アフィリエイト広告を利用しています
ファン
検索

メンズエステサロン
【エルセーヌMEN】

メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!
<< 2023年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント

2023年06月10日

C・A・ドップラー
6/10改訂【ドップラー効果を定式化したオーストリア人】

こんにちはコウジです!
「ドップラー」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はタイトルの再考です。
初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように。


SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。
【以下改訂した原稿です】


 


【スポンサーリンク】
【1803年11月29日生まれ - 1853年3月17日没】



 ドップラーの示した事実


その名をはクリスティアン・アンドレアス・ドップラー;


Christian Andreas Doppler。ドップラーはオーストリアの


物理学者にして数学者にして天文学者です。


移動体の発する音を考えた時に観測者と音源との間の


相対的な周波数の関係を詳しく調べました。いわゆる


「ドップラー効果」の形で定式化して後世に残しています。


絶対音感を持った音楽家が移動体からの音を聞いて


観測した地点で音程が変わるという事実を示しています。


当時としては極めて説得力のある説明方法だったのです。


舞台は音楽の国オーストリア、研究対象は音の定量化です。


今日では音で聞こえる周波数の話から、考え方を拡張して


電磁波のドップラー効果や超音波のドップラー効果


も含めてドップラー効果は現在も応用されています。


 

ドップラー効果の特徴


ドップラーの素晴らしい所は”問題のとらえ方”で、


相対的な位置関係の変化から一見,違うものと思える


「音速;C」と「移動体の速度;V」の間の関係をとらえ


@「動かない物体の発する周波数;F1」から


A「移動する物体の発する周波数;F2」へと


変化する割合である「F2/F1」を


数式で分かり易く示したことです。


今日では高校生レベルで説明・理解出来る関係を


数百年前に作り上げて説明しています。


そして、


今では色々な側面から解釈・利用されています。


 

ドップラーは現在のチェコ工科大で教職を務めた後に


ウィーン大学物理学研究所で研究機関の長を務めます。


そんな中で遺伝学のメンデルの研究を指導しています。


少し意外な繋がりですね。






テックアカデミー無料メンター相談
【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/07/03_初版投稿
2023/06/10_改定投稿


舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
電磁気関係
オーストリア関連のご紹介


ーこのサイトはAmazonアソシエイトに参加していますー


【2021年8月時点での対応英訳】



Job of Doppler


Its name is Christian Andreas Doppler. Doppler is an Austrian physicist, mathematician and astronomer.


c.A.Doppler investigated the relative frequency relationship between the observer and the sound source when considering the sound emitted by a moving object. It is formulated in the form of the so-called "Doppler effect" and left for posterity.


It shows the fact that the pitch changes at the point where a musician with perfect pitch hears and observes the sound from a moving object. It was a very compelling explanation for the time. The stage is Austria, the country of music, and the subject of research is sound quantification.



Way of thinking by Doppler


Today, the Doppler effect is applied by expanding the way of thinking from the frequency that can be heard by sound, including the Doppler effect of electromagnetic waves and the Doppler effect of ultrasonic waves.


The great thing about Doppler is "how to grasp the problem", which captures the relationship between "sound velocity; C" and "moving object velocity; V", which seems to be different at first glance from the change in relative positional relationship, and "does not move". "F2 / F1", which is the rate of change from "frequency emitted by an object; F1" to "frequency emitted by a moving object; F2", is shown in an easy-to-understand manner.


In today,Doppler created and explained relationships that can be explained and understood at the high school level hundreds of years ago. And now it is interpreted and used from various aspects.


Doppler will be the head of the research institute at the Institute of Physics, University of Vienna, after teaching at the current Czech Technical University. In the meantime, he also teaches Mendel's research in genetics. It's a little surprising connection.


2023年04月26日

カール・シュヴァルツシルト
‗4/26改訂【相対性理論から 重力場を記述】

こんにちはコウジです!
「シュヴァルツシルト」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はタイトルの再考です。
初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように。


SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。
【以下改訂した原稿です】



【スポンサーリンク】
【1873年10月9日 ~ 1916年5月11日】


シュヴァルツシルトの名はドイツ語表記をすると: Karl Schwarzschild。
19世紀生まれの物理学者で従軍に伴い研究を断念した方です。
シュヴァルツシルトはドイツに生まれました。
フランクフルト生まれのユダヤ系でミュンヘン大学へ進みます。


関連書籍の関連リンクを使おうとしましたが
ゲーム関係の書籍ばかりが出てきてしまいます。
もはや「シュバルツシツト半径」という言葉だけで
現実の世界とつながる人になっています。
シュバルツシルトの人生を伝える人も
どんどん、少なくなってくるのでしょう。 


シュヴァルツシルトは1901年に28歳でゲッティンゲン大学準教授
および同天文台長を務めるのですが、1914年には第一次世界大戦に伴い
(シュヴァルツシルトは40歳以上だったにもかかわらず)
軍に入隊しました。当時のドイツでシュヴァルツシルトは
西部戦線と東部戦線のどちらでも前線で戦い、
中尉にまで昇進しました。


思えばハーゼノールもまた、戦場で命を落としています。
ケプラーの父も戦争で命を落としています。
時代が変われども大事なものを戦争で
失っている事実を思い返してみて下さい。


ケプラーが天文学を進め、ハゼノールの弟子たち4人が
ノーベル賞をとっているのです。戦争が無ければ更に
有益な活動が出来たのではないでしょうか。
戦没した物理学者と語り合えた筈の時間が
隣人たちの「大きな損失」です。


シュヴァルツシルトは1915年にドイツ軍の砲兵技術将校
としてロシアで従軍します。そんな中、
天疱瘡と呼ばれる痛くて稀な皮膚病に苦しみました。


そうした闘病の最中で、シュヴァルツシルトは
アインシュタインの一般相対性理論から
重力場を記述する関係を導き出しました。
重力方程式から導き出された最初の特殊解は
シュヴァルツシルトの解と呼ばれ非常に有益なものです。


解を見出した直後にシュヴァルツシルトは
アインシュタインに手紙を送っています。

そんな思いを受けて
戦場で過ごすシュヴァルツシルトの為に

アインシュタインはドイツ・アカデミーに
論文を提出しました。

シュヴァルツシルトの論文で明確にされているのは
距離の性質です。特定の空間に極めて高い質量
存在する時に、空間自体が重力で歪むのです。
空間が歪むという表現は説明が難しいのですが、
相対性理論での結果として歪むのです。


その時に「シュヴァルツシルト半径」と呼ばれる
特殊な球形の場所が出来ます。シュヴァルツシルト半径の
境界面に近い場所ではその重力で光(光子)でさえもが
吸い寄せられ、球の内側では光の速度でも
抜け出せないという論文です。
シュヴァルツシルトの考えは今で言う
ブラックホールの存在を示唆していました。


そして、
残念なことに論文発表から4ヶ月後に病は進行、
シュヴァルツシルトは死に至ります。人類の損失です。
戦争はゲームの中で沢山です。
現実に起これば人が死にます。


話を進めてみました。同様の対応で私は考えました。
反戦を徹底できないと
@人が生む出す英知が外に向かう前に、
A内向きの欲望で人類は死滅に向かいます。


@物凄く早く進む光は魅力的です。 反して
Aブラックホールの引力は欲望のようです。


人は冷静な考察をしながらも前向きに進む
熱い思いを持っていないといけないと思います。
私論まで。






【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2023/04/05‗初稿投稿
2023/04/26‗改訂投稿


旧舞台別まとめへ
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2023年4月時点での対応英訳)


His full name in German is: Karl Schwarzschild.
He was a physicist born in the 19th century who gave up
his research when he served in the military.
Born in Frankfurt, he was Jewish
and went on to the University of Munich.


I tried to search the related link of the related book but
Only PC game-related books will come out.
No longer just the word "Schwarzschitz radius"
He has become a person who connects with the real world.
Some people tell the life of Schwarzschild
It will become less and less.  


Schwarzschild was appointed associate professor
at the University of Göttingen in 1901 at the age of 28.

And he will serve as the director of the observatory,
but in 1914 he was over 40.

(Even though Schwarzschild )
he enlisted in the army. Schwarzschild in Germanyat the time
He fought on the front lines on both the Western
and Eastern fronts,
He was promoted to lieutenant.


Come to think of it, Hazenor also lost his life on the battlefield.
Kepler's father also lost his life in the war.
Even if the times change, what is important is war
Remind yourself of what you have lost.

Kepler advances astronomy, and four of Hazenor's disciples
He would have a Nobel Prize. even more without war
I hope he had done something useful activity.
The time I should have been able to talk with a physicist
who died in battle,
A "great loss" for his neighbors.


Schwarzschild was appointed an artillery technical officer
in the German Army in 1915.

served in Russia as a Meanwhile,
He suffered from a rare and painful skin disease called pemphigus.


In the midst of such a struggle, Schwarzschild
From Einstein's General Theory of Relativity
He derived a relationship that describes the gravitational field.
The first special solution derived from the gravitational equation is
It is called Schwarzschild's solution and is very useful.


Shortly after finding his solution, Schwarzschild
He is sending a letter to Einstein.
he felt that
For Schwarzschild spending time on the battlefield
Einstein at the German Academy
submitted his thesis.


Schwarzschild's paper makes it clear that
It's the nature of distance. Extremely high mass in a specific space
As it exists, space itself is distorted by gravity.
The expression that the space is distorted is difficult to explain,
It is distorted as a result of the theory of relativity.


then called the "Schwarzschild radius"
A special spherical place is created. of the Schwarzschild radius
Even light (photons) is forced by the gravity near the boundary surface.

Attracted, inside the sphere even at the speed of light
It's a thesis that you can't get out of it.
Schwarzschild's thoughts now say
He suggested the existence of black holes.


and,
Unfortunately, the disease progressed four months
after his paper was published,

Schwarzschild dies. He is humanity's loss.
War is a lot in the game.
People die if it happens.


He tried to speak. I thought of a similar response.
If you can't thoroughly oppose the war
@ Before the wisdom that people create goes outside,
(2) Mankind is heading for extinction due to inward desires.


@The light that travels very fast is attractive. Contrary
AThe gravitational pull of a black hole is like desire.


People move forward while thinking calmly
I think you have to have a passion for it.
up to my point.



2023年04月08日

鈴木 梅太郎
/8改訂【1874年4月7日 〜 1943年9月20日】

こんにちはコウジです!
「鈴木 梅太郎」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はリンクの追加、再考です。


SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。
【以下改訂した原稿です】



理研の三太郎


理研の三太郎と言われた鈴木梅太郎をご紹介致します。
他の二人は既にご紹介している長岡半太郎と本多光太郎です。

筆者の思い出話


筆者が個人的に親近感を覚えたのは、
鈴木梅太郎が農学部とつながりが強い点です。
東大の工学部と農学部の間の坂道である
古本屋がある通りを、私はよく散歩で使います。

地名で言うと文京区弥生町。
弥生式土器の「弥生」だったかと。
(地下鉄の南北線を使う時に登っていく場合が多いです)

私の祖母は農学部からほど近い動坂の辺りで暮らしていて、
そこそこ別嬪さんだったので「動坂小町」と呼ばれていました。
また、私の母は不忍池の方にある東大病院で生まれました。
私の父は農学部の方にある根津神社の池でおぼれたそうです。
そんなわけで何となく親近感を覚えてしまいます。

鈴木梅太郎とビタミン


話戻って鈴木梅太郎ですが大きな業績としてビタミンを発見しました。
具体的には先ずビタミンBをみつけてドイツの学会で発表しています。
ただし、時節柄を感じされる話なのか「発見者」としての明記
が無かったので梅太郎の発見だと伝わらなかったようです。
日本人は知っていても外人から見たら「それ何?」って
話なのでしょうね。今ではあり得ない低評価みたいです。

鈴木梅太郎と合成酒


理研のホームページから記載すると、(太字部が引用部)
「鈴木梅太郎(1874-1943)は、米騒動をきっかけに、
原料に米を使わない合成清酒の開発に着手。
独自の製造法を発明し、“理研酒”として
「利久(りきゅう)」などのブランド名で販売した。」
その後、理研の収入で大きな割合を占めていく酒造事業は
理学と生活の大きな繋がりへと発展していくのです。

お酒を楽しく飲める「機会」を鈴木梅太郎は拡げたのですね。
残念ながら鈴木梅太郎の「人となり」は
今日あまり伝わっていませんが
お酒を造ってくれていたお爺さん、なのだと
考えるだけで少し楽し気な気分にさせてくれます。
東大も色々な人物を作り上げてきているのですね。


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2023/04/01‗初稿投稿
2023/04/08_改訂投稿


旧舞台別まとめへ
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】



 

2023年04月05日

カール・シュヴァルツシルト
‗1873年10月9日 ~ 1916年5月11日

シュヴァルツシルトの名はドイツ語表記をすると: Karl Schwarzschild。
19世紀生まれの物理学者で従軍に伴い研究を断念した方です。
フランクフルト生まれのユダヤ系でミュンヘン大学へ進みます。


シュヴァルツシルトは1901年に28歳でゲッティンゲン大学準教授
および同天文台長を務めるのですが、1914年には第一次世界大戦に伴い
(シュヴァルツシルトは40歳以上だったにもかかわらず)
軍に入隊しました。当時のドイツでシュヴァルツシルトは
西部戦線と東部戦線のどちらでも前線で戦い、
中尉にまで昇進しました。


思えばハーゼノールもまた、戦場で命を落としています。
ケプラーの父も戦争で命を落としています。
時代が変われども大事なものを戦争で
失っている事実を思い返してみて下さい。
ケプラーが天文学を進め、ハゼノールの弟子たち4人が
ノーベル賞をとっているのです。戦争が無ければ更に
有益な活動が出来たのではないでしょうか。


シュヴァルツシルトは1915年にドイツ軍の砲兵技術将校
としてロシアで従軍します。そんな中、
天疱瘡と呼ばれる痛くて稀な皮膚病に苦しみました。


そうした闘病の最中で、シュヴァルツシルトは
アインシュタインの一般相対性理論から
重力場を記述する関係を導き出しました。
重力方程式から導き出された最初の特殊解は
シュヴァルツシルトの解と呼ばれ非常に有益なものです。


解を見出した直後にシュヴァルツシルトは
アインシュタインに手紙を送っています。

そんな思いを受けて
戦場で過ごすシュヴァルツシルトの為に

アインシュタインはドイツ・アカデミーに
論文を提出しました。

シュヴァルツシルトの論文で明確にされているのは
距離の性質です。特定の空間に極めて高い質量
存在する時に、空間自体が重力で歪むのです。
空間が歪むという表現は説明が難しいのですが、
相対性理論での結果として歪むのです。


その時に「シュヴァルツシルト半径」と呼ばれる
特殊な球形の場所が出来ます。シュヴァルツシルト半径の
境界面に近い場所ではその重力で光(光子)でさえもが
吸い寄せられ、球の内側では光の速度でも
抜け出せないという論文です。
シュヴァルツシルトの考えは今で言う
ブラックホールの存在を示唆していました。


そして、
残念なことに論文発表から4ヶ月後に病は進行、
シュヴァルツシルトは死に至ります。人類の損失です。
戦争はゲームの中で沢山です。
現実に起これば人が死にます。


話を進めてみました。同様の対応で私は考えました。
反戦を徹底できないと
@人が生む出す英知が外に向かう前に、
A内向きの欲望で人類は死滅に向かいます。


@物凄く早く進む光は魅力的です。 反して
Aブラックホールの引力は欲望のようです。


人は冷静な考察をしながらも前向きに進む
熱い思いを持っていないといけないと思います。
私論まで。


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2023/04/05‗初稿投稿


旧舞台別まとめへ
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】



 

2023年04月04日

アイナー・ヘルツシュプルング
‗【1873年10月8日 〜 1967年10月21】

天文学者をご紹介します。アイナー・ヘルツシュプルング (Ejnar Hertzsprung)デンマーク生まれの天文学者です。ヘルツシュブルングの業績として特に有名なものはH-R図です。彼はヘンリー・ノリス・ラッセルと独立に提案していますので今では二人の名前を使ってH−R図と呼ばれます。フェアーな考え方ですね。

H−R図での縦軸には恒星の明るさを考えています。対して横軸では恒星の表面温度を考えています。縦横の関係で星の進化などを考えるのです。

@H-R図での縦軸では明るさがが絶対等級としてあらわされています。図上で上に行くほど絶対等級が小さい(明るい)恒星であると言えるのです。

AH−R図での横軸では、特定の恒星の表面温度が表現されています。左が高温で、右側が低温です。(多くのH−R図での単位はK:ケルビンです)

H−R図が有益な背景として「恒星の表面温度がその色と関係している」という話を思い出してください。表面温度が高い恒星は青白く、温度の低い恒星は赤色に近くなるという傾向があるのです。(上記Aの判断材料です)また、ある恒星の観測時の明るさが分かればその恒星までの距離が推定できます。(上記@の判断基準です)

ヘルツシュプルングの略歴を最後にご紹介します。ヘルツシュプルングはデンマークのフレデリックスベアに生まれました。
フレデリックスベア工科大学卒業後に数年の期間サンクトペテルブルク(現在のロシアの都市)で働き、ライプツィヒで写真化学を学んだ後に、コペンハーゲンで天文学の研究を始めます。こうした背景を考えると、当時の学者肌の人々の交流が感じられますね。ヘルツシュプルングは各国で関心を追い求めています。

私がヘルツシュプルングの名を垣間見るのはその後です。1909年にゲッティンゲン天文台の天文学助教授、1919年ライデン大学の教授にして天文台の台長となりましたた。

話戻って業績の話です。ヘルツシュプルングは1905年に恒星に巨星と矮星などの種類のあることを見出しました。
恒星の「絶対等級」と「スペクトル型の分布図」に一定の関係があることを示したのです。

その後ヘルツシュプルングは1913年にはヘンリエッタ・スワン・リービットの発見したセファイド変光星に着目します。その変光周期と明度の相関から小マゼラン雲までの距離を計算したのです。

ヘルツシュプルングは星間物質による吸収によ
り距離を小さく見積もったようですが、
初めての「測定」でした。
そしてヘルツシュプルングは2つの小惑星である
(1627)イバールと(1702)カラハリを発見しています。
(ウィキペディア情報)


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2023/04/04‗初稿投稿


旧舞台別まとめへ
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】



 

2023年04月03日

ハンス・ガイガー‗【1882年9月30日 ~ 1945年9月24日】

ガイガーはドイツ生まれです、研究機関としては
ニュルンベルク大学やマンチェスター大学で研究してます。
修行時代に英国のラザフォード卿のもとで研究者として育っていきます。
新しい知見である放射能に関して、
色々な法則を確立して、計測器を作っていきます。

ガイガーは、弟子のミュラーと開発した放射線量を測定する「ガイガー=ミュラー」計数管で有名です。
別名「ガイガーカウンター」としても知られていて、
パソコン入力時に一発で出てきました。
最早ありふれた言葉です。原理としては
不活性ガスを封入した筒の軸部分に
電極を取付け+極と−極の間に高電圧
を印加します。電子機器で言う無通電の状態です。
ところが不活性ガスの電離により、陰極と陽極の間に
パルス電流が流れるのです。この特徴的な
通電回数を数える訳です。

また、原子構造の検証実験も有名です。
実験当時は原子の中に電子がバラバラに
(葡萄パンの中での葡萄のように)
存在するモデルも想定されていました。

現在の知見である原子核の発見は重要です。
ガイガー=マースデンの実験と呼ばれます。
具体的にはラザフォードの指導下で、
ガイガーとマースデンはアルファ粒子の
ビームを金属の薄い箔に当て、更に蛍光板
を使って散乱を測定しました。

また、ガイガーの業績としてα線の
半減期に関する法則があげられます。
法則は

「ガイガー・ヌッタルの法則」

(英: Geiger–Nuttall law

と呼ばれます。放出されるアルファ粒子のエネルギーが大きいと早く減衰します。
経験的に得られた関係です。


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2023/04/03‗初稿投稿


旧舞台別まとめへ
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】



 

2023年04月01日

鈴木 梅太郎
【1874年4月7日 〜 1943年9月20日】

理研の三太郎


理研の三太郎と言われた鈴木梅太郎をご紹介致します。
他の二人は既にご紹介している長岡半太郎と本多光太郎です。

筆者の思い出話


筆者が個人的に親近感を覚えたのは、
鈴木梅太郎が農学部とつながりが強い点です。
東大の工学部と農学部の間の坂道である
古本屋がある通りを、私はよく散歩で使います。
(地下鉄の南北線を使う時に登っていく場合が多いです)
私の祖母は農学部からほど近い動坂の辺りで暮らしていて、
そこそこ別嬪さんだったので「動坂小町」と呼ばれていました。
また、私の母は不忍池の方にある東大病院で生まれました。
私の父は農学部の方にある根津神社の池でおぼれたそうです。
そんなわけで何となく親近感を覚えてしまいます。

鈴木梅太郎とビタミン


話戻って鈴木梅太郎ですが大きな業績としてビタミンを発見しました。
具体的には先ずビタミンBをみつけてドイツの学会で発表しています。
ただし、時節柄を感じされる話なのか「発見者」としての明記
が無かったので梅太郎の発見だと伝わらなかったようです。
日本人は知っていても外人から見たら「それ何?」って
話なのでしょうね。今ではあり得ない低評価みたいです。

鈴木梅太郎と合成酒


理研のホームページから記載すると、(太字部が引用部)
「鈴木梅太郎(1874-1943)は、米騒動をきっかけに、
原料に米を使わない合成清酒の開発に着手。
独自の製造法を発明し、“理研酒”として
「利久(りきゅう)」などのブランド名で販売した。」
その後、理研の収入で大きな割合を占めていく酒造事業は
理学と生活の大きな繋がりへと発展していくのです。

お酒を楽しく飲める「機会」を鈴木梅太郎は拡げたのですね。
残念ながら鈴木梅太郎の「人となり」は
今日あまり伝わっていませんが
お酒を造ってくれていたお爺さん、なのだと
考えるだけで少し楽し気な気分にさせてくれます。
東大も色々な人物を作り上げてきているのですね。


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2023/04/01‗初稿投稿


旧舞台別まとめへ
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】



 

2022年10月10日

ヘンリー・ノリス・ラッセル_【Henry Norris Russell_1877/10/25 〜 1957/2/18】



はじめに


ヘンリー・ノリス・ラッセルは星の進化を考えていたアメリカの天文学者です。
プリンストン大学で学び研究生活を始めます。


私が初めてラッセルの事を知ったのは多読を心がけていた高校時代に、C.セーガンと共に出てきた学者さんでした。当時はマンハッタン計画に関わっていたアインシュタインなどの学者さん達と天文学者の学者さん達が、私の中でごちゃ混ぜになっていました。その時の「そもそもの理解の浅さ」が懐かしいくらいです。ラッセルと言えば「哲学者のラッセルと混同してはいけない」とか真面目に考えていました。



ラッセルとHR図 


ラッセルの研究で有名なものは
HR図(Hertzsprung-Russell diagram)です。


HR図は所謂「星の進化」に関しての理解に


不可欠な研究となっています。


概説すると以下の概念です。


(本稿は星の進化に関しての記述が主です)


宇宙の無数の石ころが万有引力で(自重の為に)


他の物体と一緒になっていき段々に


大きな重心を持つ物体になっていきます。


宇宙空間で星の流れを考えた時に流れが速い部分や


渦が出来たりする時には流れの中で


重力が沢山集まる場所や、


その効果が薄い場所が出来てきます。


重力の効果が集まる部分にはより重心の集まっている物体が蓄積してきてお月様のクラスの塊が宇宙で無数に出来ていくと想像されます。


未だお月様の内部構造は正確に観測されていませんが、宇宙を飛び交う岩石クラスの大きさであれば実際にサンプルを持ち帰り内部を調べることが出来ます。大気圏に入ってきた岩石もまたサンプルとなり研究材料と出来ます。こうした類の大きさスケールが分かりやすい物体が宇宙には無数にあります。その物体自体は暗い寒い宇宙の中で(真空中に)沢山漂っています。


そうした物体が様々な要因で更に集まってくると地球や火星、木星のような内部に地殻を持った衛星になってきます。内部に地殻を持つ事情は万有引力で地球内部の物体が中心方向に集まってくる事情からです。例えば地球の場合にはすべての物体が地球の重心に落ちていこうとするから重心近くには物凄い圧力がかかってきて地球内部では核反応が起きています。圧力の大きさに個々の原子核が耐えられないで崩壊するのです。地球表面は比較的冷えていますが地球の内部は物凄い高熱です。


更に重力で重量物が集まってくると重力によって集まってくる物質の表面が冷えている状態が壊れます。地球の表面は人間が暮らせる程度の暖かさに保たれていて冷たい宇宙空間で冷やされている状態と地球内部からマグマで温められている状態に均衡がとれています。地球が奇跡の星と呼ばれる理由の一つで水が沸騰せず、かつ凍らない温度域でタンパク質、その他の物質が出来ていて肉体を持つ様々な動植物が存在出来ています。もしも地球が100度以上の温度下であったら今の生命はほとんど生活が出来ないでしょう。生命の誕生、その後の進化には好ましい条件だったわけです。


近くを構成しているようなバランスが崩れると太陽のようにいつも光り続ける星となります。大きくなり、もはや地殻が維持できなくなって、その上で生き物が生活できる状態ではありません。内部での核反応が非常に活発になり、外部に絶えず光を放射して輝き続けます。光だけではなく各種素粒子やあらゆる波長の電磁波を放出します。そうした活動として全体の重量が減っていく恒星(太陽のように光る)もあれば、ほかの星を取り込んで更に重量を増していく恒星もあります。


そうした膨張や減衰を恒星はしていきますが、全体重量がもっともっと大きくなってくると白色矮星、ブラックホールへと変化していくだろうと言われています。最終的には全体の重力が大きくなり、光の素子である光子さえもブラックホールから脱出できなくなるのです。当然。ブラックホールは見えません。



最後に


1947年に引退するまで30余年の間、プリンストン大学天文台の所長として研究を続けラッセルは余生を迎えました。今もその研究成果は受け継がれ発展し続けています。



【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては適時、
返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2022/10/03_初版投稿
2022/10/10_改訂投稿


纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
アメリカ関係のご紹介
電磁気関係
量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2022年10月の時点の英訳)



Preface


Henry Norris Russel is an American astronomer thinking about the evolution of the star.
I learn in Princeton University and begin study life.


It was the scholar who came out with Carl Sagan in the high school days when I kept a multi-reading in mind that I knew Russel for the first time. Scholars and the scholars such as Einstein concerned with Manhattan Project of the astronomer became mixed-up among me in those days. I feel nostalgic for "shallowness of the very beginning understanding" at that time. Speaking of raschel, I thought, "you must not confuse it with the raschel of the philosopher" seriously.



Raschel and figure of HR


The thing which is famous for a study of the raschel
It is a figure of HR (Hertzsprung-Russell diagram).


The figure of HR for understanding about so-called "evolution of the star"


It becomes the essential study.


It is the following concepts when I give an outline.


(as for this report, a description about the evolution of the star is important)


Innumerable stones of the space are universal gravitation; (for self-respect)


Meet other objects; to steps


It becomes the object with a big center of gravity.


The part which is fast in a flow when I thought about the flow of the star in outer space


When there is a vortex; in a flow


The place where a lot of gravity gathers,


There is the place where the effect is light.


When the object that a part attracting gravitational effects attracts centers of gravity more accumulates, and there is the lump of the of class innumerably in space in a month, I am imagined.


The internal structure of moon is not yet observed exactly, but I actually take a sample home with me and can check the inside if it is the size of the rock class flying about the space. The rock which entered the atmosphere also becomes the sample, and there is it with study materials. There are innumerable objects that the size scale of such a kind is plain in the space. Object itself drifts a lot (during a vacuum) in dark cold space.


When such objects gather in various factors more, it becomes the satellite with the earth crust in the earth and Mars, the inside such as the Jupiter. Circumstances having the earth crust are from the circumstances that objects in the earth gather in the central direction by universal gravitation inside.


For example, because all objects are going to fall into the center of gravity of the earth in the case of the earth, it comes under frightful pressure near the center of gravity, and nuclear reaction is taking place in the inside of the earth. I collapse without individual atomic nucleuses being able to tolerate volume of pressure. The earth surface relatively gets cold, but the inside of the earth is terrible high heat.


Furthermore, the state that the surface of the material which gathers by gravity when heavy goods gather gets cold with gravity is broken. I am balanced in a state warmed with magma from a state and the inside of the earth that the appearance of the earth is kept by the warmth of the degree that a human being can spend, and are cooled in cold outer space.


Various animals and plants which the earth is one of the reasons called the miraculous star, there are protein, other materials in temperature area water does not boil and not to freeze, and have the body can exist. The present life may hardly live a life if there is the earth under the temperature more than 100 degrees. It was a favorable condition for birth of the life, the later evolution.


It becomes the star which continues always shining like the sun when balance constituting neighborhood collapses. It grows big and cannot maintain the earth crust anymore, and, after that, a creature is not in condition to be able to live. Nuclear reaction in the inside becomes very active and it emits light consistently outside and continues shining.


I release the electromagnetic wave of various elementary particles and every wavelength as well as light. If such an activity includes the fixed star (I shine like the sun) where overall weight decreases, there is the fixed star which takes other stars, and adds to weight more.


The fixed star does such expansion and decrement, but it is said that I will change into a white dwarf, a black hole when the whole weight grows big more and yet more. Overall gravity finally grows big, and even the photon that is an element of the light cannot escape from a black hole. Naturally. I do not see the black hole.



Finally


I continued studying it as a director of the Princeton University astronomical observatory,


and, during 30 rest of life, Russel reached the rest of life until I retired in 1947.


The results of research are inherited, and they continue still developing.


Close


 

2022年10月03日

ヘンリー・ノリス・ラッセル_【Henry Norris Russell_1877/10/25 〜 1957/2/18】



ヘンリー・ノリス・ラッセルは星の進化を考えていたアメリカの天文学者です。
プリンストン大学で学び研究生活を始めます。

私が初めてラッセルの事を知ったのは多読を心がけていた高校時代に、C.セーガンと共に出てきた学者さんでした。当時はマンハッタン計画に関わっていたアインシュタインなどの学者さん達と天文学者の学者さん達が、私の中でごちゃ混ぜになっていました。その時の「そもそもの理解の浅さ」が懐かしいくらいです。ラッセルと言えば「哲学者のラッセルと混同してはいけない」とか真面目に考えていました。

ラッセルの研究で有名なものはHR図(Hertzsprung-Russell diagram)です。

HR図は所謂「星の進化」に関しての理解に不可欠な研究となっています。
概説すると以下の概念です。(本稿は星の進化に関しての記述が主です)

宇宙の無数の石ころが万有引力で(自重の為に)他の物体と一緒になっていき
段々に大きな重心を持つ物体になっていきます。宇宙空間で星の流れを考えた時に
流れが速い部分や渦が出来たりする時には流れの中で重力が沢山集まる場所や、その効果が薄い場所が出来てきます。重力の効果が集まる部分にはより重心の集まっている物体が蓄積してきてお月様のクラスの塊が宇宙で無数に出来ていくと想像されます。

未だお月様の内部構造は正確に観測されていませんが、宇宙を飛び交う岩石クラスの大きさであれば実際にサンプルを持ち帰り内部を調べることが出来ます。大気圏に入ってきた岩石もまたサンプルとなり研究材料と出来ます。こうした類の大きさスケールが分かりやすい物体が宇宙には無数にあります。その物体自体は暗い寒い宇宙の中で(真空中に)沢山漂っています。

そうした物体が様々な要因で更に集まってくると地球や火星、木星のような内部に地殻を持った衛星になってきます。内部に地殻を持つ事情は万有引力で地球内部の物体が中心方向に集まってくる事情からです。例えば地球の場合にはすべての物体が地球の重心に落ちていこうとするから重心近くには物凄い圧力がかかってきて地球内部では核反応が起きています。圧力の大きさに個々の原子核が耐えられないで崩壊するのです。地球表面は比較的冷えていますが地球の内部は物凄い高熱です。

更に重力で重量物が集まってくると重力によって集まってくる物質の表面が冷えている状態が壊れます。地球の表面は人間が暮らせる程度の暖かさに保たれていて冷たい宇宙空間で冷やされている状態と地球内部からマグマで温められている状態に均衡がとれています。地球が奇跡の星と呼ばれる理由の一つで水が沸騰せず、かつ凍らない温度域でタンパク質、その他の物質が出来ていて肉体を持つ様々な動植物が存在出来ています。もしも地球が100度以上の温度下であったら今の生命はほとんど生活が出来ないでしょう。生命の誕生、その後の進化には好ましい条件だったわけです。

近くを構成しているようなバランスが崩れると太陽のようにいつも光り続ける星となります。大きくなり、もはや地殻が維持できなくなって、その上で生き物が生活できる状態ではありません。内部での核反応が非常に活発になり、外部に絶えず光を放射して輝き続けます。光だけではなく各種素粒子やあらゆる波長の電磁波を放出します。そうした活動として全体の重量が減っていく恒星(太陽のように光る)もあれば、ほかの星を取り込んで更に重量を増していく恒星もあります。

そうした膨張や減衰を恒星はしていきますが、全体重量がもっともっと大きくなってくると白色矮星、ブラックホールへと変化していくだろうと言われています。最終的には全体の重力が大きくなり、光の素子である光子さえもブラックホールから脱出できなくなるのです。当然。ブラックホールは見えません。

1947年に引退するまで30余年の間、プリンストン大学天文台の所長として研究を続けラッセルは余生を迎えました。今もその研究成果は受け継がれ発展し続けています。

2022年04月05日

J・F・ジョリオ=キューリー【1900年3月19日 〜 1958年8月14日】

今回のご紹介はジャン・フレデリック・ジョリオ=キューリーですが、J-F・ジョリオ=キューリーはフランスパリに生まれ、亡くなるまでパリで暮らしました。そんな人の58年の人生のご紹介です。名前の綴りはJean Frédéric Joliot-Curieとなります。著名なキューリー夫妻の娘婿としてご紹介するとわかりやすいでしょうか。つまり、義理の父はピエール・キュリー、義理の母はマリー・キュリー。義理の妹はエーヴ・キュリーとなります。


このご紹介の中でフレデリックとご紹介していきますが、フレデリックはラジウム研究所でマリ・キューリーの助手となりました。その研究所でマリの娘イレーヌを知り交際を深め。まもなく2人は結婚しました。その時点で姓を「ジョリオ=キューリー」としたのです。ジョリオはフレデリックの血筋の名前でキューリーはイレーヌの血筋の名前でした。二人は後に一緒にノーベル賞を受けます。

フレデリックとイレーヌの夫婦は同位体元素への反応過程を研究して新しい物質を作り上げたのです。具体的にはアルミニウムに対してアルファ線を照射したときに人工放射性同位元素である30P(リン30)が発生したのです。その後、フレデリックはフランス原子力庁の長官としてフランス初の原子炉を1947年に建設するプロジェクトに加わります。原子力の平和的な利用と環境に及ぼす影響については各論があると思えますが、今のフランスの電源構成に大きな影響を与えた人だと言えます。

政治的な活動としてフレデリックは第二次世界大戦時にはナチスドイツに対抗するレジスンス運動に参加しました。そして終戦後は先述したフランス原子力庁の仕事をしながらフランス国立科学研究センター総裁、コレージュ・ド・フランスの教授も務めていました。他、パグウォッシュ会議(核兵器と戦争の廃絶を訴える国際会議)の創始、世界平和評議会の初代議長、フランス共産党の党員と多方面で尽力し活躍をしました。

教育者としてフレデリックは日本初の女性物理学者である湯浅年子に物理学を指導しています。その実績も我々日本人には新鮮なのではないでしょうか。本当に多彩な魅力を持っていた人だと言えます。

更に意外な側面は柔道との関わりです。フレデリックはフランス柔術クラブの名誉会長でした。柔道創始者の嘉納治五郎も就いていた役職です。フレデリックがいかにフランス国民から敬愛されていたかがわかりますね。