づいていったのです。





結果として
対立する考えが学会で生じていて
原子モデルを使うボルツマンと、
実証主義で理論を進める
エルンスト・マッハの間で論争が続きます。
そして、残念なことに晩年は精神障害に悩み、
自ら命を絶つという悲しい最期を遂げています。

彼はピアノが好きでした。




花を手向ける場所がありますよね。





以上、間違い・ご意見は以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが必ず返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

【舞台別のご紹介】

2020/09/05_初回投稿
2021/01/02_改定投稿








【学術論文を書く時は英語必須です】

OJISAN.png



ピエール・ラプラス_1749年3月23日~1827年3月5日

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ラプラス」の原稿を投稿します。


また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて4/7(水)朝の時点で、前日と比較すると【11439⇛11460】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno


【以下が投稿原稿です】


_


ピエール=シモン・ラプラス(Pierre-Simon Laplace)です。
ラプラスはフランスに生まれ先進的な議論を進めました。当時としては画期的な「天体力学概論」と「確率論の解析理論」という著書を残しています。この原稿では特に「ラプラスの悪魔」と呼ばれた考え方に着目します。


ラプラスは決定論者です。将来的に起こる全ての現象は、その現象に繋がる以前の現象に起因すると考えます。それだから「特定の時間の宇宙の全ての粒子(原子と考えて良いです)の運動状態が分かれば、これから起きる全ての現象は予め計算出来る」という論理なのです。それを全て理解している空想上の存在を「ラプラスの悪魔」と想定しました。後々の我々の考え方で悪魔を考えていくと難題が幾つも出てきます。単純化の為に原子の重心のような物だけを考えて、それらが相互作用する状況を考えてみた所で無意味ではないのでしょうか。原子は生成消滅していますし、原子間を介在するフォトンとかフォノンとかいった準粒子が原子の間で介在して相互作用するからです。「ラプラスの悪魔」この考え方は決定論のなかでも特に、未来は一意的に決定的であるとする「因果的決定論」に従っています。



結局、ラプラスの没後に確立された量子論での認識形式を取り入れた時点でラプラスの「悪魔の議論」は無意味にも思えます。単純に悪魔の描く姿を当てはめた所で現実との相関がとれず机上の空論の感が否めません。コペンハーゲン解釈が正しいとする時点で「悪魔の議論」は成り立たないとする批判もありました。結局のところ「ラプラスの悪魔」とは、「ある瞬間での全ての構成原子達の力学的状態と相互間に働く力を知る事が出来たとしたら、かつ仮に全てのデータ(パラメター)を解析出来る能力を備えた知性」が世の中に居たとしたら、、という仮定のもとに進められた議論だったのです。そこから話を広めてあらゆる因果律の決定した姿を見通せる「悪魔」のようなずる賢い存在を考えたりもしました。話が独り歩きした後は、もはや「原子の議論」よりも「分からない話」を挟んで「不可解な結論出す議論」を不快に思う気分と雰囲気だけが残るかと思えます。
ただ、こんなご紹介をしてしましましたが、ラプラスの視点にもう一度立ち返ると目を見張る所が多々あります。現代制御で使うPIDの考えに繋がる伝達特性を使った考え方等は当時の数学者の中でも比類なき部類に入るかと思えます。この点は特筆すべきです。






以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】


2021/04/07_初稿投稿


テキストポンへの査定申込はコチラ



2021年04月06日

ユージン・ウィグナー_Eugene Paul Wigner 1902年11月17日 ~ 1995年1月1日

登場場所の整理(http://wwwのドメインでの作業)に伴い、以下にSEO対策で「ウィグナー 」の原稿を投稿します。マンハッタン計画に関わった人物で、BCS理論バーディンの指導教官だった人物です。ご覧下さい。


また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて4/6(火)朝の時点で、前日と比較すると【11366⇛11439】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno


【以下が投稿原稿です】


 
その名を書き下すとユージン・ウィグナー(Eugene Paul Wigner)。ハンガリー生まれのユダヤ人です。ポール・ディラックのお嫁さんのお兄さんで、BCS理論の作成者の一人バーディンの指導教官です。また、「原子核と素粒子の理論における対称性の発見」に対して1963年ノーベル物理学賞を受賞しています。

ユージン・ウィグナーは現在のベルリン工科大学を卒業後そこで勤務していましたがナチスドイツのユダヤ人迫害に対して研究継続の困難を感じ、アメリカに亡命をします。米国に亡命後はウィスコンシン大学で物理学の教授を務め、その後にプリンストン大学で数学の教授を務めました。


そんなウィグナーはレオ・シラードやエドワード・テラーらと、ナチスドイツが原子爆弾を開発した時の危険性をアメリカ政府に対して訴えていきました。実際にベルリンを追われた過去を持つウィグナーは現実に当時の状況を分析していたのだろうと思います。つまり、当時のドイツに残っていた科学の水準を理解していて、ナチスが有していた兵器を理解していたから、ナチスによる原爆開発の危険を強く感じていたのだと思えます。ただ、実際の歴史を知っている今の我々にとって見たら取り越し苦労です。ノルマンディー上陸作戦以降の連合軍の通常兵器での反攻を思えば、優秀とはいえ、一国のドイツがヨーロッパ大陸を長期間占領し続ける事は出来なかったでしょう。現在で考えると強大化する中国に対して欧米諸国がどういった対応をするか気になる所でありますよね。いずれにせよ、英米が原爆を有するきっかけをウィグナー達は作ったのです。
ウィグナーはアメリカの原爆開発のきっかけとなったアインシュタイン名による大統領宛書簡の起草対してシラードやテラーと連名で加わりました。加えて、原爆を開発するマンハッタン計画にメンバーとして加わりました。


晩年にウィグナーは哲学的な傾向を深め、講演録「自然科学における数学の理不尽な有効性」を残しています。著名なこの著作は多分野に影響を与えています。また、ウィグナーの妹は食事の席にディラックを招いた縁で、彼の奥さんになっています。意外な取り合わせですね。



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をしていきます。


nowkouji226@gmail.com


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】


2021/04/06_初版投稿











以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

【舞台別のご紹介】

2021/04/06_初稿投稿






OJISAN.png




2021年04月05日

本多光太郎_1870年3月24日 ~ 1954年2月12日

登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下に「本多光太郎」の原稿を投稿します。人間臭くて人と組織を育てた先人です。ご覧ください。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて4/4(日)朝の時点で、前日と比較すると【11355⇒11366】です。こんなペース。焦らず作業。

【以下が投稿原稿です】


 


本多光太郎は日本の鉄鋼業界での研究土壌を作り上げ、研究者として多くの人材を育て上げた偉人です。彼の逸話を聞けば聞くほど人間臭い所が感じられて、本人に会ってみたくなります。古い着物を着て、靴底が擦り切れるまで靴を履き、雑種の犬を引きながら大学に出勤していたようです。そんな人です。

本多光太郎は子供時代は学校の成績も悪くて大柄な割に、いつも青ばなをたらしてて、「はなたらしの光さん」と呼ばれていた学校嫌いの子供でした。そんな本多光太郎が東大に進学して理学系の物理学科を卒業します。今は理物と物工(りぶつ、と、ぶっこう)があるのでしょうが当時はどうだったのでしょうか。その後に本多光太郎はドイツとイギリスに留学します。帰国後、東北大学で教授を務め理化学研究所で研究を進める中で有名な「KS鋼」を発明します。本多光太郎は金属に対しての材料物性学の研究を世界に先駆けて始めていました。より性能の優れた材料を作り上げる為に所謂「冶金」の過程を研究していったのです。KS鋼(新KS鋼)は発明時に世界最強の永久磁石でした。現代での硬質磁性材料に繋がる研究の端緒をつけたのです。


なにより、本多光太郎は無類の実験好きでした。「今日は晴れているから実験しよう」と言いながら実験を始めたり、「今日は雨だから実験しよう」と言って実験を続けたりしていました。結婚式をあげた時に本多光太郎本人が居なかったので探しに行ったら実験室で実験をしていたという。とぼけたエピソードもあります。全般的に身の回りの細かい事は気にかけない大雑把な人でした。そんな本多光太郎は組織を育て人を育てたことで有名です。要職を務めたり創設に携わった研究機関を羅列すると、東北帝国大学附属鉄鋼研究所、東北帝国大学総長、千葉工業大学設立、東京理科大学初代学長、日本金属学会創設初代会長、後の電磁研初代理事長です。指導している仲間に対しては毎日のように「どんな状況?」と実験の具合を尋ね、論文に対して細かく意見を加えていたそうです。


最後に、本多光太郎の残した言葉を残します。
「今が大切」「つとめてやむな」


私にはトーマス・マンの
「くよくよするな働け」という言葉と重なります。
本多光太郎は仕事として実験を
何時までも考えていた人だったのでしょう。



nowkouji226@gmail.com


【舞台別のご紹介】













以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

【舞台別のご紹介】

2021/04/06_初稿投稿






OJISAN.png




2021年04月04日

イギリス関係の人々【2021/04/04_原稿投稿】

 ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「イギリス」の原稿を投稿します。今回はジュールの投稿に伴いリンク増と改定です。


また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて4/4(日)朝の時点で、前日と比較すると【11355⇒11366】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno


【以下が投稿原稿です】



【↑ Credit; Pixabay ↑】

今でも国際的に確固たる地位を英国は築いています。何よりそれは世界中に植民地をもって富とネットワークを蓄積してきたからに他なりません。そうした土台の一つとして自然科学の世界をリードしてきた面があるのではないでしょうか。特に物理学はヨーロッパ全域で議論されていましたが、特にイギリスで培われた部分が大きいです。誰しもが認める偉大な議論の歴史があります。今回、列挙出来て少し光栄です。ご覧下さい。

ロバート・ボイル_1627年1月25日 ~ 1691年12月31日
アイザック・バロー_1630年10月 ~ 1677年5月4日
ロバート・フック_1635年7月28日 ~ 1703年3月3日
アイザック・ニュートン_1642年12月25日 ~ 1727年3月20日
コリン・マクローリン_1698年2月 ~ 1746年6月14日
マイケル・ファラデー_1791年9月22日 〜 1867年8月25日
J・P・ジュール1818年12月24日 〜 1889年10月11日
ウィリアム・トムソン_1824年6月26日 ~ 1907年12月17日
J・W・ストラット__1842年11月12日 ~ 1919年6月30日
田中舘愛橘_1856年10月16日 ~ 1952年5月21日
J・J・トムソン_1856年12月18日~1940年8月30日
E・ラザフォード_1871年8月30日 ~ 1937年10月19日
ニールス・ボーア_1885年10月7日~1962年11月18日【英国へ留学】
J・チャドウィック_1891年10月20日 ~ 1974年7月24日【英国へ留学】
アーサー・コンプトン_1892年9月10日~1962年3月15日【英国へ留学】
ポール・ディラック_1902年8月8日 ~ 1984年10月20日【英国へ移住】
H・A・ベーテ_1906年7月2日 ~ 2005年3月6日【英国へ亡命】
P・アンダーソン_1923年12月13日~2020年3月29日【英国で勤務】
B・D・ジョゼフソン_1940年1月4日〜 (ご存命中)
S・W・ホーキング_1942年1月8日~2018年3月14日
ブライアン・ハロルド・メイ_1947年7月19日~ご存命中

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/12/06_初稿投稿
2021/04/04_改定投稿

【旧舞台別まとめへ】
【舞台別のご紹介へ】
【ケンブリッジのご紹介へ】

テキストポンへの査定申込はコチラ

R・ボイル_【2021/04/04_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ボイル」の原稿を投稿します。イギリス関連の物理学者を整理する中での投稿ですが、アイルランド貴族の血をひき、新しい概念を提唱しています。圧力・温度といった概念を明確にして学問の対象として盛り込んでいきました。ご覧下さい。


また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて3/28(日)朝の時点で、前日と比較すると【10797⇒10933】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno


【以下が投稿原稿です】





その名は正確には
サー・ロバート・ボイル: Sir Robert Boyle_
英国アイルランド生まれの物理学者です。
初代コーク伯爵リチャード・ボイルと
キャサリンの間に7番目の男子として生まれ
現地の家庭に里子に出されます。
その結果、ボイルはアイルランド語を
理解し、通訳レベルまで習得しました。

ボイルはフランス人の家庭教師と
海外旅行をしていて、1641年冬には
イタリアのフィレンツェで過ごし、
ガリレオ・ガリレイの教えを受けます。
ガリレオは1642年に亡くなりますが、
まさに晩年、ガリレオと接したのですね。
今の日本人なら中学生でしょうか。
多感な時期に良い刺激を受けた事でしょう。





1644年に大陸の長旅を終えるとボイルは
多くの時間を科学に使い、後の王立協会
に繋がる集まりであるロンドン理学協会、
別名、不可視の学院とも呼ばれた集まりに
参加するようになります。先代が亡くなって
いましたので、ボイルはアイルランドでの
立場もあったのですが、ロンドンで頻繁に
会合が開かれた事情もあり彼は最終的には
オックスフォードに移り住みます。
実験器具が入手し辛いといった切実な
側面もあったようです。









その後、フックを助手としてボイルは空気
ポンプを制作して圧力の研究を始めます。
やがてはその研究は体積との関係を示す、
ボイルの法則に繋がります。
ただ1660年迄に
体積は圧力に反比例すると明言していて、
書物での記録はあるようですが、
温度や分子量との関連を含め、
現象の定式化には至らなかったようです。
実際の定式化はヘンリー・パワーによって
1661年になされているようです。

最後に、ボイルは錬金術の伝統を受継いで
いましたが、近代的な視点を持ち「元素」を想定して、
混合物と化合物を明確に区別した点で秀でています。
ボイルが明確にしたパラダイムシフト
は非常に大きな業績だと言えるのではないでしょうか。











【舞台別のご紹介】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/04_初稿投稿
2021/01/19_改定投稿






OJISAN.png


オックスフォード大学関連の物理学者_【2021/04/04_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「オックスフォード関係」の原稿を投稿します。イギリス関連の物理学者を整理する中での投稿ですが、個人的にスタンフォード。ケンブリッジと混同している部分がありました。映画「炎のランナー」の舞台はケンブリッジです。このオックスフォードではありません。マンハッタン計画ともあまり関係がなく、王家の人間等が通う大学です。ニュートン以前の物理学発展の中心ではないでしょうか。入学式と卒業式はラテン語で行われるようです。そんなイメージでご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて3/28(日)朝の時点で、前日と比較すると【10797⇒10933】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno

【以下が投稿原稿です】

↑Credit:https:pixabay↑


言わずと知れた世界屈指の名門大学です。個人的にはボートレースの対抗戦が思い浮かびます。現存する大学としては世界で3番目に古い歴史をもっていて、英語圏では最古の大学だと言われています。今上天皇も学んでいたそうです。入学式と卒業式はラテン語であって、歴史を感じさせます。どうぞご覧下さい。


ロバート・ボイル_1627年1月25日 ~ 1691年12月31日
ロバート・フック_1635年7月28日 ~ 1703年3月3日
スティブン・W・ホーキング_1942年1月8日~2018年3月14日
ロジャー・ペンローズ_Sir Roger Penrose OM FRS_1931年8月8日 ~ご存命中

竹内均



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】


2021/03/28_初版投稿


J・P・ジュール_【2021/04/04_原稿投稿】

 ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ジュール」の原稿を投稿します。


また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて4/4(日)朝の時点で、前日と比較すると【11355⇒11366】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno


【以下が投稿原稿です】



その名を書き下すとジェームズ・プレスコット・ジュール_ : James Prescott Joule。イギリスに生まれたジュールは生涯、実験家として実験を続け、科学史に残る多くの実験成果を残しました。一生を通じて大学等で研究職ではなく、家業の醸造業を営むかたわらで研究をしました。そんな生活の中でジュールの法則、熱の仕事当量の数値化等の業績を残したのです。

ここで一般の人でも更に分かり易い表現をしてみたいと思います。ニュートンが考え始めた力学の考えは物体の運動を表す手段としてとても便利でした。リンゴみたいな球状の運動は質点の運動に置き換えられて空気抵抗や摩擦といった外乱の概念も取り入れやすかったのです。また、マクスウェルらが確立していった電気の体系でも仕事が議論され数値化されました。一方で温度計で測る熱というパラメターは運動の世界とは別に話されていく現象でした。熱に応じて物質が変質していったりする話は運動の話をしている話とは繋がり難かったのです。ジュールは電気や運動の話で出てくる「仕事」という概念と「熱」という概念を結びつけました。

ピンバッジ ブローチ 理系 科学 化学 実験器具 分子式 原子模型 モチーフ メンズ レディース ラペル ピン バッジ アクセサリー、送料込み、送料無料


そうした作業でジュールは熱力学の発展に大きく貢献しました。今でも熱量の単位にはジュールが使われていて、その名は色々な人が耳にします。ジュールは病弱だったので正規の学校教育は全く受けていません。自宅で家庭教師をつけて学習を行っていました。その1人には、原子論で有名なジョン・ドルトンがいて3年間にわたり科学や数学の初歩を教えていたと言われています。

ジュールの確立した概念である熱量は高校生でも分かる物理量とつながります。具体的に熱量Qは、流した電流Iの自乗と、導体の電気抵抗Rに比例していて





 Q=RI^2


これは現在ジュールの法則と呼ばれています。またジュールは、おもりの力によって水中でコイルを回転させる実験細管からの水の圧出による発熱を測定する実験を行い熱の仕事当量の測定を行って、熱自体が仕事に転化すると示したのです。最終的には羽根車による熱の仕事当量測定装置を使います。







Credit:Wikipedia


そうした活動の中で、ジュールはトムソン、ジョージ・ストークス、マイケル・ファラデーと意見交換をするようになり自宅で実験を続けた結果、確かに膨張させると温度が下がることが定量的に確認出来たのです。ジュール=トムソン効果と呼ばれる現象でした。




実験の行き過ぎでご近所さんから苦情を受けたり、奥様が亡くなったり、電車の事故を目の当たりにしたりしてジュールの気分は沈み引きこもり生活を送っていた時期もあったようです。そんなこともあり、マンチェスターに大学が出来ても教授職にはつきませんでした。


晩年ジュールは公的な年金や補助金を財源にして実験をしていました。裕福だったジュール家は実験に私財を捧げてしまった、とも言われています。ジュール自身はセールにて70歳で亡くなっています。そして、その墓石には仕事当量の値が刻まれています。




nowkouji226@gmail.com


【旧舞台別まとめへ】
【舞台別のまとめへ】
【イギリス関係のご紹介へ】












以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

【舞台別のご紹介】

2021/04/04_初稿投稿






OJISAN.png




2021年04月03日

P・W・アンダーソン_【20121/04/03_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「アンダーソン」の原稿を投稿します。イギリス関連の物理学者を整理する中での投稿ですが、凝縮系物理学の大家ですね。ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて3/27(土)朝の時点で、前日と比較すると【10740⇒10797】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno

【以下が投稿原稿です】




物性研究で有名なアンダーソン博士をご紹介します。
所属研究機関としてはハーバード大で学びベル研・
ケンブリッジ大・プリンストン大学で勤務しました。
米国や英国の綺羅星が並んでいますね。
素晴らしい研究人生です。





アンダーソンの研究で思い出すのは
アンダーソン局在です。
無秩序系における電子の基本的な性格で、
物性論の基礎になっています。
その理論では電子が局在した状態は
非局在の状態と明らかに異なり
エネルギー的に区別されます。
更に、長さ・時間のスケールを
変換する理論をスケーリング理論として展開して
理論を発展させたのです。
こういった業績を評価され、アンダーソンは
ノーベル物理学賞を受賞しています。





そしてアンダーソンは 東京大学から名誉博士号
を贈られています。その記念として
物性研で記念植樹されていたようですが、
赤坂・防衛省の近くでしょうか。柏でしょうか。
何時か見に行きたいと思います。

最後に、アンダーソンの
残した言葉を一つご紹介します。

”More is different”

アンダーソンは多様性の中から
秩序を拾い出していました。











【舞台別のご紹介】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/03_初稿投稿
2021/01/19_改定投稿






OJISAN.png


J・R・オッペンハイマー__【2021/04/03_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「オッペンハイマー」の原稿を投稿します。イギリス関連の物理学者を整理する中での投稿ですが、以前にアメリカ関係で登場していてUCA関係で登場していてイギリス関係で登場しています。ボルンに師事していた時期があったのでドイツでも登場すると思います。ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて3/27(土)朝の時点で、前日と比較すると【10740⇒10797】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno

【以下が投稿原稿です】

 



オッペンハイマーは原爆の父と呼ばれている側面もありますが、UCB(カリフォルニア大学バークレー校)では学生からオッピーと呼ばれていた側面もありました。彼の人生は喜怒哀楽に満ちています。

個人的な着眼点としては彼もユダヤ系の血を引いているという点です。ヒットラーが民族としてのユダヤ人に焦点を当て迫害し、敵視していた現実は動かしがたい事実です。強制収容所に連行されるような世相の中でユダヤ人達は非常な危機感を感じていたはずです。その危機感の中で20世紀初頭の歴史は、天才たちが育ち・団結して新しい物を生み出していたのではないでしょうか。この考えは幾多の人が繰り広げてきたのではないかと思えますが、再度私も強調します。具体的にはアインシュタインマックス・ボルンD・J・ボームE・パウリ そしてオッペンハイマーです。
(今は此処迄しか思い浮かびませんが後日、追記することになるでしょう)
そうしたメンバーがもたらした今世紀初頭の物理学の進展は急でした。その進展は物理学に留まらず、工学、産業、果ては19117年ロシア革命に始まった社会体制の変化にも繋がっていったと言えるのでは無いでしょうか。今世紀初頭の閉塞感は、それを打ち破る様々な努力によって大きく様変わりしていると思えます。





さて実際、オッパンハイマーは最終的に6つの言葉を操ります。少年時代には鉱物学・数学・地質学・化学に関心を示しハーバードを三年で終えてケンブリッジに留学します。そこから理論物理学のゲッティンゲン大学に進みボルンと出会います。オッペンハイマーはボルンの指導の下で研究を進め共同でボルン・オッペンハイマー近似等の業績を上げます。

その後、アメリカに戻りカリフォルニア工科大学やUCBで教鞭をとりますが、第二次大戦勃発に伴いオッペンハイマーはロスアラモス国立研究所の初代所長に任命されます。ここで原爆を開発したのです。この仕事は、世界のパワーバランスを変え、後の世界を大きく変えました。





晩年、オッペンハイマーは成し遂げた仕事の意味を自問し、後悔の言葉さえ残しています。戦争時代の原爆開発・使用は国としてのアメリカの中で必要と判断されていましたが現代ではそれを使い各国が持つだけで攻撃対象とされたり外交で脅迫の道具として使われていたりします。そういったことにつながった発明をオッペンハイマーは「罪」として捉え水爆の開発には反対していたりもしました。オッペンハイマーには別の罪(?)もあります。オッペンハイマーは冷戦時代なので学生時代からの共産党とのつながりを指摘され、最終的には赤狩りの標的とされ続けていました。常時FBI(司法省管轄のアメリカ連邦捜査局)の監視下にあったのです。1965年、がんの為にニュージャージーの自宅で静かに生涯を終えました。

合掌





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
必要箇所は適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

【舞台別のご紹介】


2020/09/21_初稿投稿
2021/01/12_改定投稿





OJISAN.png


J・R・マイヤー_1814年11月25日 ~ 1878年3月20日

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「マイヤー」の原稿を投稿します。

また、当ブログへのアクセスを増やしたいのでツイッター再開してます。4つのアカウントで運用。目的はブログとの連携。3/9(火)朝の時点で2日前とのフォロワー数を比べると
@コウジ@kouji@SyvEgTqxNDfLBX_2829→3002_Aバンドリ好き太郎@ev2Fz71Tr4x7b1k_2093→2209_
B浩司@BLLpQ8kta98RLO9_1922→1951_________Ckouji kazeno@KazenoKouji_1957→2029_
・合計で考えると4アカウント合計で_【8901→9191】【2日の合計で290垢/72単垢・増加】2つのブログへのSNSからの紹介流入を増やします。焦らずに。

【以下が投稿原稿です】

 


その名を書き下すとユリウス・ロベルト・フォン・マイヤー_
Julius Robert von Mayer,


ドイツの物理学者で。熱と仕事が互いに変換することが可能だと考え、エネルギー保存の法則、および比熱に関するマイヤーの関係式でよく知られています。





先ず、マイヤーはチュービンゲン大学で医学を学びました。実験が好きだったマイヤーは大学で医学の他に化学の講義も受けていました。同時に学生組合を組織して当局と対立したりもしていたようです。結果としてマイヤーには停学処分が下されたのです。ところが、マイヤーは負げずに停学期間を利用して、有益な時間を過ごしていたようです。しぶとい男ですね。その後、見聞を広めるべくマイヤーはオランダの植民地で軍医となります。東インド諸島での航海中にマイヤーはある点に気付きます。瀉血になった船員の静脈血は、寒い地域のそれより鮮やかな赤い色をしていたのです。マイヤーが設けた仮説は@血中酸素が多いと血液は赤いA熱帯では酸素は余り必要ないのではないかB熱帯では体温維持に必要な酸素が少なくて良い。


それだから熱と運動の関係性についてさらに推論を進めると、酸素の消費は「体温の維持」にも関係するし、「人間の運動の結果」にも関係するのであろう。だから熱と運動とは何らかのかかわりがあるのではないかと思われたのです。独自の視点ですね。その後も独自に実験を繰り広げます。

ヘルマン・フォン・ヘルムホルツやリービッヒもマイイヤーの業績を評価して言った結果として、マイヤーは、より広く知られるようになりました。王立協会よりコプリ・メダルも送られています。そして、メダルを受けた7年後の1878年3月20日に、64歳で亡くなりました。エルンスト・マッハは「マイヤーは自然の探求において、比類なく重要かつ広汎な見識をもっていた」と評価しています。とくに、その評価はエネルギーの概念の確立に貢献した点が大きく、エネルギーの概念の提唱者として評価する人も居ました。












以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

nowkouji226@gmail.com


【旧サイトのご紹介】
【舞台別のご紹介へ】
【ドイ関連のご紹介へ】


2021/04/03_初稿投稿


2021/04/03_初稿投稿






OJISAN.png




2021年04月02日

アメリカ人物理学者のまとめ_【2021/04/02_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から整理をしていますが(http://wwwドメインを信頼した作業です)、それに伴い、SEO対策で「アメリカ」の原稿を改定します。ベンジャミン・フランクリンの投稿に伴う作業ですが、ベンジャミンフランクリンを入れたことで、よりアメリカの雰囲気がより伝わった気がします。物理学者として学会発表したり議論したりしてる印象が余りありませんが、物理の範疇で語って良い人だと思えます。ご覧下さい。


また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて4/2(金)朝の時点で、前日と比較すると【11214⇒11316】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno


【以下が投稿原稿です】


【↑ Credit:Pixabay.com ↑】



始めに

アメリカ(America)は科学研究・技術革新において他を寄せ付けない大国です。アメリカ人の人口は3.27億人。物理学に於いては最後の世界大戦後に中心はイギリスからアメリカに移ったと思えます。国家が力を集めて予算を注ぎ、特定の科学を支援する時代が続いているのです。初期にはキブスの「ほのぼのした古き良きアメリカ」を彷彿とさせる時代もありましたが、マンハッタン計画を初めとする破滅的な部分も看過出来ません。何はともあれ、今も時代は進んでいます。今後は少しでも理性的な方向付けが必要ではないでしょうか。亡命後にアメリカに帰化した学者等を含めて以下にアメリカ関係の人物を列記します。



年代別のご紹介

ベンジャミン・フランクリン_ 1706年1月17日 ~ 1790年4月
E・W・モーリー__1838年1月29日 ~ 1923年2月24日
ウィラード・ギブズ_1839年2月11日 ~ 1903年4月28日
トーマス・A・エジソン_1847年2月11日 ~ 1931年10月18日
アルバート・A・マイケルソン_1852年12月19日 ~ 1931年5月9日
ニコラ・テスラ__1856年7月10日 ~ 1943年1月7日
ロバート・ミリカン__1868年3月22日 ~ 1953年12月19日
アルベルト・アインシュタイン_1879年3月14日 ~ 1955年4月18日
オットー・シュテルン_1888年2月17日 ~ 1969年8月17日
ハリー・ナイキスト_1889年2月7日 ~ 1976年4月4日
E・P・ハッブル_1889年11月20日 ~ 1953年9月28日
エンリコ・フェルミ_1901年9月29日 ~ 1954年11月28日
J・R・オッペンハイマー__1904年4月22日 ~ 1967年2月18日
エドワード・テラー__1908年1月15日 ~ 2003年9月9日
ジョン・バーディーン___1908年5月23日 ~ 1991年1月30日
R・P・ファインマン__ 1918年5月11日 〜1988年2月15日
アイザック・アシモフ_1920年1月2日 ~ 1992年4月6日
南部 陽一郎__1921年1月18日 ~ 2015年7月5日
マレー・ゲルマン__1929年9月15日 ~ 2019年5月24日
レオン・クーパー__1930年2月28日 ~(ご存命中)
ロバート・シュリーファー _1931年5月31日 ~ 2019年7月27日
_J・J・サクライ __1933年1月31日 ~ 1982年11月1日



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】
イェール大学のご紹介へ
UCBのご紹介へ


2020/11/01_初版投稿
2021/04/02_改定投稿

ポール・ディラック_ 【2021/04/02_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から整理をしていますが(http://wwwドメインを信頼した作業です)、それに伴い、「ディラック」の原稿を改定します。イギリス関係の人物を整理する作業です。このブログのTOP画像では真ん中に位置している若者です。誰しもが認める天才です。議論は苦手かもしれませんが数学センスはピカイチです。ご覧下さい。


また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて3/26(金)朝の時点で、前日と比較すると【10656⇒10740】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno


【以下が投稿原稿です】
 


イギリスのディラックは
とても謙虚で無口な人でした。
ノーベル賞が決まった際には、
有名になる事を恐れて受賞辞退を
考えていた様です。そんな人なのですが、
20世紀初頭の天才達がひしめく中で
ファインマンハイゼンベルク
シュレディンガー等と量子力学を確立します。
シュレディンガーとは
同じタイミングでノーベル賞を受賞します。

ディラックの性格形成を語る上で家庭環境は
大きな要素だったようです。まず、1924年に
ディラックの兄が自ら命を断っています。
色々考えた末だったのでしょうか。
ディラック自身も、その父と会話し辛い
場面が多々あったようです。そして無口に。
しかし、ディラックは闇に沈まずに数学
を駆使して輝かしい成果を残しています。
特にデルタ関数とブラケット記法は
素晴らしい。多大な足跡を沢山残しました。

ブラケット記法とは日本語で「括弧」
の記号を使った表記です。その定式化では
カギカッコ<>の形の 「<」 の部分
だけを「ブラベクトル」と呼び
カギカッコ<>の形の 「>」 の部分
だけを「ケットベクトル」と呼びます。
非常に分かり易い表現でブラの部分が
行列に相当してケットの部分がベクトル量に相当するイメージです。作用した結果のブラ・ケットが固有値を持つ場合に固有状態を持つと表現されます。ここでのベクトルがヒルベルトベクトル(無限次元に対応)であることが学生時代の私にとって感動的でした。一瞬にして物理量に対応する状態が記述された気がしました。他方でデルタ関数は観測が一瞬にして波束の収縮を引き起こす様子を表現していると思います。



ディラックはイギリスの伝統を受け継いだ人でもあります。
ケンブリッジではルーカス教授職を務めました。この名誉は初代・アイザックバローから始まり二代目・アイザック・ニュートンと続き、最近では宇宙論で名を成したスティーヴン・W・ホーキング博士が受け継いでいます。





以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/08/17_初稿投稿
2020/12/31_改定投稿





OJISAN.png

ベンジャミン・フランクリン_Benjamin Franklin,_グレゴリオ暦1706年1月17日〜ユリウス暦1705年1月6日

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ベンジャミン・フランクリン」の原稿を投稿します。


また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて4/2(金)朝の時点で、前日と比較すると【11214⇒11316】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno


【以下が投稿原稿です】
その名はベンジャミンフランクリン:Benjamin Franklin,_グレゴリオ暦1706年1月17日の生まれですが、ユリウス暦では1705年1月6日にあたります。そんな両方の暦を使っている時代に生まれた人でした。フランクリンは政治家として、外交官として、著述家として、物理学者として、また気象学者として活躍します。後述する13徳を実践する謙虚な人であって努力家です。実務家です。フランクリンの残した「フランクリン自伝」はアメリカのロング・ベストセラーの一つとなっていて今でも100ドル札には肖像人物としてベンジャミンフランクリンが使われています。(2021年3月現在)広くアメリカ人に愛され続けています。


フランクリンの業績として有名な物は凧を使った雷の実験です。フランクリンはライデン瓶の実験がされていると聞き電気に興味を持ちました。1752年に雷鳴り響く嵐の日に凧をあげました。その時、地上側の凧糸の先にワイヤーで接続したライデン瓶を連動させることでその時の上空の帯電状態を示す作業をしました。実際に直接的な実験ですがその電圧が数億ボルト(流れる電流が数十万アンペア超)とも言われる現象に対してベンジャミンフランクリンが、どの程度の理解をもって実験の設定を行ったかについては、大きな問題を感じます。実際に21世紀になってから、アイドルのコンサートでの落雷事故があった事は記憶に新しいでしょうし、フランクリンの時代に検証実験を試みて多数の死者が出た事実もある事から「絶対に真似をしてはいけない」実験であると言えます。それを行ったフランクリンの勇気は手放しで賞賛出来ない部分がありますが、それを踏まえて考えてみても、人々に尊敬される偉人であることは確かです。

フランクリンの偉業は他にも続き、避雷針、燃焼効率の高いストーブ、遠近両用眼鏡を次々と発明しました。そして、フランクリンはその発明に対して特許はとらないで社会に還元しました。アメリカ独立宣言の起草にも加わっていたと言われます。自らの自律心でコツコツと独学で事を成し遂げてきたフランクリンは13徳と呼ばれる戒律を実践していたと言われます。最後にご紹介させて下さい。

【13徳(Wikipedeaより引用、週毎に一つずつこの徳目に身を捧げていた)】
◆節制 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。
◆沈黙 自他に益なきことを語るなかれ。
駄弁を弄するなかれ。
◆規律 物はすべて所を定めて置くべし。
仕事はすべて時を定めてなすべし。
◆決断 なすべきをなさんと決心すべし。
決心したることは必ず実行すべし。
◆節約 自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。
すなわち、浪費するなかれ。
◆勤勉 時間を空費するなかれ。
つねに何か益あることに従うべし。
 無用の行いはすべて断つべし。
◆誠実 詐りを用いて人を害するなかれ。
心事は無邪気に公正に保つべし。
 口に出だすこともまた然るべし。
◆正義 他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを
与えずして人に損害を及ぼすべからず。
◆中庸 極端を避くべし。たとえ不法を受け、
憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。
◆清潔 身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。
◆平静 小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。
◆純潔 性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、
これにふけりて頭脳を鈍らせ、
身体を弱め、または自他の平安ないし
信用を傷つけるがごときことあるべからず。
◆謙譲 イエスおよびソクラテスに見習うべし。












以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

【舞台別のご紹介】

2021/04/02_初稿投稿












ニールス・ボーア_【2021/04/02_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から整理をしていますが(http://wwwドメインを信頼した作業です)、それに伴い、SEO対策で「ボーア」の原稿を改定します。イギリス関係の人物を整理する作業です。前期量子論の議論を繰り広げた主要メンバーです。ご覧下さい。


また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて3/26(金)朝の時点で、前日と比較すると【10656⇒10740】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno


【以下が投稿原稿です】


 



デンマークに生まれたボーアは前期量子論
において先駆的な理論を提供し続けました。

ボーアは当時、不完全であった原子像を
洗練させて独自の原子模型を提唱します。
先ず1911年にイギリスへ留学し、J・J・トムソン
ラザフォード
_の元で原子核に対する
考察を進めていきます。
そもそも光学顕微鏡で見えない大きさレベル
での世界に対して、考察を止めることなく
量子力学を確立していきます。






ボーアはイギリスから帰国後に幾多の
仲間をコペンハーゲンに集め、いわゆる
コペンハーゲン学派を形成します。
そこでまとまった解釈はコペンハーゲン解釈
と呼ばれるようになり、それまでの物理学
でのパラダイムを変えていきます。
一言でまとめると、コペンハーゲン解釈
は微視的世界での観測に対する考え方です。
とても奥深い話ですから、次の改稿時には
もう少し踏み込む積りです。

その中でボーアは本質的な「ボーアの量子化条件」
を用いて様々な現象を説明してみせます。
長さスケールで10の‐23乗のスケールでの議論では
エネルギーなどの観測値がとびとびの値を示す
のですが、その事象を現実世界での本質的な性質
であると提唱したのです。
原子半径、磁気的性質も現代では、
その形式で考えるが方がわかりやすい訳です。






そして晩年、ボーアはデンマーク最高の勲章である
エレファント勲章を受けています。





以上、間違い・ご意見は以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが必ず返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

【舞台別のご紹介】

2020/08/31_初版投稿
2021/01/01_改定投稿





OJISAN.png


2021年04月01日

ドイツ関連の物理学者_【2021/04/01_原稿投稿】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ドイツ関係」の原稿を投稿します。コペルニクスを本日投稿したことに伴い、独逸人の列にコペルニクスを加えました。。彼が議論を育んだ場所です。年代順に、ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて4/1(木)朝の時点で、前日と比較すると【11144⇒11214】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno

【以下が投稿原稿です】

↑Credit:Pixbay↑



正式には「ドイツ連邦共和国_Deutschland。その人口は8300万人で歴史的にも現在の工業技術面でもヨーロッパで指導的な役割を果たしています。この国の人々が居無ければ後の量子力学の発展もなかったような気もします。単純に考えて、ゲルマンの生真面目な血筋は物理学に向いている気がするのですが、ヒットラーの台頭の中で物理学者は苦労します。白いユダヤ人と呼ばれた人も居ますし、アメリカ等の国外へ亡命をした人も多いです。大きな損失でしたね。その後の進展は科学史上の遺産【マックスプランク研究所など】に大きく依存しているのだと思えてしまいます。ご覧下さい。


N・コペルニクス_1473年2月19日 ~ 1543年5月24日_独系ポーランド人

ハインリヒ・レンツ_1804年2月12日 ~ 1865年2月10日_独系ロシア人

マックス・プランク__1858年4月23日 ~ 1947年10月4日

W・C・ヴィーン_1864年1月13日 ~ 1928年8月30日

高木 貞治_1875年4月21日 ~ 1960年2月28日_ヒルベルトに師事

アルベルト・アインシュタイン _1879年3月14日~1955年4月18日【後に亡命】

マックス・ボルン_1882年12月11日 ~1970年1月5日【後に亡命】

ハイゼンベルク 1901年12月5日 ~ 1976年2月1日

エドワード・テラー _1908年1月15日 ~ 2003年9月9日【後に亡命】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に関しては適時、
返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/29_初稿投稿
2021/03/10_改定投稿






 

アーネスト・ラザフォード_【2021/04/01_原稿改定】

ヤフーブログ終了の教訓から登場場所の整理をしていますが(http://wwwのドメインを信頼した作業です)、それに伴い、以下にSEO対策で「ラザフォード」の原稿を投稿します。ケンブリッジ関係の人物を整理する中で取り上げた人物です。散乱光の解析から始まり、多くの業績をあげました。ご覧下さい。

また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて3/25(木)朝の時点で、3日前と比較すると【10249⇛10656】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno

【以下が投稿原稿です】



その名は正確にはアーネスト・ラザフォード_
Ernest Rutherford, 1st Baron
Rutherford of Nelson, OM, FRS,
初代のネルソン卿_ラザフォード男爵です。

ラザフォードはニュージーランドに生まれ数学でマスタの学位をとった後で奨学金を得てイギリスのケンブリッジ大学に進みます。そこでラザフォードはJJトムソンの指導のもとで気体の電気伝導の研究をします。

研究を進めるうちにラザフォードはウランから2つの放射線、
α線とβ線が出ている事を発見します。ラザフォードは後に透過性の非常に強い放射線が電磁波である事を突き止め、半減期の概念を提唱します。





ラザフォードが考えた半減期の分かり易い
例として、岩石の年代測定があります。
特定の岩石に含まれる物質から出てくる
放射線量を計測すれば、
半減期の概念を使って形成から今迄、
どのくらい時間が経っているか推定
出来るのです。





ラザフォードは更に研究を続けました。
ガラス管にα線を集め、そのスペクトル
分析からα線とはヘリウム原子核である
と突き詰めています。そして、
1911年にはガイガー・マースデンとα線の
散乱実験を行いました。有名なラザフォード
の原子模型が提唱されたのです。
原子には中心に原子核があり
その周りを電子が運動している
現代でも使えるモデルです。

またラザフォードはその人柄から
原子物理学の父と呼ばれています。
キャンデビッシュ研究所では
若い研究所員たちに「ボーイズ!」
と呼びかけていました。また彼は
夏の砂浜でもスーツのジャケット
を脱がないスタイルでした。
そして、
原子番号104の元素は今、彼を偲んで
ラザホージウムと呼ばれています。









以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/26_初回投稿
2021/01/17_改定投稿

【舞台別のご紹介】





OJISAN.png


コペルニクス_【2021/04/01_原稿投稿】

本日、以下原稿を投稿します。天文学の土台を築いた偉人コペルニクスです。


また、当ブログへのアクセスを増やしたくてツイッターしてて、以下の4アカ計で考えて4/1(木)朝の時点で、前日と比較すると【11144⇒11214】です。こんなペース。焦らず作業。
@コウジ@kouji_Aバンドリ好き太郎_B浩司_Ckouji kazeno

【以下は原稿です】


  


コペルニクスは王領プロイセンの一部であった現在のポーランドで生まれました。特に第2次大戦までのナショナリズムの時代には、その地に生まれた人々はドイツ人であると言われたりしていましたが、今日ではドイツ系ポーランド人と呼ばれることが多いです。コペルニクスはもともと職業として天文学に専念出来る仕事に従事していませんでした。日常の仕事としては宗教の布教に伴う様々な仕事をしていたようです。


Bloomee LIFE


そういった仕事の一つとして、聖堂参事会の財産管理をしていましたが、その仕事の中で「悪貨は良貨を駆逐する」という概念を初めて用いています。そういった社会的な貢献も行っていたという事実は特筆すべきです。ドイツ騎士団国がポーランド王領プロイセン内ヴァルミアに進行する中でコペルニクスの生活は色々と変わっていきます。


1539年にヴィッテンベルク大学の教授であったゲオルク・レティクスがコペルニクスを尋ねましたが、そこで彼はコペルニクスから地動説の思想を説明してもらい得心し、その考えを継承・発展したいと思うようになりました。コペルニクスとの師弟関係が始まっていきます。レティクスはコペルニクスの理論を急速に吸収し、理論体系の流布へ向け出版をするように進言します。。そうした話を受けコペルニクスは自らの理論を纏めていこうと考えました。1539年にはレティクスが自身の天文学の師、ヨハネス・シェーナーに長い手紙を送りました。その手紙の中においてコペルニクスの理論の抜粋を盛り込んでいます。その写しをレティクスはグダニスクの出版業者に持ち込み、翌年には「最初の報告」として出版しました。そこでコペルニクスはレティクスと共に推を進めました。その2年後には「天球の回転について」の草稿が完成し印刷されたのです。所がレティクスのライプツィヒ大学の数学教授に伴い、レティクスが後任指名した神学者アンドレアス・オジアンダーが校正を続けます。しかしそうした中、コペルニクスは脳卒中で倒れ、半身不随となり、原稿を読むことはできませんでした。最終的に仕上がった印刷物は、コペルニクスが亡くなった当日に彼のもとに届いていたという逸話が残っています。享年70歳の生涯でした。












以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

【舞台別のご紹介】

2021/04/01_初稿投稿






OJISAN.png